ニキビ跡はなぜ残る?

ニキビは、皮脂腺から分泌される皮脂が毛穴に詰まったり、毛穴部分の角質層が厚くなることで、毛穴の中にアクネ菌が増殖し起こる皮膚の炎症です。

炎症によって正常な毛穴の構造が破壊されると、炎症が治まった後も皮膚組織へのダメージが残り、ニキビ跡としてあらわれます。

 

ニキビ跡は症状によって3種類にわけられます。

赤み

赤みのあるニキビ跡は、炎症が皮膚の奥に残っているために起こります。表面上はニキビが治っていても皮膚の奥には炎症が残っています。

通常は、ニキビの腫れが治ると自然と赤みは改善されていきます。

赤みがなかなかひかない場合は、ニキビによるダメージで皮膚が薄くなり肌の奥に残っている炎症が見えている状態になります。

シミ(色素沈着)

シミのようなニキビ跡は、炎症で生じた血液やメラニンが皮膚に残っていることで起こります。

赤茶色のシミは炎症で出血した血液が酸化し、皮膚に沈着している状態です。また、茶色のシミは肌を守るために生成された大量のメラニン色素が排出されずに皮膚に残っている状態です。

クレーター(凹凸のある跡)

クレーターのようなニキビ跡は、くり返しニキビになることで皮膚組織が縮み陥没してしまったり、コラーゲンが変性して毛穴の形状を維持できなくなったりして起こります。

クレーターのように皮膚の一部が陥没するだけでなく、毛穴周辺が盛り上がって厚くなる場合もあります。

ニキビ跡は市販薬で治せる?

ニキビ跡の中でも、赤みやシミ(色素沈着)は、市販されている医薬品や医薬部外品で症状の治療や予防を行うことができます。

ニキビにはさまざまな種類の医薬品が販売されているので、症状に合わせて配合成分を確認して選びましょう。

市販薬で対応できないニキビ跡

赤みやシミと異なり、クレーターのような凸凹したニキビ跡をセルフケアで消すことは困難です。

医療機関でのケミカルピーリングやレチノイン酸配合の塗り薬、レーザー治療など専門的な治療が必要となります。

ニキビ跡に塗る対策!ビタミンC配合の塗り薬 

【医薬部外品】メラノCC 薬用しみ・ニキビ 集中対策 Wビタミン浸透美容液 単品 20mL

活性型ビタミンCが角質層の奥までしみこみ、メラニンの生成をおさえ、しみを防ぎます。

また、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノール、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムがニキビ予防につながります。

ニキビ跡に体の内側からアプローチする市販薬

ハイチオールCホワイティア

皮膚のターンオーバーを助けるL-システインが体の内側から働きかけ、シミ・そばかすを治療する市販薬です。

また、L-システインはビタミンCとともに、シミのもととなるメラニンの過剰な生成を防ぐ作用もあります。

ニキビ跡を保湿で予防する市販薬

特に大人になってからのニキビでは、皮脂分泌が多くないのに洗顔や汗拭きシートなどで過度に皮脂をとってしまうことで、乾燥肌の状態になっているケースがあります。

乾燥肌の状態が続くと、ニキビができやすい環境となります。そのため、ニキビを防止するためにも、肌の保湿が大切です。

 

日々のスキンケアで肌の保湿ケアをすることもできますが、乾燥がひどい場合には、保湿成分の含まれている市販薬を使用することも手段のひとつです。

ヘパリン類似物質が含まれた市販薬は、水分を保持する性質があり、皮膚のバリア機能の働きをする角質層に水分を与えることで、保湿効果を発揮します。

ヘパリン類似物質乳状液「JM」

ニキビにならないためのセルフケア

ニキビは過剰な皮脂分泌が原因となっている思春期ニキビと乾燥やストレス、睡眠不足、偏った食生活などによるホルモンバランスの乱れが原因の大人ニキビに分けることができます。

基本的なセルフケアは同じですが、大人ニキビのセルフケアでは、注意しなければいけないこともあります。

基本的なセルフケア

洗顔

普段の洗顔はやさしく・たっぷりの泡を転がすようにして行いましょう。

洗顔後は化粧水・乳液・クリームで肌を保湿・保護するとより効果的です。

 

・ノンコメドジェニックテスト済みの化粧品を使う

皮脂だけでなく、化粧品の油分もニキビの原因であるアクネ菌の栄養となります。

にきびのもとになりにくいことを確認するノンコメドジェニックテスト済みの記載のある化粧品を使う方がニキビができにくくなるといえます。

・生活習慣の改善

色素沈着を改善するビタミンC、新陳代謝を活発化するビタミンB群などを中心にバランスの良い食事を心がけましょう。十分な睡眠、適度な運動・入浴で血行を促し新陳代謝を活発にすることも大切です。