口内炎はさまざまなことが原因で発症しますが、原因によっては、他人にうつしてしまう口内炎もあります。

口内炎ができてしまったら、赤ちゃんや小さい子供と密着する機会が多い方は要注意。また、パートナーとスキンシップをとる時にも注意が必要です。

この記事では、うつる口内炎とうつらない口内炎を解説。他人にうつさないためのケアも紹介します。

人にうつらない口内炎の種類

一般的な口内炎は、免疫力の低下、やけど・矯正器具などの物理的な刺激が原因となりできます。また、カンジダ性口内炎は元々口の中にある常在菌が繁殖して起こります。

風邪や疲れで抵抗力が落ちた時や、常在菌のバランスが崩れて起こるので、人にうつることはありません。日常生活の中で起きる口内炎の多くは人にうつらない種類です。

人にうつる口内炎の種類

他人にうつる口内炎は、ウイルスの感染が原因でおこるウイルス性口内炎です。

ヘルペス性口内炎

単純ヘルペスウイルス1型に感染することで口内炎ができます。単純ヘルペスウイルス1型は、3歳までの子供が感染することが多いウイルスです。

38度以上の高熱がでて、2〜3日後に口内炎ができます。口の中に水泡がたくさんできた後に歯茎が赤く腫れ、喉まで口内炎ができることがあります。痛みが強いため、飲食が困難になることが特徴です。

熱は3日以上続き、熱が下がった後でも口内炎の症状は1週間ほど続きます。

ヘルペスウイルスは一度感染すると、症状が治っても体内から消えることはないので、風邪やストレスなどで免疫力が落ちると症状が再発します。

ヘルパンギーナ

エンテロウイルスに属するコクサッキーウイルスに感染して起こる夏風邪の一種です。初夏から秋にかけて流行します。

感染者の90%以上が5歳以下の乳幼児で、幼稚園や保育園などの集団生活の中で感染することが多い感染症です。

38度以上の高熱が2〜3日続き、口蓋(口の中の天井部分)や喉の周りに1~5mmの水泡ができることが特徴です。熱が下がると口内炎も治っていきます。

手足口病

主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71の感染が原因で起こります。ヘルパンギーナと同じく夏に流行することが多く、感染者の90%以上が5歳以下の乳幼児です。

手のひらや足の裏、口の中に2~3mmの水泡ができます。感染者の3分の1に発熱もみられますが、高熱になることはあまりありません。

口内炎はキスでうつる? 

ウイルス性口内炎は乳幼児に感染することが多く、基本的に大人同士で口内炎がうつることはほとんどありません。

ただし、ヘルペスウイルスは感染力が強く唾液にも含まれるため、大人でもキスで口内炎をうつしてしまう可能性はあります。

ヘルペスウイルスに保護者が感染している場合、子供にキスをするとうつしてしまう可能性があるので注意しましょう。

口内炎をうつさないために

家族の間で接触して感染することが多いのがヘルペスウイルスです。特に家庭内に小さな子供がいる場合は注意してください。

家庭内で感染を広げないために、身近でできるケアを紹介します。

患部に触れない

患部は極力触らないようにしましょう。触れた場合はすぐに手を洗い、患部に触れた手のまま他のものを触らないようにします。

使うものを共有しない

タオルや食器を分けて、感染した人が使ったタオルや食器を共有しないようにしましょう。タオルはよく洗って日光で乾かし、食器は洗剤で洗ってください。

身の回りのものを清潔に保ち、ウイルスに感染した唾液に触れないように注意します。

接触を避ける

キスやほおずりなど密着した接触は避けましょう。キスは唾液を通して感染する可能性があります。ヘルペスウイルスは感染力が高いので、ほおずりでも感染する可能性がゼロとはいえません。

口内炎の早期治療は市販薬で

ウイルス性の口内炎は、原因となるウイルスへの対処が最優先になります。発熱やその他の症状が出ている場合は、早めに病院を受診しましょう。

口内炎の痛みがひどく、飲食に影響を及ぼすときは、市販薬も効果的です。

おわりに

赤ちゃんや子供に口内炎が感染してしまうと、痛んだりしみたりして飲食が困難になることもあります。症状がひどいときは早めに病院を受診して、原因を診断してもい正しい治療を行いましょう。