四十肩・五十肩におすすめの市販薬|痛み止め・湿布・漢方薬について

四十肩・五十肩におすすめの市販薬を薬剤師監修で解説します。痛み止めの湿布や飲み薬・そのほかビタミン剤や漢方薬について説明します。サポーターやテーピングについてもピックアップ!

四十肩・五十肩という名前は、一般的にわかりやすく表現したものであり、正式名称は肩関節周囲炎といいます。

服を着たり脱いだりするとき、腕を上げたとき、寝返りをうったときなどに、突然、肩にズキンという激痛に襲われることで始まることが多いのが特徴です。

痛みが指先までしびれるように伝わることや、夜眠れないほど強い痛みが生じる夜間痛が起こることもよくあります。

起こる年齢により40代なら四十肩、50代なら五十肩と呼び分けられることもありますが、四十肩・五十肩は同じ肩関節周囲炎のことです。

四十肩・五十肩の症状や原因については、以下の関連記事をごらんください。

四十肩・五十肩はまず病院へ

四十肩・五十肩は自然に治ることもありますが、放置してしまうと症状が長引いたり、悪化して日常生活に支障がでることもあります。場合によっては関節が動かなくなることもあります。

四十肩・五十肩が疑われる肩の強い痛みを感じた場合は、まずは医療機関を受診してください。

四十肩・五十肩のときにどの診療科を受診したら良いか、また病院での治療法については関連記事をごらんください。

市販薬もひとつの手

すぐに病院を受診できない場合は、痛みを少しでも緩和するために市販薬を活用するのもひとつの手です。

また医師の指導のもと治療を受けながら、血行改善に効果的な市販のビタミン剤・漢方薬を合わせて使用することを医師に相談することもできます。

四十肩・五十肩の症状に向けた市販薬は主に以下のような種類があります。

・痛み・炎症をやわらげる貼り薬・湿布薬
・痛み止めの飲み薬
・筋肉の緊張をやわらげる筋弛緩薬
・血行を改善し、末梢神経の修復を助けるビタミン剤
・血行・筋肉のこわばり改善が期待できる漢方薬

痛み・炎症をやわらげる貼り薬・湿布薬

五十肩は痛みの症状が強く出る急性期、ある程度痛みが引いた慢性期に分けられ、それぞれ治療方法が異なります。

今現在、強い痛みに困っている場合は痛みを緩和させる貼り薬、もしくは飲み薬を使用しましょう。ただし市販の痛み止めは継続的に使用するのではなく、病院を受診できないときに短期間にとどめて使用してください。

炎症などによる痛みに使われる貼り薬は、製品によって使用されている鎮痛成分が異なります。

鎮痛成分の強さの感じ方には個人差がありますが、効果の目安として、ジクロフェナクナトリウムが最も鎮痛効果が高く、サリチル酸が最も効果が穏やかであるといえます。

鎮痛成分 貼り薬
ジクロフェナクナトリウム ・ボルタレンEXテープ
・フェイタスZαテープ
インドメタシン ・バンテリンコーワパップS
・サロンシップインドメタシンEX
ロキソプロフェンナトリウム ・ロキソニンSテープ
・ロキソニンSパップ
フェルビナク ・フェイタス
サリチル酸 ・サロンパスA
・ら・サロンパス
・サロンパス30

急性期の強い痛みや炎症を起こしている場合は冷感の湿布がおすすめです。数日して痛みが軽くなったら温湿布に切り替えてください。

目安として、お風呂で温まると痛みがやわらぐという方は、温める方向へ切りかえてください。

痛みが軽くなってからの慢性期には、血行を良くして肩の筋肉のこわばりを改善する温感の湿布がおすすめです。ただし温湿布は刺激が強くかぶれやすい方もいるため注意してください。

鎮痛作用の強い湿布

四十肩・五十肩は眠れないほど痛みが強いこともあるので、とにかく痛みをとりたい場合は、鎮痛作用が強めの「ボルタレンEXテープ」や「フェイタスZαテープ」をおすすめします。

どちらのテープも鎮痛作用が強めのジクロフェナクナトリウムが配合されており、24時間効果が持続するため、1日1回の使用でOKです。

ボルタレンEXテープ

成分

ジクロフェナクナトリウム

効能
・効果

腰痛、肩こりにともなう肩の痛み、関節痛、筋肉痛、けんしょう炎(手・手首の痛み)、ひじの痛み(テニス肘など)、打撲、ねんざ

用法
・用量

1日1回、1~2枚、ただし1回あたり2枚を超えての使用は不可 
ジクロフェナクナトリウムを含む他の外用剤の併用は不可

【第2類医薬品】フェイタスZαジクサス 21枚入 ※セルフメディケーション税制対象商品

ジクロフェナクナトリウムに加えて l-メントールが配合されており、効果感が高いテープです。清涼感を求める人はこちらのテープがおすすめです。

成分

ジクロフェナクナトリウム、l-メントール

効能
・効果

腰痛、筋肉痛、肩こりに伴う肩の痛み、関節痛、腱鞘炎(手・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲、ねんざ

