冬の花粉症の原因となる花粉の種類は?12月・1月・2月の花粉症

冬でも花粉症にかかる可能性があることをご存知でしょうか?冬の花粉症の原因となる花粉の種類と、症状、対策について解説します。

花粉症といえば春のイメージが強いですが、植物の花粉はさまざまな種類があり1年中飛んでいます。

冬はアレルギー症状の原因となる花粉の飛散量が、1年の中で最も少なくなりますが、花粉症の症状が全く起きないというわけではありません。

寒い季節になると空気が乾燥するため、風邪やインフルエンザが流行しますが、熱は出ないけれどもくしゃみや鼻水、咳が止まらない、という方は冬の花粉症を疑う必要があります。

この記事では冬の花粉症の原因と症状、対策について解説します。

冬の花粉症の原因は?

12月から2月にかけての冬の時期でも、北海道を除く日本各地で花粉は飛んでいます。冬に飛んでいる花粉には以下のような種類があります。

  • ハンノキ
  • スギ
  • ヒノキ
  • イネ
  • ブタクサ

夏秋の花粉が冬まで飛ぶ

おもに夏から秋にかけて飛散のピークを迎えるのがブタクサイネです。

これらの夏秋の花粉でも、飛散ピークの終わりかけで12月に花粉が飛んでいることがあります。

夏秋から続いている花粉症の症状が12月になっても収まらない場合には、油断せずに12月末まで薬を飲み続けるようにしましょう。

  ピーク時期 冬の飛散地域
ブタクサ 8月〜10月 関東
イネ 5月〜8月 東北・関東・関西・九州

春の花粉も冬から飛び始める

スギ、ハンノキ、ヒノキは3月から4月の春先にかけてピークがやってくる春の花粉症です。

春の花粉は冬から飛び始めるため、症状が出てきた方は悪化する前に薬を飲んでおくと良いでしょう。飛散量は少ないですが、冬の時期から体調の変化に注意が必要です。

また、冬の時期は症状が出ない方でも、予防のために早めに薬を飲んでおくことをおすすめします。

  ピーク時期 冬の飛散地域
スギ 2月〜4月 北海道を除く日本各地
ハンノキ 3月〜4月 日本各地
ヒノキ 3月〜4月 関東・関西

冬の花粉症は喉と咳に要注意!

冬の花粉症の症状は、代表的なスギの花粉症と同じようにくしゃみや鼻水、目のかゆみなどが現れます。

しかし、冬でも飛んでいる花粉の中でもブタクサやハンノキは、咳などの喉の症状が強く出る場合があります。

冬の花粉症は風邪と間違いやすい

冬は空気が乾燥しているため、風邪をはじめとした咳を主な症状とする病気にかかりやすくなっています。そのため、花粉が原因となっているのに、風邪と勘違いして対処を誤ってしまうと、治療が長引く可能性もあるため注意が必要です。

熱をともなわないのに咳が続く場合は、冬の花粉症を疑い、耳鼻咽喉科や呼吸器内科を受診するようにしましょう。

花粉のアレルギー症状で気道が一度腫れてしまうと、元に戻るまでに時間がかかるケースが多くあります。さらに症状を放置すると咳喘息に悪化してしまい、治療が長期にわたる可能性があります。咳の症状が長引く方は、早めに病院へ行くようにしてください。

冬にも花粉症対策を

冬の花粉症も、やはり花粉をいかに体内に取り込まないかが重要です。

外出時はマスクを着けるようにしましょう。家の中に入る際には衣類についた花粉をはらう、部屋の中はこまめに掃除する、空気清浄機を使うなど、室内に花粉を持ち込まない工夫をしてください。

また、花粉症は基本的に対症療法となります。症状が強く出る方は無理をせず、薬を飲むようにしましょう。

花粉症に関連するQA

ピックアップ特集

よく見られている症状