歯周病・歯槽膿漏の治し方や原因・症状を解説!

歯周病・歯槽膿漏の原因や症状、治し方を説明します。歯周病と歯槽膿漏の違いについても解説します。

歯周病・歯槽膿漏とは

歯周病とは、細菌によって、歯の周囲に炎症が起きる病気のことです。

歯周病は症状の進行度によって、呼び方が変わります。

歯ぐきのみに炎症がある状態は「歯肉炎」、歯肉炎が進行して口臭が発生する、歯ぐきから出血する、歯ぐきが下がって歯が長く見えたりする状態は「歯周炎」、さらに進行し歯がグラグラしたり、抜けてしまうような重度の歯周病を「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼びます。

初期の歯周病は痛みがほとんどなく、見過ごされることもありますが、たとえ一度症状がおさまっていても治ったわけではなく、少しずつ進行していきます。

歯周病は、虫歯と並んで歯を失う代表的な原因とされています。

歯周病・歯槽膿漏の原因

歯磨きで磨き残しがあると歯と歯ぐきの隙間にプラーク(歯垢)がたまります。プラークは細菌の塊で、放っておくと細菌が増殖して毒素を出し、歯ぐきが腫れたり、出血をともなう歯肉炎になります。

さらに放っておくとプラークを形成している細菌が歯を支えている歯槽骨を溶かし、歯がグラグラする歯槽膿漏となります。最悪の場合は、歯が抜けてしまうおそれがあります。

歯周病の進行と症状

初期・歯肉炎の症状

・歯ぐきの腫れ
・歯磨きでの出血
・口の中がネバネバする

プラーク(歯垢)をそのままにしておくと、細菌が増殖して毒素を放ち、歯ぐきが炎症を起こす歯肉炎になります。

歯肉炎は歯ぐきに炎症が起き赤く腫れたり、歯磨きをすると出血することもあります。

痛みはほとんどないため、気がつかなかったり、そのまま放ってしまうことが多くあります。

初期の段階で気づき適切なケアができれば、歯周病は十分治すことができます。

中期・歯周炎の症状

・歯ぐきの腫れ・痛み
・歯ぐきから出血しやすくなる
・口臭
・歯ぐきの退縮
・歯が長く見える

炎症がさらに進行し歯と歯ぐきの間の溝が深くなり、歯ぐきがさらに腫れ、少しの刺激で出血しやすくなります。この状態を歯周炎と呼びます。

歯周炎の段階になると、口臭が発生する、歯ぐきが下がってしまい歯が長く見えるなどの症状があり、歯周病を自覚することも多くなります。

後期・歯槽膿漏の症状

・口臭がひどくなる
・歯ぐきからの出血
・歯がグラグラする
・歯が抜ける

歯周病の中でも最も重い状態が歯槽膿漏です。歯槽膿漏では、何もしなくても歯ぐきから血や膿が出たり、口臭もさらにひどくなります。

歯の土台の骨である「歯槽骨」を溶かしてしまう段階まで進むと、歯がグラグラし、そのまま放っておくと、最終的には歯が抜けてしまいます。

全身に影響が出る場合も

歯周病を放っておくと菌の出す毒素が血流に乗って運ばれることがあり、全身疾患を引き起こすおそれがあります。

糖尿病患者や、飲み込む力が弱いなどの理由から食べ物などを誤って咽頭や気管に落として(「誤嚥」といいます)しまいがちな高齢者では、糖尿病の悪化や誤嚥性肺炎になるリスクが高いこともわかってきました。

歯周病は早い段階で気づき、適切な治療を始めることが大切です。

歯周病・歯槽膿漏の治し方

歯周病・歯槽膿漏の根本的な解決のためには、歯科を受診して治療することが大切です。

ドラッグストアなどにある市販薬(歯磨き粉や口をゆすぐタイプの薬)は、歯周病・歯槽膿漏の予防には役立ちますが、歯周病を根本的に治せるわけではありません。

歯周病に気がついたら早い段階で歯科の治療を受け、歯科の治療と家でのケアの両方を進めていきましょう。

歯科では主に次のような治療を行います。

ブラッシング指導

基本治療の1つです。ブラッシング指導は家での歯磨きでプラークを取り除けるように指導・練習を行います。

歯周病治療の基本となるもので、プラークコントロールとも呼ばれます。プラークコントロールは患者自身が毎日の歯磨きで、プラークのもとである細菌を減らせるようにして、歯ぐきの炎症を減らすようにする取り組みです。

プラーク(歯垢)や歯石の除去

基本治療の1つです。プラークを放置することで石灰化した歯石は、家での歯みがきでは取り除けないため、歯科での除去が必要となります。

定期的に歯科に通い、患者自身では除去が困難な歯周ポケット内のプラークや歯石を除去します。

プラークや歯石を除去することはスケーリングと呼ばれ、自身でのプラークコントロールと合わせて行うことが重要となります。

ルートプレーニング

歯周病菌によって汚染された歯の根元のセメント質を除去するとともに、歯の根元をなめらかにしてプラークが付きにくい状態にします。

ルートプレーニングもプラーク・歯石除去(スケーリング)に引き続いてセットで行われるケースが多くなっています。

その他の治療法

他にもレーザー治療など、症状に合わせてさまざまな治療法があります。ただし、歯科によって利用できる治療には違いがあります。

歯周病・歯槽膿漏の治療法や治療費などについて、詳しくは関連記事をごらんください。

歯周病・歯槽膿漏の予防

歯周病・歯槽膿漏は毎日のケアと定期的な歯科でのメンテナンスで予防することができます。

歯周病の予防に何よりも効果的な方法は、毎日の歯磨きでプラーク(歯垢)を取り除くことです。

歯周病の予防を目的とした商品も多くありますが、あくまで毎日のブラッシングと定期的な歯科でのメンテナンスを歯周病予防の中心とし、市販の歯周病予防の商品は補助的なものと考えてください。

歯と歯の隙間など歯ブラシでの歯磨きではどうしてもケアできない場所が出てくるため、狭い歯と歯の隙間のケアにはデンタルフロスなどの補助的な道具が必要になります。

歯周病の予防法やおすすめの商品の情報は、関連記事をごらんください。

おわりに

歯周病は気がつかないうちに進行してしまうことも少なくありません。

また、市販薬などを使うと一時的に症状が緩和することもありますが、歯周病が治ったわけではなく、そのままにすると悪化するおそれがあります。歯周病かな?と思ったらまずは歯科に相談してみましょう。

また、普段から歯科に通い定期的なメンテナンスを行えば、虫歯や歯周病を初期の段階で発見しやすくなり、結果的に治療にかかる時間とお金を軽減することにつながります。

歳をとってからも健康な歯を残しておくためにも、正しいブラッシングと定期的なメンテナンスを心がけましょう。

ライター採用

歯周病(ししゅうびょう)のお役立ち情報

ピックアップ特集