花粉症は市販薬で治せる?

花粉症は、鼻水・くしゃみ・目のかゆみといった花粉によってアレルギー症状が出る状態のことをいいます。

花粉症の治療には対症療法と根治療法の2種類があり、それぞれ症状の抑制、花粉に反応しにくい体質への改善、という目的があります。

花粉症の場合、症状をおさえる対症療法が目的であれば市販薬を使用することができます。

病院の受診をおすすめするケース

花粉症への対症療法は市販薬が有効ですが、花粉に対するアレルギーが今後出ないようにするための根本的な治療をしたい場合は病院を受診する必要があります。

今まで花粉症の症状がなく、初めてくしゃみや水っぽい鼻水、目のかゆみなどの症状が現れた場合は、まず病院を受診してください。

例年同じ時期に花粉症のような症状があっても原因がはっきりしていない場合は、一度病院で検査を受けることをおすすめします。

花粉症の市販薬の選び方

花粉症治療の市販薬には、アレルギー症状をおさえる抗ヒスタミン薬、鼻の症状が強いときに使いやすいステロイド点鼻薬、鼻づまりの症状をおさえる血管収縮薬などの剤形があります。

同じアレルギー症状をおさえる薬であっても、成分が異なれば副作用や剤形もさまざま。

やみくもに多くの薬を試すのではなく、目的によって使用する薬を適切に選ぶことが大切です。

眠くなりにくさで選ぶ

花粉症の症状をおさえる薬に配合されている抗ヒスタミン薬の中には、副作用として眠気を誘発するものがあります。

なお、抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代があり、それぞれ特徴が異なります。

第一世代は速効性にすぐれている一方で、眠気の副作用が比較的強いです。

第二世代は第一世代より効果が現れるまでに少し時間がかかりますが、眠気の副作用が少ないという特徴があります。1)

仕事中や運転中など眠気があると困るときは、眠気の副作用が比較的少ない第二世代の抗ヒスタミン薬を選択します。

ただし、第二世代の抗ヒスタミン薬の中でも「ケトチフェンフマル酸塩」は眠気の副作用が比較的起こりやすいので、眠気が気になる方は他の第二世代抗ヒスタミン薬を選ぶとよいでしょう。

 

→眠くなりにくさで選ぶ|花粉症におすすめの市販薬

 

1)日本医療機能評価機構:第1世代抗ヒスタミン薬・第2世代抗ヒスタミン薬

年齢で選ぶ

花粉症の薬の中には、年齢制限が設定されている成分があるので、一部子供には使えないものがあります。

大人が使っている薬をそのまま子供に使うのではなく、子供でも使用できる薬を選びましょう。

 

→子供も使える|花粉症におすすめの市販薬

症状で選ぶ

目がかゆい、鼻水がつらい、くしゃみがひどいなど花粉症の症状は多岐に渡ります。

どの症状を一番おさえたいのかによって選ぶ薬が異なるため、症状によって薬を使い分けることもできます。

基本的に、花粉症の症状がある場合は、まずステロイドの点鼻薬を使用することをおすすめします。特に、鼻づまりの症状が重い場合は、ステロイドの点鼻薬を使用することが推奨されます。2)

ただし、点鼻薬の中には年齢制限や使用期間が決まっているものがあるため注意が必要です。

点鼻薬を使うのに抵抗がある方や市販の点鼻薬が使えない7歳未満の子供などには、飲み薬タイプがおすすめ。

鼻水やくしゃみといった症状よりも目のかゆみを鎮めたいときは目薬を使いましょう。

 

→症状で選ぶ|花粉症におすすめの市販薬

 

2)鼻アレルギー診療ガイドラインー通年性鼻炎と花粉症ー2016年度版

処方薬と同成分の市販薬から選ぶ

市販薬の中には、処方薬と同じ成分を配合した薬があります。

現在処方薬を服用している方や以前に使ったことがある方は、同成分の市販薬があれば試しに使用するのもひとつの手段です。

「効果は同じ?」「自分の症状に使って大丈夫?」など不安がある場合は医師や薬剤師、登録販売者に相談することをおすすめします。

 

→処方薬と同成分で選ぶ|花粉症におすすめの市販薬

眠くなりにくさで選ぶ|花粉症におすすめの市販薬

眠くなりにくさを重視したい場合は、フェキソフェナジンやエピナスチンなど、第二世代の抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬が適しています。

