花粉症の症状にはくしゃみ、鼻水、鼻づまりの他にもかゆみや充血など、目に現れるものもあります。

目の症状も仕事や勉強など日常生活に支障をきたし、つらいもの。

症状を一刻も早くやわらげたい場合、どうすればいいのでしょうか。

つらい目の症状はなぜ起きるの?市販の目薬は使えるの?などの疑問について解説します。

花粉症の目の症状

アレルギー性結膜炎

花粉による目の症状は、アレルギーが原因で起こる「アレルギー性結膜炎」です。

アレルギー性結膜炎は、花粉症のように花粉のシーズンにだけ発症する「季節性アレルギー性結膜炎」と、ハウスダストやダニなどを原因とする「通年性アレルギー性結膜炎」があります。

季節性と言っても、年中さまざまな種類の花粉が飛んでいるため、まずは自分のアレルギーの原因が何なのかを把握する必要があります。

原因は?

アレルギーとは外から入ってくる異物に対して、体が過剰に反応してしまうことです

目の表面を覆っている結膜でアレルギー反応が起こり、症状が現れるのが「アレルギー性結膜炎」です。

花粉などのアレルギーの原因物質(アレルゲン)が目に付着すると、身体を守っている免疫細胞(肥満細胞)からヒスタミンという物質が放出されます。 ヒスタミンが目の知覚神経を刺激することで炎症を起こし、かゆみや充血などの症状を引き起こすのです。 

目はアレルギーが起こりやすい

結膜は外からの異物や刺激が入りやすい部位です。目を潤す涙液が花粉などの異物を付着させ、結膜に多く分布する免疫細胞がアレルギー反応を引き起こします。

どんな症状?

目のかゆみや充血、ゴロゴロするなどの異物感が主な症状です。目そのものがかゆく感じる場合もありますが、まぶたやまぶたのふちなどにもかゆみを感じることがあります。

かゆいからといってこすりすぎると、炎症が悪化して痛みを感じたり、目やにが出たりすることがあるので注意が必要です。

目薬の種類

花粉症に処方される代表的な目薬には「抗アレルギー薬」、「抗ヒスタミン薬」、「ステロイド薬」があります。

抗アレルギー薬 

アレルギーの原因となるさまざまな伝達物質の発生と放出を防ぐ働きがあります。発生そのものを防いでくれるので、予防的に使用するのが効果的。症状がひどくなる前から使用すると、ピーク時の症状を軽くしてくれます。
花粉が飛散し始める2~3週間前や症状が比較的軽いうちに使うことをおすすめします。

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬も抗アレルギー薬の一種です。ヒスタミンの働きをおさえ、症状を緩和させる働きがあります。症状を引き起こすヒスタミンに直接働きかけるので即効性があり、すでにかゆみが出ている時にも効果的です。しかし、持続時間があまり長くありません。

ステロイド薬

ステロイド薬は炎症をおさえる働きがあり、かゆみや腫れなど炎症が強い時に使用されることがあります。ステロイド点眼薬は強い作用がありますが、眼圧が上がってしまうなど副作用をともなうことがあるので、できるだけ使用せずに症状をコントロールすることが大切です。

市販の目薬にステロイドが含まれるものは販売されていません。

市販の目薬に含まれる成分

今すぐ症状をおさえたい、病院へ行く時間がない、といった場合市販薬で対応できるのでしょうか。市販されている目薬の中にも処方薬と同じ成分を含むものがあります。

市販されている目薬にはたくさんの種類があり、なにを選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。市販の目薬に含まれている成分について解説します。

2種類の代表薬

市販されている目薬は、「抗アレルギー薬」「抗ヒスタミン薬」の2種類になります。「ステロイド薬」は市販されていません。

「抗アレルギー薬」は症状が軽いうちや予防的に使い、「抗ヒスタミン薬」は即効性があるので、既に強く花粉症の症状が出ている時に使うとよいでしょう。

処方薬と同じ成分は?

抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の代表的な成分をまとめました。

病院で処方されたことのある方は同じ成分の目薬を探してみてください。

  成分(処方薬名)
抗アレルギー薬

クロモグリク酸ナトリウム(インタール点眼液)

ペミロラストカリウム(アレギサール点眼液)

アシタザノラサスト(ゼペリン)

抗ヒスタミン薬

ケトチフェンフマル酸塩(ザジテン点眼液)※抗アレルギー作用もあり

クロルフェニラミンマレイン酸塩

ジフェンヒドラミン

他にも成分が

目薬には症状に効果のある成分だけではなく、他にもさまざまな成分が配合されています。

 

・抗炎症成分

目の炎症をおさえる成分です。グリチルリチン酸二カリウム、プラノプロフェン、イプシロン-アミノカプロン酸などがあります。

グリチルリチン酸二カリウムは花粉によりすぐに起きる炎症だけでなく、長期にわたる炎症にも効果があるということがわかり、多くの目薬に配合されています。

 

・血管収縮剤

血管収縮剤は充血をおさえるタイプの点眼薬に配合されています。血管収縮剤により充血が引き、症状が良くなったように感じることがあります。しかし、効果は一時的。病院で処方される点眼薬にはほとんど使われていません。炎症を起こしている時や長期的に使用するのは避けましょう。

血管収縮剤には塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリンなどがあります。

 

・防腐剤

防腐剤は目薬によく配合されていますが、接触時間や濃度によっては角膜を傷めるとされています。通常はまばたきによって自然に流れ出るので問題ないですが、ドライアイなどで目の表面に傷が付きやすい人は避けましょう。特にコンタクトをしている人は、防腐剤がレンズに付着して濃度が高まり、角膜との接触時間が長くなってしまうので注意しましょう。コンタクトレンズ装用中に点眼するなら、塩化ベンザルコニウムやパラベンなどの防腐剤が入っていないものを選びましょう。

