花粉症のつらい時期、目のかゆみや充血に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

今すぐ症状をおさえたい時、薬局やドラッグストアにはたくさんの種類の目薬が並んており、どれを選んでいいか迷ってしまうかもしれません。

この記事では、花粉症の目薬の種類や選び方について解説します。ミナカラの現役薬剤師がおすすめする、処方薬と同じ成分を含んだ市販薬も紹介します。

また、目薬以外の花粉症の薬については、関連記事をごらんください。

花粉症の目薬の種類

花粉症の症状をおさえる目薬の種類には、「抗ヒスタミン薬」「抗アレルギー薬」「ステロイド薬」があります。「ステロイド薬」は症状が重い場合に病院で処方される薬であり、市販はされていません。

花粉症は体内に侵入した花粉などのアレルギー物質がきっかけとなり、ヒスタミンという化学物質が脳から分泌されます。このヒスタミンがかゆみや赤みなど花粉症の症状を引き起こします。

すばやい効き目:抗ヒスタミン薬

「抗ヒスタミン薬」はヒスタミンの働きをブロックし、起こってしまったアレルギー症状をしずめます。即効性がありますが、効果はあまり長く持続しません。

かゆみや充血の予防に:抗アレルギー薬

「抗アレルギー薬」は、ヒスタミンが体内に放出されるのを防ぎます。症状の予防として花粉症の時期が来る前から使用することをおすすめします。

すでに出ている症状にも即効性はありますが、花粉飛散開始1~2週間前、または飛散初期の症状が軽い時期からの点眼をおすすめします。

なお、アトピー性皮膚炎や気管支喘息を持っている子供は、使用後の症状の変化に気を配ってご利用ください。

花粉の飛散時期など詳しい情報は、関連記事をごらんください。

花粉症に効く目薬の選び方

まずは花粉症のアレルギー症状か確認

目薬を使用する前に、そのかゆみや充血は花粉症が原因のアレルギー症状か確認してみましょう。

片方の目だけに症状がある、鼻の症状は全くない、視力に影響がある、目やにが酷く出るなどの場合、別の病気が原因となっているおそれもあります。

症状に不安がある場合は、一度眼科を受診しましょう。

コンタクトレンズのまま使用可能か確認

商品の添付文書にコンタクトレンズを装着したまま点眼可能と記載がない限り、コンタクトレンズをしたままの使用はできません。必ずご確認ください。

また、点眼時にコンタクトレンズを外した場合は、点眼後5~10分ほど時間を空けてからレンズを装着してください。

妊娠中・授乳中の場合は医師や薬剤師に確認を!

妊娠中や授乳中の使用の安全性が確立されていない成分を含む目薬もあります。商品を購入する前に医師や薬剤師に確認してください。

現役薬剤師おすすめ!花粉症に効く市販の目薬4選

目のかゆみなどの症状をすぐに抑えたい場合は「抗ヒスタミン薬」、症状を予防したい場合は「抗アレルギー薬」をおすすめします。

市販の目薬の中には、病院で処方される目薬と同じ成分を含むものがあります。医療用と同じ成分なので、高い効果が期待できます。病院で花粉症の目薬を処方されたことがある方は、同じ成分を使った市販の目薬を選択することも有効です。

なお、どの成分が自分の症状に合うかは個人差があるので、あくまで目薬を選ぶ参考にしてください。

※記載している価格は2018年3月現在のものです。市販薬の価格は、メーカー希望小売価格です。また、処方薬については、病院での診療料や調剤料が別途かかります。ご注意ください。

ロートアルガードクリアブロックEXa

抗ヒスタミン成分の目薬です。花粉症の目薬として実際によく売れています。処方薬のニフラン点眼液と同じ成分の「プラノプロフェン」を含んだ点眼薬です。

プラノプロフェンは抗炎症成分で、かゆみや充血などの炎症をともなう症状に優れた効果を発揮します。また、ダメージを受けた角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムも配合。1回1〜2滴を1日4回点眼します。

