アレグラとアレロックの違いは?効果・副作用・薬価を比較!

アレロックとアレグラは花粉症によく処方される薬です。効果や副作用の違いを比較して解説します。また処方薬と市販薬の価格の違いも解説します。

花粉症の症状に使われる薬には、病院で処方される薬や薬局やインターネットなどで購入できる市販薬など、さまざまな種類があります。

薬はそれぞれの成分の違いから、効果の出方や副作用の強さが異なります。また、体質や相性によっても効き目や副作用に個人差があります。

この記事では病院で処方される代表的な薬のアレグラとアレロックの違いを比較します!薬の効果や副作用だけでなく、同じ成分の処方薬と市販薬の値段の違いまで徹底比較します。

アレグラ・アレロックはどんな薬?

アレグラとアレロックはどちらもアレルギー症状の治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。どちらも抗ヒスタミン薬の中の第2世代抗ヒスタミン薬に分類されます。

抗ヒスタミン薬には花粉症のアレルギー症状の原因となるヒスタミンをブロックして、アレルギー症状の出現を緩和させる作用があります。花粉症のアレルギー性鼻炎だけではなく皮膚のかゆみや湿疹、じんましんにも効果を発揮します。

抗ヒスタミン薬は発売された年代によって第1世代と第2世代にわけることができ、第2世代抗ヒスタミン薬は比較的効果も高く副作用の眠気もでにくいとされています。

アレグラとアレロックの詳細についてはミナカラお薬辞典をごらんください。
アレグラ|フェキソフェナジン
アレロック|オロパタジン

アレグラとアレロックの違いは?

アレグラとアレロックは同じ第2世代抗ヒスタミン薬ですが、効果と副作用などさまざまな点で大きな違いがあります。

アレグラとアレロックの違いを比較してみましょう。

  アレグラ アレロック
効果 比較的弱い 比較的強い
副作用の眠気 少ない 多い
成分 フェキソフェナジン塩酸塩 オロパタジン塩酸塩
用法・用量 1回60mgを1日2回経口投与 1回5mgを1日2回経口投与
薬価 129.8円/1日分2錠 103円/1日分2錠

どちらも朝と就寝前の1日2回の服用で、服用の手間は変わりません。薬価で比べるとアレロックの方がやや安価になることがわかります。

最大の違いは効果と副作用!

2つの最大の違いを簡単にいうと、アレグラは効果も副作用も弱め、アレロックは効果も副作用も強めになります。

アレロックの副作用の眠気について、製薬会社の公式情報では成人で約7%、小児においては約4%が眠気を感じるという報告があります。花粉症の処方薬の中ではアレロックは副作用がでやすい部類といえるでしょう。

その分、つらい症状にも強めの効果と即効性があるため、今すぐ鼻づまりを治したい!という方に向いている薬です。

アレグラの特徴は副作用の眠気がでにくいこと。仕事で自動車の運転や危険を伴う機械の操作を行う場合はアレグラが向いているといえます。

弊社薬剤師監修のもと、花粉症の処方薬の効果と副作用の関係を比較しました。アレグラとアレロックは副作用や効果においてほぼ対局にあることがわかります。
※体質や薬との相性によって効き目や副作用の出方は異なるため、あくまで目安になります。

アレグラとアレロックの薬価を比較!

花粉症の薬は花粉シーズンが続く間の長期にわたって使用するため、薬の値段も気になるところです。

病院で処方される薬には、先発薬とジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品は先発薬と同じ成分のほぼ同じ薬ということができますが開発費用がかからない分より安価に購入することができます。また、処方薬と同じ成分を使用しながら市販薬として販売することが可能になったたスイッチOTC医薬品も近年増えてきています。

アレグラはジェネリック医薬品、スイッチOTC医薬品ともに販売されています。

アレロックにはジェネリック医薬品はありますが、残念ながら市販薬はまだ販売されていません。(2017年1月現在)

それぞれの値段を見ていきましょう。

【1日分の薬価】

  アレグラ アレロック
処方薬(先発薬) 129.8円 103円
ジェネリック医薬品 38.8円〜68.8円 26.2円〜55.2円
市販薬(スイッチOTC医薬品) 134.7円(アレグラFX) -

※アレグラFXの価格は、メーカー希望小売価格(税込)。
※処方薬とジェネリック医薬品の薬価は2016年4月から改定のもの。
※あくまで目安での計算方法になるため、実際の薬の値段と異なる場合があります。

処方薬はアレロックが安い

アレグラとアレロックでは、先発薬はアレロックの方が安価です。

ジェネリック医薬品でも最安値のものはアレロックですが、選択する薬によって値段が異なります。ジェネリック医薬品は先発薬と成分や配合量は同じですが、販売された年代やメーカーなどによって価格が異なります。

特定の価格帯のジェネリック医薬品を希望する場合は、事前に薬を購入する薬局に問い合わせることをお勧めします。

なお、処方薬には薬価のほかに初診料や診察代、調剤料などが加算されるのでご注意ください。

花粉症の薬を花粉シーズンピークの短期間だけ使用する場合は処方薬と市販薬に大きな差はないと考えることもできますが、長期間の使用で考えると処方薬がかなりの差でお得になります。

市販薬は高いが手軽に買えるメリットがある

病院にいく時間がなかなかとれない方にとっては、処方薬と同じ成分の市販薬は大変便利なものです。市販薬の中にはamazonなどのインターネットでも購入することが可能です。

【アレグラFX】

 

アレグラFXは、処方薬アレグラと同じ成分のフェキソフェナジン塩酸塩を同量配合した初めての市販薬です。1日2回朝晩の服用で効果は1日中持続します。

2016年11月1日にリスク区分が第1類医薬品から第2類医薬品へと変更されたためインターネットでの購入が可能になりました。

おわりに

アレグラとアレロックはどちらも花粉症の症状に効果的な薬ですが、効果や副作用の強さには違いがあります。

病院で処方してもらう場合には症状などをもとに医師とよく相談し、自分の体質やライフスタイルに合うものを処方してもらいましょう。

花粉症に関するお役立ち情報

ピックアップ特集