 

・l-メントール、dl-カンフル

l-メントールは目薬をさした時、「スーッ」とする成分です。症状が重い時や角膜に傷がある時は、強く染みたり、痛みを感じることもあるので、注意が必要です。点眼後に爽快感が得られる涼感タイプやクールタイプなどに配合されていますが、これらメントールの含まれている目薬は花粉症の症状が軽いときに使うのがおすすめです。爽快感によってかゆみが多少緩和されやすいのですが、メントール自体に治療効果はありません。症状が重いとき使うとかえって角膜を傷めてしまうこともあるので、かゆみや充血などが強く現れている時は、マイルドでしみないタイプを使うのがおすすめです。

また、鎮痛・鎮痒作用のあるd-カンフルにも局所刺激作用があるので、避けた方が安心です。

おすすめの目薬

抗アレルギー薬

アイフリーコーワAL 10ML(第2類医薬品)

「アシタナゾラスト水和物」を配合したアレルギー専用点眼薬です。

予防として使用するのが効果的。しみにくくやさしいさし心地です。

抗ヒスタミン薬

 

ザジテンAL点眼薬 10mL 目のかゆみに 医療用と同成分配合 (第2類医薬品)

  • 処方薬のザジテンと同じ「ケトチフェンフマル酸塩」を配合した目薬。抗ヒスタミン作用だけでなく、抗アレルギー作用も併せ持ち、花粉症によるアレルギー症状に効果を発揮します。
  • 配合成分が血管収縮薬や清涼剤など余計な成分を含まない、一種類のみのシンプルな処方のお薬です。

抗ヒスタミン成分「クロルフェニラミンマレイン酸塩」を配合。ヒスタミンの働きをおさえ、目の炎症・目のかゆみをおさえます。他にもグリチルリチン酸二カリウム、タウリン、パンテノール

などが配合されています。血管収縮剤である「塩酸テトラヒドロゾリン」が配合されており、充血にも効きますが、長期的に使用するのは避けましょう。

他の目薬で効果が感じられない方は

 

ロートアルガードクリアブロックZ

抗アレルギー成分「クロモグリク酸ナトリウム」、抗ヒスタミン成分「クロルフェニラミンマレイン酸塩」の両成分が配合されてダブルで効果を発揮します。また、この他に炎症をおさえる「プラノプロフェン」成分角膜を保護する「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」も含め、これら有効成分が最大濃度で配合されております。他のアレルギー用点眼剤を2日間

程度使用しても十分な効果が得られなかった方におすすめ。

 

エージーアイズアレルカットS 13mL 目薬 (第2類医薬品) ※セルフメディケーション税制対象

抗アレルギー成分「クロモグリク酸ナトリウム」を配合した点眼薬。この他、抗ヒスタミン成分や炎症をおさえる成分、うるおいを保つ成分など4つの有効成分を配合し、つらい目のアレルギー症状を緩和します。メントールが入っていないため、しみずにソフトなさし心地です。

コンタクトをしている方は

ロートアルガードコンタクトa

防腐剤無配合なので、カラーコンタクトレンズを除くコンタクトレンズ装着中に点眼できます。抗ヒスタミン成分「クロルフェニラミンマレイン酸塩」や角膜を保護する成分「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」を配合。目に栄養を補給し、新陳代謝を促進すビタミンBも配合。メントール入りでクールなさし心地です。

お子様には

 

ロートアルガードこどもクリア

抗ヒスタミン成分「クロルフェニラミンマレイン酸塩」と炎症をおさえる「グリチルリチン酸二カリウム」を配合しています。

防腐剤や血管収縮剤などが配合されておらず、お子様にもお使いいただける商品です。また、メントールも入っていないためしみにくい目薬です。

日常生活で気をつけること

コンタクトは使用しない

花粉が飛散している時期にコンタクトレンズを装着して外出すると、目とコンタクトの間に花粉が入り込み、症状がさらにひどくなる可能性があります。なるべくコンタクトレンズではなくメガネで過ごした方がよいでしょう。メガネをかけるだけで、目に入る花粉をブロックすることができます。コンタクトを使用する場合は、毎日清潔な状態を保つため、ワンデータイプのコンタクトレンズを使用するようにしましょう。

メガネ、マスク、帽子でしっかりガード

「メガネ」「マスク」「帽子」は花粉が体に付着しないようガードする役割もあります。外出時はしっかり身に付けるようにしましょう。花粉の侵入を防ぐ防護カバーが付いた花粉症用メガネなどもあります。他にもマフラーの着用や、花粉症防止用ゴーグルをするのも効果的です。

目についた花粉はしっかり洗い流す

帰宅後は、目の周辺に付着した花粉をすぐに洗い流しましょう。目に花粉がついたままでは炎症の悪化につながります。花粉はまつ毛や眉毛にも付いているので、顔全体をしっかり洗いましょう。

家に花粉を持ち込まない

外出時に衣服についた花粉を室内に持ち込まないことが大切です。帰宅時は、玄関先で衣類についた花粉を払いましょう。髪の毛にも花粉が付きますので注意。

花粉情報をチェック

テレビや新聞などの花粉情報をチェックし、花粉の飛散量が多い日の外出はできるだけ避けましょう。
気温が高めの晴れた日や風の強い日、雨の翌日でよく晴れた日などは、大量に花粉が飛ぶとされていますので、注意しましょう。