腰痛の症状が重い人や腰痛が慢性化している人の中には、起き上がる動作や座り続けるだけでも腰が痛いと感じる人がみられます。そんな腰痛持ちをサポートするのが、「腰痛コルセット」です。

しかし、腰痛コルセットは使い方を間違えると痛みの長期化や症状の悪化を招く原因にもなります。この記事で腰痛コルセットの効果や、正しい付け方について知りましょう。

腰痛コルセットは2種類ある

そもそも、腰痛コルセットには2つのタイプがあることをご存知でしょうか。腰痛コルセットには「硬性コルセット」と「軟性コルセット」があります。

硬性コルセットの特徴

硬性コルセットは、整形外科などで個別に作ってもらうコルセットです。プラスチックや金属といった素材で作られているため、固定力に優れていますが、日常動作は大幅に制限されてしまいます。

そのため使用する場面も限られており、主に圧迫骨折や、手術のあとの腰椎固定に使われます。腰痛に使用する場合は、病名がはっきりしている腰痛(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、脊椎分離症・脊椎すべり症など)の中でも特に症状が強い時期に使用されます。

軟性コルセットの特徴

軟性コルセットは、メッシュ素材などの生地にステンレス製のバネを埋め込むことで弾力性を持たせているコルセットです。一般的にコルセットというと、こちらを指しており、硬性と比べると日常動作も支障なく行えます。

慢性的な腰痛やぎっくり腰、椎間板ヘルニアなど幅広く使用が可能。市販の腰痛対策グッズで「腰痛コルセット」と書かれているものも、軟性コルセットに近い造りとなっています。

腰痛コルセットの効果とは?

腰痛コルセットは、腹部に適度な圧力を加えることで腰まわり全体を固定することが主な役割です。さらに腰にある骨(腰椎)を安定させることで、痛みを緩和させます。

このほかには、動作を適度に抑制することによって腰痛の悪化を防止する効果も期待できます。

こうしたコルセットを使用した腰痛治療は装具療法と呼ばれることもあります。ただし、コルセットだけで腰痛を治すことは難しく、運動療法や薬を使った薬物療法などと組み合わせて根本的な原因を取り除く必要があります。

腰痛コルセットの選び方

医療用のコルセットは医師が自分に合ったものを選んでくれるので、ここでは市販品で「腰痛コルセット」と書かれているものを前提にして解説します。

症状の重さでコルセットを選ぶ

症状が重い場合や急性の腰痛の場合は、固定力を重視して、動作制限を重視したものを選びましょう。

一方で中~軽度の痛みであれば、動作の妨げにならないことも重視したいもの。なおかつ、腹圧をかけることで腰を安定させるものが良いでしょう。

体を動かす仕事をしている人は、固定力だけでなく常時着用できることも重視しましょう。運動しやすい薄型のものや通気性に優れたものがおすすめです。

コルセットの幅で選ぶ

市販の腰痛コルセットは、商品によって幅がさまざま。ズレにくさや安定感を重視したら、幅が広いものを選ぶのが理想的です。特に、症状が重い人や腰のくびれの上まで痛みがある人は、幅が広いコルセットが向いています。

しかし、症状が軽い人や骨盤周辺のみ痛みを感じる人の場合、幅の広いコルセットだと窮屈に感じられることがあります。こういった人の場合は動きやすさを重視して幅の狭いコルセットを選ぶのがおすすめです。

使用感でコルセットを選ぶ

腰痛コルセットは、一定の期間、使用し続けるものです。そのため、使用感も重視しましょう。たとえば通気性。通気性が悪い素材のコルセットを装着していると、お腹周りが蒸れてしまいます。

