舌炎とは?

舌炎とは、口内炎が舌にできた場合や何らかの原因によって舌に炎症や痛みがある場合の総称です。

原因はウイルスや細菌、アレルギーなどさまざまですが、悪化すると痛みが増して食事や会話に支障をきたすほか、口腔内だけの問題ではなく全身疾患の一症状として現れる場合もあるため注意が必要です。

舌炎が起こるさまざまな原因

舌炎の主な原因には、次のようなものがあります。

免疫力の低下

食生活の乱れ、不規則な生活、ストレスなどにより、体の免疫力が低下すると舌炎になることがあります。

疲れているときや風邪をひいたときには免疫力が低下するため、舌炎になりやすいといわれています。

舌への刺激

舌を誤って噛んでしまったり、虫歯によって欠けた歯、矯正器具や入れ歯などの物理的な刺激が舌炎の原因となることがあります。

熱い食べ物・飲み物による火傷にも注意が必要です。

鉄欠乏症貧血・亜鉛欠乏・ビタミン欠乏

鉄や亜鉛、ビタミンの欠乏により、舌炎が起こることがあります。

通常の食生活であればこれらの欠乏による舌炎ほぼ起こりませんが、極端に食事の偏りがある方、貧血の方は注意が必要です。

ヘルペスウイルスの感染

ヘルペスウイルスの感染が原因で、舌炎になることがあります。

ヘルペスウイルスは乳幼児が感染しやすいウイルスですが、大人でも免疫力が低下していると感染することがあります。

ほとんどの場合、舌炎だけでなく口の中の痛みや歯肉の炎症などの激しい症状が起こり、高熱やリンパの腫れなどの全身症状をともないます。

カンジダ菌の増殖

カンジダ菌は真菌(カビ)の一種であり、口の中に常に存在しています。

口内環境の不衛生、低栄養状態、糖尿病、抗生物質の長期・大量使用などの影響により、常在菌であるカンジダ菌が増殖すると、舌炎になることがあります。

喫煙

熱い煙を吸い込むことによる刺激や、たばこに含まれるニコチンをはじめとする化学物質の影響により、舌炎になることがあります。

アレルギー

歯のつめものやかぶせものに対するアレルギー反応などにより、舌に炎症が起こることがあります。

痛い舌炎を早く治すには?

舌炎を早く治すためには、次のような対処法がおすすめです。

口の中を清潔にする

舌炎は口の中の細菌が原因で悪化します。こまめにうがいをして、口の中を清潔に保ちましょう。

ブラッシングによる傷も口内炎の原因となるため、食事の後や就寝前の歯磨きの際は、舌を傷をつけないように注意しましょう。

疲労やストレスをためない

疲労やストレスも免疫力低下の原因となるため、自分なりのリラックス法でストレスを発散させましょう。

免疫力を高めるため、十分な睡眠を取り、体を休めて疲労をため込まないようにしてください。

刺激のある食べ物を避ける

香辛料を多く使用した食べ物や酸味が強い食べ物は、舌炎に刺激を与えて悪化させます。

舌炎ができている間は、刺激物の摂取は避けましょう。

ビタミンの摂取

舌炎の改善には、ビタミンB2やビタミンB6の摂取が効果的です。

ビタミンB2はウナギ・レバー・干シイタケ・脱脂粉乳・牛乳・卵、ビタミンB6は魚類・牛肉・豚肉・穀類・豆類・レバー・牛乳・卵などに多く含まれています。

貧血をともなう舌炎の場合は、ビタミンB9(葉酸)が不足しているおそれがあります。ビタミンB9が含まれる緑黄色野菜、豆類、レバーなどを摂取しましょう。

食事で摂取しきれない場合は、ビタミン剤を使用して足りない分を補うこともおすすめです。

市販薬の使用

舌炎を治すには、市販薬の使用も効果的です。

薬は治りを早めるだけでなく患部を保護するため、会話や食事の際の痛みをやわらげます。

舌炎のときにおすすめの市販薬については、こちらの記事をごらんください。

治らない・痛みが強い舌炎は病院を受診

2週間以上経っても舌炎が改善しない、食事や会話が困難なほど痛みが強い、発熱などの全身症状があるといった場合は、ウイルスに感染していたり、何らかの病気であるおそれがあります。

病院を受診して医師による治療を受けましょう。

舌炎の病院での治療について、詳しくはこちらの記事をごらんください。

おわりに

舌炎の原因は複数あり、対処法もさまざまです。

通常であれば1〜2週間で改善しますが、長引く場合は医療機関を受診しましょう。