肩こりが酷い5つの原因とは?病気のサインであることも

酷い肩こりが続く原因を5つケースに分けて解説します。また、肩こりにともなう症状も記載。肩こりが病気のサインである場合もあるので、自分の症状を早めにチェックしましょう。

酷い肩こりが続く5つの原因

肩こりは、肩まわりの筋肉が緊張し続けることで硬くなり、血液のめぐりが悪くなることによって起こります。

では、どういった原因で肩まわりの筋肉が緊張するのでしょうか。それは主に5つのケースに分けられます。

長時間同じ姿勢をとっている

デスクワークや車の運転などで長時間同じ姿勢をとっている場合、肩まわりの筋肉の緊張を招き、酷い肩こりを引き起こしてしまうおそれがあります。

不自然な姿勢をとっている

猫背や前かがみといった、体に負担をかける不自然な姿勢が癖になっている場合、酷い肩こりを引き起こしてしまうおそれがあります。

特にパソコン操作しているときは、肩に負担をかける前のめりな姿勢をとりやすいので注意が必要です。

このほか外出の際にショルダーバッグを背負っている場合も、片側の肩にだけ負担をかけるおそれがあることから、肩こりを引き起こすことがあります。

精神的なストレス

仕事や家庭での問題などでストレスがたまると、血液のめぐりが悪くなるため、肩こりを起こしやすくなります。

精神的なストレスの原因になりうる「過労」、そしてストレスを抱え込むことによって引き起こされる「睡眠不足」も酷い肩こりの原因になる場合があるため注意が必要です。

運動不足

運動不足による筋力の衰えや血液のめぐりの悪化は、肩こりの原因になる場合があります。

体の冷え

体の冷えは血液のめぐりが悪くするため、肩こりの原因になるおそれがあります。

冷房がきいた室内に長時間いることが習慣になっている場合は、注意が必要です。

肩こりにともなう症状に注意

酷い肩こりが続く場合、肩のこりだけでなく以下のような症状をともなうことがあります。

頭痛

肩こりにともなう頭痛は、緊張型頭痛であることが多くなっています。緊張型頭痛があると、嘔吐はないものの吐き気をもよおすことがあります。詳細は関連記事をごらんください。

目の疲れ・めまい・吐き気

眼精疲労の症状のひとつとして肩こりが現れることがあり、目の疲れやめまい、吐き気をともなうことがあります。

目を酷使したり、合わないコンタクトレンズやメガネを使用していると、眼精疲労を引き起こすといわれています。

歯痛

歯に痛みを感じても歯や歯ぐきに異常がみられなかった場合は、非歯原性歯痛と呼ばれます。

肩こりは、非歯原性歯痛を引き起こす原因のひとつと考えられています。詳細は関連記事をごらんください。

肩こりが示す7つの病気のサイン

場合によって、肩こりは病気のサインということもあります。ここでは、代表的な7つの病気を紹介します。

変形性頸椎症・頸椎椎間板ヘルニア

頭を支えるための頸椎(けいつい)という骨が変形を起こしたり、頸椎と頸椎の間にある椎間板に変形が起こり脊髄神経を圧迫したりすることで、肩こりや首の痛み、手足のしびれなどの症状を起こす病気です。

肩関節周囲炎(五十肩)

加齢などによって、肩の関節や周りの組織が炎症を起こす病気です。腕を上げるといった動作が難しくなり、肩関節に痛みが出ます。

頚椎捻挫(むち打ち症)

頚椎捻挫は、交通事故やスポーツなどによる強い衝撃で首がS字のように鞭を打ったような形になり、頸椎が捻挫している状態を指します。

肩の痛みだけでなく、首や背中の痛みのほか、頭痛やめまい、吐き気などをともなうことがあります。

狭心症・心筋梗塞

心臓の病気が、肩こりを引き起こすこともあります。その代表が、狭心症や心筋梗塞です。

狭心症や心筋梗塞は、心臓の周りの血管が詰まることで特に左側の肩や背中全体が痛みます。

このほか、胸が締め付けられるように苦しくなるなどの症状がみられます。

高血圧症、低血圧症

加齢や遺伝、生活習慣などが原因で発症し、肩こりのほかに頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、動悸、不整脈、倦怠感などさまざまな症状を引き起こします。

更年期障害

40代後半ぐらいの女性に起こる疾患で、閉経の前後に女性ホルモンの分泌量が減少し、自律神経が乱れたり血流が悪くなることで起こります。

肩こりのほか、腰痛、頭痛、めまい、倦怠感、不眠、イライラ感などの症状を起こしやすくなります。

うつ病

心に大きいストレスがかかっていると、交感神経の働きが高まることで筋肉が緊張し続け肩こりの症状が起きます。

感情をおさえ込んだり、うつむきがちな姿勢なども首や肩の筋肉を緊張させることになり、慢性的な肩こりの症状を起こすことがあります。

酷い肩こりに効果的な6つの対策!