また、外出先でも使用する機会が多い人には服の下からひびかないことも重要です。用途やシーン別に自分に合ったものを選びましょう。

腰痛コルセットの位置と付け方

腰痛コルセットの効果を得るには、装着する際の位置や付け方について知っておきましょう。

腰痛コルセットの位置

腰痛コルセットを巻くときは、コルセットの上部がおへそ辺り、下部が骨盤の上辺りに来るのを目安にして巻きましょう。

腰が痛いというと、くびれをカバーしようとしてしまいますが、肝心なのは骨盤や腰椎を安定させることです。あまりに上の位置で腰痛コルセットを巻いてしまうと、胃を圧迫させる原因になってしまいます。

腰痛コルセットの付け方

基本的に腰痛コルセットは、肌に直接巻きません。肌着などの上から巻くようにしましょう。緩めに締めてしまうと十分な効果が得られないので、固定ベルトがついているときはきちんと締めてください。

また、1日中付けていると位置がずれることがあります。その場合は、こまめに付け直すようにしましょう。

腰痛コルセット使用の注意点

腰痛コルセットを正しく使うための注意点も知っておきましょう。

苦しくなったら外す

長時間腰痛コルセットを付けているとお腹周りが苦しくなることがあります。そんなときは無理をせず、一度コルセットを外しましょう。

食事中と就寝中はコルセットを使用しない

食事中に腰痛コルセットを付けていると、食べ物がお腹の中を通るのを邪魔する可能性があります。

また就寝中の使用もおすすめできません。圧迫感で苦しくなるほか、寝返りといった動作が難しくなることで質の悪い睡眠になってしまうおそれがあります。食事中と就寝中の使用は避けましょう。

長期間にわたり使用しない

腰痛コルセットは辛い痛みを緩和するためのものであり、根本的に腰痛の原因を解消するものではありません。症状が和らいで来たらコルセットに頼らず、自分の筋力で腰回りをサポートできるようにしましょう。

腰痛コルセットの使用期間は、おおむね1~2か月ほどとされており、痛みの改善とともに使用頻度を減らすことが理想的です。コルセットに頼り過ぎると症状の長期化が現れることがあります。

腰痛コルセットおすすめ3選

ここからは市販でおすすめの腰痛コルセットを紹介します。

中山式 腰椎医学 コルセット スリムライト

健康・衛生医療製品メーカーによる腰痛コルセットです。「特殊弾性ボーン」が腰椎を左右から支え、「V字式補助ベルト」が腹圧を高めることで腰痛を軽減。

伸縮性・弾力性に優れるほか、通気性を良くするためにメッシュ素材を使用しています。整形外科医から勧められたという使用者もいる腰痛コルセットです。

お医者さんのコルセット プレミアム仕様

腰椎を固定し、骨盤を締めこむ二重構造の「Wクロスベルト」が特徴的な腰痛コルセットです。滑り止めや幅広ベルトがによるフィット感にも優れ、腹圧を感じにくいのもメリットです。

また、伸縮性・耐久性・通気性に配慮した旭化成せんいのテクノファイン(R)で使用感も高めています。S~Mから3L~4Lまで6つのサイズ展開があるので、あらゆる体型の人におすすめです。

腰の痛みを楽にする AIRLIFT 腰用コルセット男女兼用 (ブラック/レッド)

こちらは力仕事や運動中にも使用できる、腰痛コルセットです。全体的にマジックテープを使用できる素材になっているので、体型に合わせた高いフィット感が得られます。

生地に無数のくぼみを作ることで空気の通りを良くしており、激しい動作による発汗にも対応。通気性に特に優れています。また、比較的リーズナブルな点もおすすめです。

市販薬を活用して腰痛改善をサポート

先述の通り、腰痛を根本的に解消するにはコルセット使用だけでなく、あらゆる観点からの対策が必要です。飲み薬や塗り薬といった市販薬の活用はその代表ともいえます。自分の症状に合わせて適した市販薬を選択しましょう。

おわりに

辛い腰痛の改善に役立つ、腰痛コルセット。正しい付け方や自分に合ったコルセットの選び方を知ることで、より高い効果が期待できます。コルセットで症状が和らいできたら体を動かす機会を増やし、再発予防を心がけましょう。