第二世代抗ヒスタミン薬|フェキソフェナジン 

抗ヒスタミン薬の多くは眠気の影響で車の運転が制限されますが、フェキソフェナジンは服用後に運転などの制限がありません。試験などで集中力を切らしたくない方にもおすすめの薬です。

また、多くの抗ヒスタミン薬が授乳中に使用することができない一方、フェキソフェナジンは国立成育医療研究センター3)の「授乳中に安全に使用できると考えられる薬」のリストに記載されています。

 

3)国立成育医療研究センター:授乳中に安全に使用できると考えられる薬

 

アレルビ

1日2回で効きます。

第二世代抗ヒスタミン薬|エピナスチン

エピナスチン塩酸塩はフェキソフェナジンと同様に、比較的眠気のリスクが少ない抗ヒスタミン成分です。(自動車運転などの制限があるため、運転前や運転時の服用は控えてください)

1日1回の服用のため、飲む回数が多いと薬の服用を忘れてしまう、という方に向いています。

アレジオン20 6錠 医療用とアレジオンと同成分配合 (第2類医薬品) ※セルフメディケーション税制対象

1日1回寝る前の服用で効果があります。

ステロイド点鼻薬

2020年3月現在、ステロイド点鼻薬として販売されている市販薬では、眠くなる成分が配合されていません。

ただ人によっては使いにくいと感じることがあるため、点鼻薬が苦手な場合は第二世代抗ヒスタミン薬を使用することをおすすめします。

ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用> 10mL 医療用と同成分配合 点鼻薬 (指定第2類医薬品)

鼻水や鼻づまり、くしゃみといった花粉によるアレルギー症状にすぐれた効果を発揮する点鼻薬です。眠くなる成分が配合されていません。

必要な部位で効果を発揮してすぐに代謝されるアンテドラッグステロイド成分のベクロメタゾンプロピオン酸エステルが、鼻の粘膜の炎症をおさえて鼻の通りを改善します。18歳未満は使用できません。

子供も使える|花粉症におすすめの市販薬

アレルギール錠 55錠 飲むかゆみ止め (第2類医薬品)

4歳以上の子供も使用することができます。

抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸の働きで、鼻水やくしゃみの症状を緩和します。

鼻の粘膜の炎症をおさえるグリチルリチン酸カリウムも配合しています。

ムヒの鼻炎シロップ 120ML(指定第2類医薬品)

生後3か月から使用できる鼻炎薬。イチゴ味でシロップタイプなので、錠剤が飲みにくい子供も飲みやすいのが特徴です。

有効成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩が鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を緩和し、生薬成分のカンゾウエキスが、鼻やのどの炎症をやわらげます。

ただし、配合されている有効成分のdl-メチルエフェドリン塩酸塩は濫用のリスクがあるため、2週間以上は使用しないでください。

症状で選ぶ|花粉症におすすめの市販薬

目のかゆみを治したい

花粉症の症状で目のかゆみを特に改善したいのであれば、目薬を選択することをおすすめします。

目薬を選ぶ際は、コンタクトレンズを使用しているかが重要なポイントです。

目薬にはコンタクトレンズと眼球を癒着させてしまう添加物が配合されている場合があるので、コンタクトを使用している方は目薬を選ぶときに必ずコンタクトレンズのままで使用できるかどうかを確認しましょう。

【コンタクトをつけながら使用できる目薬】

ロートアルガードコンタクトa

目のかゆみをおさえるクロルフェニラミンマレイン酸塩を配合しています。

コンタクトレンズをつけたまま使用できるので、日常的にコンタクトレンズを使用する方におすすめの目薬です。

クールタイプの目薬なので、スーッとした清涼感を求めている方にうってつけ。

【コンタクトをつけていないときに使用できる目薬】

ザジテンAL点眼薬 10mL 目のかゆみに 医療用と同成分配合 (第2類医薬品)

目のかゆみをおさえる抗ヒスタミン成分のケトチフェンフマル酸塩を配合しています。

ただし、眠気の副作用が出やすい薬なので、車の運転など集中力が必要な作業をするときに使用するのは控えてください。

多少眠気があっても目のかゆみを優先的に治したい方にはおすすめです。また、スーッとする成分が入っていないので、清涼感が苦手な方におすすめです。

エージーアイズアレルカットC 13ML(第2類医薬品)

