腰痛は何科に行けばいい?病院での治療についても解説

湿布の使用や整骨院への通院でも治らない腰痛は、病院を受診することをおすすめします。腰痛は何科に行けばいいのか、腰痛以外の症状がある場合はどうするか、病院ではどんな治療をするのかなどを解説します。

長びく腰痛を根本から治療するためには病院を受診することをおすすめしますが、腰痛は病院の何科を受診すれば良いのでしょうか?

この記事では腰痛の病院治療について解説します。

まずは整形外科を受診する

腰痛・足のしびれ・安静にしていても痛みがある場合は、まずはじめに整形外科を受診しましょう。

腰痛には大きく分けて2つの原因があります。

ひとつは腰椎や腰回りの筋肉の異常による腰痛、もうひとつは内臓の病気による腰痛です。

腰痛のうち原因が特定できるものは全体の15%であり、残りの85%はX線やMRIなどの画像検査でも原因がわからない腰痛だといわれています。原因のわからない腰痛は、生活習慣、ストレスや不安、不眠、神経の障害などが影響していることもあるといわれています。

自分の腰痛の原因を特定するために、まずは整形外科の受診をおすすめします。

整形外科を受診することで、腰痛の原因を大きく判断してもらうことができます。

診察結果によっては引き続き整形外科で治療をするほか、内科・婦人科・心療科などでの治療が必要な場合は適切な専門科を紹介してもらえる場合もあります。

腰痛以外の症状もある場合は?

腰痛は痛みの強さだけではなく、腰以外の体の状態も原因を特定する基準となります。

自身の腰痛以外の症状もできるだけ詳しく医師に伝えることで、原因をより特定しやすくなります。

内科を受診すべき症状

腰痛にともない、発熱・吐き気・嘔吐・悪寒・倦怠感・腹痛などの症状が現れた場合は、内科を受診しましょう。

胃・十二指腸・すい臓・胆のう・腸などの病気が疑われます。

内臓の病気が原因の腰痛について詳しくは関連記事をごらんください。

泌尿器科を受診すべき症状

腰痛にともない、残尿感・排尿痛・血尿などの症状が現れた場合は、泌尿器科を受診しましょう。

膀胱・腎臓・前立腺などの病気が疑われます。

婦人科または産婦人科を受診すべき症状

腰痛にともない、不正出血・性交痛・おりものの異変などの症状が現れた場合は、婦人科または産婦人科を受診しましょう。

子宮・卵巣の病気が疑われます。

病院で行われる腰痛治療

整形外科での腰痛治療では、基本的には手術をしない保存療法が行われます。

保存療法にはさまざまな種類があり、年齢や状態、症状に合わせて治療法が選択されます。下記は代表的な保存療法です。

▼薬物療法

薬を使用して炎症を抑え、痛みを取り除きます。消炎鎮痛剤を服用したり、湿布薬などの外用薬を使用します。

▼ブロック療法

注射を使用して痛みを感じる神経をブロックする方法です。局所麻酔剤や抗炎症剤などが使用されます。

▼装具療法

コルセットなどの装具を使って姿勢をサポートします。コルセットは使い続けると筋肉が弱まってしまうという欠点があるため、医師の指示にしたがって使用しましょう。

▼温熱療法

温めることで新陳代謝を促進して血行をよくします。滞った血行が改善されることで、自然治癒力も回復していきます。

腰痛治療を続けることが重要

腰痛は切り傷や炎症のように一定の期間で完治できる症状ではありません。

ぎっくり腰は1か月以内に自然と治ることが多いですが、場合によっては1か月以上かかることもあります。

そのためせっかく病院を受診しても、痛みが取れないからと数回、または数週間で治療をやめてしまっては改善も難しくなります。

経過を観察し、医師の判断で効果がない場合は他の治療に切り替えるなど、腰痛治療は続けることが重要です。

市販薬での応急処置も可能

すぐに病院へ行けないという人は、病院に行くまでの間は市販薬を使用して痛みに対処しましょう。

塗り薬・張り薬・飲み薬とさまざまな剤形があります。自分の生活で使いやすい薬を選んでみてください。

腰痛に効く市販薬について詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

腰痛はさまざまな原因が重なり合っていることもあります。

原因を特定することは病院でも簡単ではありませんが、病院を受診することで自分の腰痛の状態を知ることができます。

状態により指導される治療法も多くあるため、腰痛が治らなかったり繰り返し痛む場合、まずは整形外科を受診してみましょう。

腰痛(ようつう)のお役立ち情報

腰痛(ようつう)に関連するQA

ピックアップ特集