酷い肩こりを和らげるのに効果的な対策を6つ紹介します。

体を温める

体を温めると血液のめぐりが良くなるので、肩こりの解消につながります。ゆっくり時間をかけて湯船で体を温めるほか、蒸しタオルで肩まわりを温めるのも効果的です。

このほか肩を温めるグッズも売られているので、活用すると良いでしょう。

あずきのチカラ 首肩用

レンジで温めて使用します。効果は約25分間持続し、繰り返し使用することも可能です。あずきによる天然蒸気が肩まわりを温めます。

体を動かす

長時間同じ姿勢を続けないために、適度に体を動かすようにしましょう。デスクワーク中で移動ができない場合は、背伸びをするだけでも効果的です。

また、簡単なストレッチや体操も肩こり対策に役立ちます。

■首を回すストレッチ

1)首を回して頭を左側に向ける
2)5~10秒ほど静止して元に戻す
3)右側も同様に首を回し、5~10秒ほど静止して元に戻す
3)左右それぞれ2~3回繰り返す

■筋力強化体操

1)両手を組んで額に当てる
2)手は後ろに、頭は前に向かって押し合う
3)5~10秒静止する
3)手を後頭部に移動させ、同じ動作を行う
4)前後それぞれ2~3回繰り返す

このほか、運動不足を解消するために運動を習慣にすることも大切です。特に水泳のような全身の筋肉を使うスポーツは肩こり対策に向いています。

湿布を活用する

湿布には、痛み物質の生成をおさえて肩こりを解消する成分が含まれています。

一般的に、肩こりには血液のめぐりを良くする温感タイプの湿布が向いているとされています。

症状によっては冷感湿布の方が向いている場合もあるので、自分に合っている方を選びましょう。温感・冷感それぞれの湿布の代表例を紹介します。

フェイタスシップ温感

有効成分フェルビナクが70mg含まれています。また、血液のめぐりを良くするトウガラシエキス含有です。角を丸くした丸角タイプにすることで、剥がれにくくしています。

フェイタスシップ

有効成分フェルビナクが70mgと優れた冷却力で、炎症をすみやかにおさえます。温感タイプと同じく、剥がれにくい丸角タイプです。

このほかの有効成分を配合した湿布や温感・冷感湿布の詳細は、関連記事をごらんください。

市販薬を活用する

市販薬の中には、血液のめぐりを改善するものや鎮痛作用に優れたもの、肩こりにともなう症状にも効果的な飲み薬が数多くあります。

また、肩こりがひどいと感じたときにサッと塗れる塗り薬もおすすめです。代表的なものを紹介します。

キューピーコーワiプラス

血液のめぐりを良くすることで、肩こりを解消します。目の疲れにも効果的です。主成分は、ビタミンB1を体内に取り込まれやすくした活性型ビタミンB1です。

バファリンA

有効物質であるアセチルサリチル酸(アスピリン)が痛みを鎮めます。眠くなる成分が含まれていないので、車の運転時にも使用可能です。

ストレージタイプZK

釣藤散(ちょうとうさん)という漢方が、肩こりのほか、頭痛やめまい、耳鳴りといった症状を改善します。体の冷えが気になる人には特に向いている薬です。

ゼノールエクサムFX

主成分であるサリチル酸メチルが、肩こりによる炎症や痛みを鎮めます。メントール配合なので、スーッとした塗り心地が特徴です。

肩こり対策に効果的な市販薬の詳細は、関連記事をごらんください。

医療機関を受診する

自分で行う対策で効果を実感できない場合は、医療機関を受診を受診しましょう。特に下記の傾向がある場合は病気の疑いもあるので、早めに原因を特定しましょう。

・軽い動作でも肩が痛む(階段昇降など)
・手のしびれや麻痺がある
・首や肩を動かさない状態でも痛みがある
・痛みが日に日に酷くなっている

肩こりは通常、整形外科を受診します。整形外科で肩こりの原因を調べたあとに、適応のある別の診療科をすすめられることもあります。

頭痛やめまい、しびれなどをともなう肩こりの場合は、神経内科や脳神経外科の受診になることもあります。また、気分の落ち込みなどが原因となる肩こりと考えられる場合は、心療内科をすすめられることもあります。

おわりに

肩こりは誰にでも起こりうる体の不調です。運動や入浴といった身近な対策で改善できこともありますが、なかなか良くならない場合は一度病院で原因を明らかにすることも大切です。

ただの肩こりだと思い込んでいても、ほかの病気が原因となっていたケースもあります。1人で深く悩む前に、一度医療機関を受診しましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

あずきのチカラ 首肩用

フェイタスシップ温感

フェイタスシップ

キューピーコーワiプラス

バファリンA

ストレージタイプZK

ゼノールエクサムFX

肩こりのお役立ち情報