また、内服薬よりは少ないですが抗ヒスタミン成分により副作用の眠気がでる可能性があります。特に抗ヒスタミン成分が含まれている点鼻薬と併用すると副作用の眠気が強くでるおそれがあるので、使用後の車の運転はお控えください。

清涼感や効果など症状や好みに合わせて選びましょう。

  市販薬 処方薬
製品名 ロートアルガードクリアブロックEXa ニフラン点眼液
成分含有量(※) 13ml中1.265% 1ml中1mg
価格 1580円(税抜)/1本 219.5円(自己負担3割の場合約66円)/1本

(※)プラノプロフェンの配合量

アルガードクリアブロックには「プラノプロフェン」以外にも、次のような有効成分が配合されています。(ニフラン点眼薬には配合されていません。)
・ロモグリク酸ナトリウム
・クロルフェニラミンマレイン酸塩
・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

ザジテンAL点眼薬

抗ヒスタミン成分の目薬です。処方薬のザジテン点眼薬と同じ成分の「ケトチフェンフマル酸塩」を含んでいます。

ケトチフェンフマル酸塩は抗アレルギー成分で、抗アレルギー・抗ヒスタミン・抗炎症の3つの作用でアレルギー症状を抑えます。1回1〜2滴を1日4回点眼します。

ケトチフェンフマル酸塩は妊婦への安全性が確立されていないため、妊娠中の方は使用をお控えください。

また、内服薬よりは少ないですが抗ヒスタミン成分により副作用の眠気がでるおそれがあります。特に抗ヒスタミン成分が含まれている点鼻薬と併用すると副作用の眠気が強くでるおそれがあるので、使用後の車の運転はお控えください。

  市販薬 処方薬
製品名 ザジテンAL点眼薬 ザジテン点眼液
成分含有量 10ml中6.9g 5ml中3.45mg
価格 1380円(税抜)/1本 662円(自己負担3割の場合199円)/1本

ロートアルガードプレテクト

抗アレルギー成分の目薬です。処方薬のトラメス点眼液やリザベン点眼液と同じ成分の「リザベン(トラニラスト)」を同濃度含んだアレルギー専用の点眼薬です。

処方薬であるトラメラス点眼液、リザベン点眼液と同じ成分です。1回1~2滴を1日4回点眼します。

  市販薬 処方薬
製品名 ロートアルガードプレテクト トラメラス点眼液
リザベン点眼液
成分含有量 7ml中0.5% 5ml中0.5%
価格 1200円(税抜)/1本 トラメラス532円(自己負担3割の場合160円)/1本
リザベン634円(自己負担3割の場合190円)/1本

アイフリーコーワAL

抗アレルギー成分の目薬です。処方薬のゼペリン点眼液と同じ成分の「アシタザノラスト水和物」を含んだアレルギー専用の点眼薬です。

第2類医薬品のため、薬局・ドラッグストアだけでなく、インターネットでも購入できます。

1回1~2滴を1日4回点眼します。

  市販薬 処方薬
製品名 アイフリーコーワAL ゼペリン点眼薬
成分含有量 10ml中10g 5ml中5mg
価格 1480円(税抜)
/1本
745円(自己負担3割の場合224円)/1本

市販薬の医療費控除について

今回紹介した市販薬は、セルフメディケーション税制対象商品です。

セルフメディケーション税制は、2017年1月1日から導入された医療費控除制度です。

セルフメディケーション税制対象商品については、一年間に1万2,000円(扶養家族分の合算)を超えて購入し、一定の条件を満たしている場合に医療費控除が適用されますので、購入時のレシートは保管しておきましょう。

セルフメディケーション税制について、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに:長期利用時は眼科の受診を

1週間使用を継続しても症状の改善が見られない場合や、2週間以上使用を継続する場合は、一度眼科を受診しましょう。

花粉症の症状を発症させないために一番大切なことは、花粉を体内に侵入させないことです。

目に花粉が付着するのを防ぐためにも、外出時にメガネの着用を徹底しましょう。

コンタクトレンズを使用されている方は花粉が付着しやすくなるため、花粉のシーズンだけでもメガネを使用するように心がけてください。