抗アレルギー成分のクロモグリク酸ナトリウムがアレルギー反応を起こす物質の発生を抑制します。また、抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩が、アレルギー症状を緩和。

抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムも配合されていて、目の炎症をおさえる働きもあります。

クールタイプの目薬なので、スーッとするのが好きな方におすすめです。

鼻水とくしゃみを治したい

鼻水とくしゃみの症状を優先的に治したい場合は、第一世代の抗ヒスタミン薬がおすすめです。

第一世代の抗ヒスタミン薬は抗コリン作用があり、鼻水をおさえる効果に優れています。

眠気の副作用は第二世代抗ヒスタミン薬よりも出やすいですが、鼻水がつらく、点鼻薬も苦手な方は第一世代の抗ヒスタミン薬が効果的でしょう。

レスタミンコーワ糖衣錠

第一世代の抗ヒスタミン成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩を配合した飲み薬。他の成分が入っていないのが特徴です。

龍角散鼻炎朝夕カプセル

第一世代の抗ヒスタミン成分であるクレマスチンフマル酸塩を配合した飲み薬です。鼻粘膜の炎症をおさえるグリチルリチン酸二カリウムも配合されています。

鼻づまりを治したい

鼻づまりを治したい場合はステロイド点鼻薬を選びましょう。

なお、ステロイド点鼻薬は鼻づまり・鼻水・くしゃみのいずれの症状にも効果を発揮するため、点鼻薬という剤形が苦手でない方におすすめです。

ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用> 10mL 医療用と同成分配合 点鼻薬 (指定第2類医薬品)

鼻水や鼻づまり、くしゃみといった花粉によるアレルギー症状にすぐれた効果を発揮する点鼻薬です。眠くなる成分が配合されていません。

必要な部位で効果を発揮してすぐに代謝されるアンテドラッグステロイド成分のベクロメタゾンプロピオン酸エステルが、鼻の粘膜の炎症をおさえて鼻の通りを改善します。18歳未満は使用できません。

処方薬と同成分で選ぶ|花粉症におすすめの市販薬

飲み薬

 

アレルビ

処方薬のフェキソフェナジン錠と同じフェキソフェナジンを配合した飲み薬です。1日2回で効きます。

クラリチンEX 7錠

処方薬のクラリチンと同じ有効成分のロラタジンを配合したアレルギー専用鼻炎薬です。

1日1回1錠で長く効きます。有効成分のロラタジンは、口が乾きにくく集中力が低下しにくいのが特徴。

症状が出始めの早い段階で使用することをおすすめします。

アレジオン20 6錠 医療用とアレジオンと同成分配合 (第2類医薬品) ※セルフメディケーション税制対象

処方薬のアレジオンと同じ、花粉によるアレルギー症状に効果を発揮するエピナスチン塩酸塩を配合した飲み薬です

1日1回で長く効きます。。比較的眠気の副作用は控えめなので、日中のパフォーマンスを維持しながら使いたい方におすすめ。

点鼻薬

ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用> 10mL 医療用と同成分配合 点鼻薬 (指定第2類医薬品)

鼻水や鼻づまり、くしゃみといった花粉によるアレルギー症状にすぐれた効果を発揮する鼻炎薬です。眠くなる成分が配合されていません。

処方薬のリノコートやアルロイヤーと同じベクロメタゾンプロピオン酸エステルが、鼻の粘膜の炎症をおさえて鼻の通りをよくします。18歳未満は使用できません。

点眼薬

アイフリーコーワAL 10ML(第2類医薬品)

処方薬のゼペリン点眼液と同じアシタザノラスト水和物を配合した点眼薬です。

花粉症による目のかゆみや充血に効果を発揮します。

メントールを使用していないため、刺激が少ないのが特徴です。

【第2類医薬品】ロートアルガードクリニカルショット マイルド 13mL

処方薬のトラニラスト点眼液やリザベン点眼液と同じトラニラストを配合した点眼薬です。花粉などによる目のかゆみや充血といったアレルギー症状に効果を発揮します。

ニフラン点眼液と同じ抗炎症成分のプラノプロフェンや、かゆみを止めるクロルフェニラミンマレイン酸塩を配合。

メントールを使用していないため、スーッとするのが苦手な方も使用できます。

花粉症に使われる処方薬と同じ成分の市販薬について、詳しくはこちらの記事をごらんください。