【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

質問

Q

50肩のような痛みに効く漢方はありますか?

回答済み

半年前から、左肩から肘上までの引っ張りやひねりのような思い痛みが続いています。

痛い処の指圧をしても、風呂で暖めても特に効果は見られません。何か良い漢方等の治療があればお教えください。

回答(1件)

0
A プロフィール画像

美恵
薬剤師

五十肩は50から60歳代に多くみられるもので肩関節周囲炎ともいい、肩関節部の疼痛と運動制限を伴う症候群で、老化に伴い、肩関節周囲の靱帯・筋・腱などの摩耗により、軽い炎症を起こしたために起こります。

漢方では筋肉や関節のしびれ、だるさ、痛みなどを特徴とした病気を「痺証(ひしょう)」といいます。
外邪による痛みはその性質により「風痺」「寒痺」「湿痺」に分けられます。

【風痺】・・・変化が多く、遊走性の疼痛、多発性の関節炎など。風のように痛みやしびれが移動するタイプ。
 代表処方:葛根湯、防已黄耆湯など。

【寒痺】・・・冷えが強く循環が低下した状態。冷えたり、寒くなってくると痛みがますタイプ。
 代表処方:疎経活血湯、桂枝加朮附湯など。

【湿痺】・・・水の滞りのあるもの。梅雨時期や雨、雪が降ったりして湿度が増すと痛みが激しくなるタイプ。
 代表処方:二朮湯、ヨクイニン湯など。