花粉症の症状といえば、鼻水・鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどがありますが、それ以外に「むくみ」の症状を訴える方も少なくありません。

ただでさえつらい花粉症の症状に加えてむくみまで出てしまうと、花粉症シーズンがさらに憂うつなものとなってしまいます。

この記事では、花粉症によるむくみの原因と対策について解説します。

花粉症によるむくみの原因

なぜ花粉症によってむくむことがあるのでしょうか。考えられるのは次のような原因です。

花粉症の薬・抗ヒスタミン薬による副作用

現在花粉症の薬の主流は、抗ヒスタミン薬と呼ばれる種類のものです。抗ヒスタミン薬には、アレルギー反応の原因となるヒスタミンを抑える作用があります。

抗ヒスタミン薬の中には、添付文書の副作用の欄に「体重増加」や「食欲増進」と記載されている薬があります。

これは、ヒスタミンには食欲をおさえエネルギー消費を促す作用があり、抗ヒスタミン薬によりヒスタミンを抑制すると、結果として食欲増進や体重増加が起こるためです。

また「浮腫」つまり「むくみ」が薬の副作用として記載されている薬もあります。

ただし、いずれの発生頻度も頻度不明もしくは0.1%以下であり、ごくまれな副作用といえます。

花粉症で処方されるステロイド薬の副作用

花粉症の症状が重い場合はステロイド薬が処方されることがありますが、ステロイドの薬の副作用にも、浮腫(むくみ)や食欲亢進がみられます。

ステロイドというと怖い薬というイメージがあり、ムーンフェイス(満月様顔貌)などの副作用を心配される方もいるかもしれません。

しかしながら、ステロイドは決められた用法・用量を守り適切に使用していれば、安全な薬です。とくに花粉症の治療では、多量のステロイドを長期に渡って摂取するということはほとんどありません。

花粉症で処方されることの多い「セレスタミン」はごく少量のステロイドと抗ヒスタミン成分が配合された薬です。

花粉に対するアレルギー反応による皮膚炎

花粉が顔や首筋など肌の露出部分につくことで、かゆみを伴い赤く腫れ上がることがあります。

とくに目の周りは皮膚が薄く、アレルギー反応が起こりやすくなっています。

アトピー性皮膚炎の方は広範囲に湿疹が広がることがあります。

また、皮膚炎を発症していなくても、花粉の影響で皮膚のバリア機能が低下してしまい、顔が赤くむくんだ状態になることもあります。

花粉症によるストレス

むくみは、リンパの流れが悪くなることが原因で起こります。

わたしたちの体中に網目のように張り巡らされているリンパは、免疫機能に関わるほか、細胞から排出された老廃物を運ぶ役割があります。

リンパの流れが悪いと余分な水分や老廃物が細胞内に溜まってしまい、顔・手・足がむくんだ状態になります。

花粉症のシーズンは、その症状に連日ストレスを感じます。また、鼻水・鼻づまりによりなかなか寝付けなかったり、眠りが浅くなることもあります。

ストレスや睡眠不足はリンパの流れを悪くする原因となるため、むくんでしまうことがあるのです。

花粉症によるむくみの解消法

花粉症によるむくみを解消する方法をいくつか紹介します。

顔や目のむくみには冷たいタオルを

花粉症の目のかゆみにより、目をこすってしまうと目が腫れ上がってしまいます。

顔のむくみには蒸しタオルを使用することがよくありますが、炎症が起こっている場合は逆効果になる場合があります。

むくみがひどいときや、かゆみがつらいときは、冷たい水でしぼったタオルを顔や目に乗せて冷やしてください。

冷やすことで炎症が鎮まり、かゆみが楽になります。

花粉から肌を守る

花粉による皮膚炎の場合は、肌に花粉を触れさせないことが大切です。

マスク、メガネ、帽子などを使用し、肌の露出部分に花粉が付着するのを防ぎましょう。

帰宅したら顔・首・髪の毛をしっかりと洗い、肌に花粉を残さないようにしましょう。ただし、洗顔のしすぎは皮膚のバリア機能を低下させるため、必要最低限にとどめましょう。

ストレスを溜めずに十分な睡眠を

過度なストレスや睡眠不足はリンパの流れを悪化させるだけでなく、自律神経を過敏にして花粉症の症状も悪化させます。

自分なりのリラックス方法で、ストレス解消することが大切です。

入浴にはリラックス効果があり、発汗して体を温めるため、むくみ対策にもおすすめです。普段シャワーで済ませている人は、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのもよいでしょう。

十分な睡眠のためには、日中に太陽の光に当たる、適度な運動をするなどが効果的です。

バランスのとれた食事を

薬の副作用で食欲が増えた場合は、食事をコントロールすることが重要です。

体の免疫力が高まると花粉症の症状が軽減するため、栄養バランスのとれた食事をとるようにしましょう。

また、むくみの解消にはカリウムが有効だといわれています。カリウムは熱に弱いため、調理の必要がなく生で食べられるバナナやリンゴの摂取もおすすめです。

使用している薬を変更する

花粉症の薬の副作用が原因のむくみの場合、薬を変更することもひとつの手段といえます。

病院で薬をもらっている場合は、医師にむくみがあることを申し出てください。市販薬を使用している人は、薬剤師に相談しましょう。

なお、花粉症に使用される漢方薬である「小青竜湯」は、むくみにも適応があります。発汗作用があり体を温めて水分代謝をよくして呼吸器の機能を改善させます。

とくに上半身に現れたむくみに効果を示すことが多いため、顔や手にむくみがあるという人は使用を検討してみるのもよいでしょう。

ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒

おわりに

今回は、花粉症によるむくみの原因と対策について解説しました。

むくみは複合的な原因で起こっていることが多いため、効果が感じられない場合は別の対策を試してみましょう。

自分に合ったむくみ解消法を見つけ、つらい花粉症シーズンを乗り切りましょう。