質問

Q

子供は高熱時にけいれんを起こすと聞きました。なぜけいれんが起こるのですか?また、けいれんが起きた時の対処法を教えてください。

回答済み

子供は高熱時にけいれんを起こすと聞きました。

なぜけいれんが起こるのですか?また、けいれんが起きた時の対処法を教えてください。

回答(1件)

0
A プロフィール画像

おおい
薬剤師

主に生後6か月~6歳で、高熱時に伴うけいれんを熱性けいれんといいます。

熱性けいれんが起こる理由は、子どもの脳が未熟なため、発熱により電気的な刺激が発生し、それが脳の神経細胞に広がりけいれんを起こします。熱性けいれんにより脳に障害が残ることはありません。

熱性けいれんの症状は、38度以上の熱、目が上を向いた状態で固定、手足がガクガク震えたり突っ張る、息を止めがち、けいれんの起こり方に左右差がない、5分くらいのけいれん後、意識が戻るか眠ってしまうなどです。

けいれん時の対策は、吐き気やよだれが多ければ衣服を緩め、横向きに寝かせて吐いたものがのどにつまらないようにしましょう。舌をかむことはないので、口には何も入れません。けいれんが治まったら、水分補給をし体を冷やします。熱性けいれんを繰り返す場合、抗けいれん薬「ジアゼバム」で予防できます。