用法
・用量

1日1回、1~2枚、ただし1回あたり2枚を超えての使用は不可 
ジクロフェナクナトリウムを含む他の外用剤の併用は不可

どちらのテープも2週間以上の連続使用が禁止されているため、2週間使用しても痛みが取れない場合は必ず医療機関を受診するようにしましょう。

慢性期におすすめの温湿布

【第3類医薬品】サロンパス30ホット 40枚

効果が最も穏やかなサリチル酸が配合されており、用法用量の制限がジクロフェナクを主成分とした湿布よりも少ないです。副作用のリスクも少なく、長く使用できるため、ある程度痛みが引いて慢性期に突入している方におすすめです。 

成分

サリチル酸グリコール、l-メントール、ビタミンE酢酸エステル、グリチルレチン酸、トウガラシエキス

効能
・効果

肩こり、腰痛、筋肉痛、筋肉疲労、打撲、ねんざ、関節痛、骨折痛、しもやけ

用法
・用量

1日数回患部に貼付

【第2類医薬品】サロンパスEX温感 40枚 ※セルフメディケーション税制対象商品

ジクロフェナクの次に効果の強いインドメタシンを配合した温湿布です。慢性期に入っても痛みがまだ残っている方におすすめです。インドメタシンは成分が強いため、2週間以上の使用は禁止されています。また、温湿布は皮膚がかぶれやすいため、万が一副作用が出た場合はすぐに医師に相談し、別の湿布を使用しましょう。 

成分

インドメタシン、l‐メントール、トウガラシエキス

効能
・効果

肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、関節痛、筋肉痛、腱鞘炎(手・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲、ねんざ

用法
・用量

1日2回を限度として、患部に添付
2週間以上の使用は禁止

痛み止めの飲み薬

貼り薬が苦手な方は飲み薬の鎮痛薬が使用できます。

ただし市販薬は飲み薬と貼り薬の鎮痛薬を一緒に使えないことが多いので注意が必要です。

ロキソニンSプラス

医療用のロキソニンと同成分のロキソプロフェンナトリウム水和物が主成分の薬です。速効性があり抗炎症作用と高い鎮痛効果が期待できます。

同じ成分の過剰摂取につながるおそれがあるため、ほかの解熱鎮痛剤や風邪薬、痛み止めとは併用しないでください。

成分

ロキソプロフェンナトリウム水和物

効能
・効果

頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
悪寒・発熱時の解熱

用法
・用量

・15歳以上:1回1錠、1日2回まで服用可能
(ただし再度症状が現れた場合は3回目を服用可能)
・15歳未満は使用不可

筋肉のこわばりをやわらげる薬

四十肩・五十肩は血行不良や筋肉のこわばりが原因のひとつとも考えられています。

筋肉の緊張をやわらげ、血行を良くすることによって症状の改善が期待できます。

「コリホグス」や「ドキシン錠」は筋弛緩成分が入っているタイプの薬です。また鎮痛成分のエテンザミドが配合されているため、鎮痛薬としての効果も持ち合わせます。速効性があり、特に筋肉の異常緊張が原因の場合にはおすすめの薬です。

ただし、長期に渡っては使用できない・ほかの解熱鎮痛薬と合わせて使用できない・眠くなりやすい成分が配合されていることには注意が必要です。

コリホグス

筋肉弛緩成分のクロルゾキサゾン、鎮痛成分であるエテンザミドを配合。つらい症状をすばやく鎮めます。

筋肉のこわばりが原因で痛みが起こっている場合によく効きます。

成分

クロルゾキサゾン、エテンザミド、カフェイン水和物

効能
・効果

肩・首筋などの痛みおよびこり、腰痛、背痛、ねんざ、うち身、神経痛・リウマチ性疼痛、四十肩、関節痛、筋炎、腱炎

用法
・用量

・15歳以上:1回1〜2錠、1日2回まで服用可能
・15歳未満は使用不可

ドキシン錠

主成分のメトカルバモールは、筋肉の異常な緊張をやわらげて痛みを緩和する作用があります。トコフェロール酢酸エステルが末梢の血流を改善します。

なた鎮痛成分のエテンザミドや鎮痛作用を助ける無水カフェイン、ジベンゾイルチアミンも配合しています。

成分

メトカルバモール、エテンザミド、無水カフェイン、トコフェロール酢酸エステル、ジベンゾイルチアミン

効能
・効果

筋肉の異常緊張・けいれん・疼痛をともなう次の諸症:
腰痛、肩こり、筋肉痛、四十腰、五十肩、神経痛、寝ちがい、ねんざ、打撲、スポーツ後の筋肉痛、関節痛

用法
・用量

・15歳以上:1回2錠、1日3回
・12歳〜14歳:1回1錠、1日3回
・12歳未満は使用不可

血行をよくするビタミン剤

ビタミン剤は、血行を良くしたり、傷ついた神経の修復を助けます。

ビタミン剤に速効性はありませんが、しばらく飲み続けることで筋肉のこわばりや関節の可動域の制限になどにも対応することができます。

効果が感じられているのであれば、続けて服用することができます。また鎮痛成分が入っていないため、ほかの鎮痛薬と一緒に使うことができます。

病院での四十肩・五十肩の治療を行いながら使用したい場合は、医師に相談しましょう。

アクテージSN錠

メコバラミンと葉酸が協力して末梢神経の修復を助け、しびれを改善します。

血液の循環を改善するd-α-トコフェロールコハク酸エステル(天然型ビタミンE)を配合しています。

6つの有効成分が血流改善、神経や筋肉の機能維持により四十肩・五十肩の痛みの緩和に役立ちます。

成分

フルスルチアミン塩酸塩、ピリドキサールリン酸エステル水和物、メコバラミン、d-α-トコフェロールコハク酸エステル、ガンマーオリザノール、葉酸

効能
・効果

次の諸症状の緩和:筋肉痛・関節痛(肩・首すじのこり、腰痛、五十肩など)、手足のしびれ、 神経痛、眼精疲労

用法
・用量

・15歳以上:1回1錠、1日3回
・15歳未満は使用不可

アリナミンEXプラスα

フルスルチアミン、ピリドキシン塩酸塩、シアノ コバラミンなど神経や筋肉の機能維持に重要なビタミン類や、ビタミン類の働きをサポートするガンマーオリザノールを配合しています。

また血液循環を改善するdl-α-トコフェロールコハク酸エステルを配合しています。

成分 フルスルチアミン、ピリドキシン塩酸塩、シアノコバラミン、トコフェロールコハク酸エステルカルシウム、パントテン酸カルシウム、ガンマーオリザノール、リボフラビン
効能
・効果
眼精疲労、筋肉痛・関節痛(肩こり、腰痛、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ
用法
・用量
・15歳以上:1回2~3錠、1日1回
・15歳未満は使用不可

血行・筋肉のこわばりの改善が期待できる漢方薬

四十肩、五十肩の使われる漢方薬として有名なものとして「独活葛根湯(どっかつかっこんとう)」があります。

独活葛根湯は速効性はありませんが、継続して服用することで血行を改善し、肩の炎症・痛み・筋肉のこわばりといった四十肩・五十肩の症状の改善が期待できます。

独活葛根湯もビタミン剤と同じく、鎮痛薬と合わせて使うことができます。

病院での四十肩・五十肩の治療を行いながら使用したい場合は、医師に相談しましょう。

シジラック

9つの生薬が配合され、痛み・炎症をおさえる、筋肉のこわばりを改善し、四十肩・五十肩の症状を緩和します。

成分

独活葛根湯エキス(原生薬:カッコン、ケイヒ、シャクヤク、マオウ、ドクカツ、ショウキョウ、ジオウ、タイソウ、カンゾウ)

効能
・効果

体力中等度またはやや虚弱なものの次の諸症:四十肩、五十肩、肩こり、寝ちがえ

用法
・用量

・15歳以上:1回4錠、1日3回
・7歳以上15歳未満:1回3錠、1日3回
・5歳以上7歳未満:1回2錠、1日3回
・5歳未満は使用不可

ガチラック

固まった首筋や肩周辺の筋肉の血流を改善し、こわばりを取り除きます。血流を改善するため、服用後は体が温まるように感じます。

成分

独活葛根湯エキス(原生薬:カッコン、ケイヒ、シャクヤク、マオウ、ドクカツ、ショウキョウ、ジオウ、タイソウ、カンゾウ)

効能
・効果

体力中等度又はやや虚弱なものの次の諸症:肩こり、四十肩、五十肩、寝ちがえ

用法
・用量

・15歳以上:1回4錠、1日3回
・15歳未満は使用不可

サポーターやテーピングについて

サポーターについて

四十肩・五十肩の急性期は、重い荷物を持ったり、スポーツをするのは避け、安静にしてすごしましょう。

急性期には腕を固定するタイプのサポーター(アームスリングなど)がおすすめです。

慢性期には肩を温めてくれるタイプのサポーターがおすすめです。

四十肩・五十肩におすすめのサポーターの情報は、関連記事をごらんください。

テーピングについて

四十肩・五十肩のときには、肩の関節にかかる負担を減らしてくれるテーピングをすすめる医師もいます。

詳しいテーピングの方法は医師や症状によって違うことがあるので、担当の医師の指導のもと実施するのがおすすめです。

おわりに

四十肩・五十肩は、一般的には一年ほどで自然と治るものです。

しかし、似た症状の方の病気も多く存在し、四十肩・五十肩でも症状・病態によって治療方法が異なります。

四十肩・五十肩はあまく見ず、医療機関を受診することをおすすめします。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ボルタレンEXテープ

【第2類医薬品】フェイタスZαジク...

【第3類医薬品】サロンパス30ホッ...

【第2類医薬品】サロンパスEX温感...

ロキソニンSプラス

コリホグス

ドキシン錠

アクテージSN錠

さらに表示する

アリナミンEXプラスα

シジラック

ガチラック

ピックアップ特集