花粉症に使われる抗ヒスタミン剤とは

抗ヒスタミン成分は花粉症の薬に含まれ、アレルギー反応を起こすきっかけとなるヒスタミンの分泌をおさえる役割があります。効果の強さは抗ヒスタミン成分の種類によって異なります。

抗ヒスタミン剤は発売された年代などから第1世代と第2世代に分けられます。

第1世代の抗ヒスタミン剤は昔から汎用されており、鼻づまりやくしゃみ、鼻水などの原因となるヒスタミンの作用をブロックする効果があります。即効性に優れていますが、眠気や集中力低下などの副作用が起こりやすいという特徴があります。

第2世代の抗ヒスタミン剤はヒスタミンの作用をブロックするだけでなく、ヒスタミンを放出をおさえる作用もあるため症状が出る前から使用すると効果的です。第一世代に比べて即効性はありませんが、効果が緩やかに持続するという特徴があります。

処方薬で効果の強い薬

抗ヒスタミン剤の中で効果の強いものを紹介します。

(薬の強さはあくまで目安です。効果には個人差があり、処方される量によっても異なるので注意してください。)

ポララミン、セレスタミン

ポララミンとセレスタミンは、第1世代の抗ヒスタミン剤です。

即効性があり、効力も大きいとされています。

ポララミンは古くから使われている代表的な薬です。鼻水・くしゃみ・かゆみなどによく効きますが、鼻づまりにはあまり効果を発揮しません。効果も強い反面、眠気や口の渇きなどの副作用は出やすい傾向にあります。

 

セレスタミンはポララミンと同じ抗ヒスタミン成分に加えて、炎症をおさえる作用のあるステロイド成分が配合されており、他の花粉症の薬で効果を感じられない方に処方されることが多い薬です。ステロイドが配合されているため長期使用は望ましくないとされています。医師の指示にしたがって使用しましょう。

アレロック

アレロックは、第2世代の抗ヒスタミン剤です。鼻水・鼻づまりなどの鼻症状だけでなく、アレルギーからくる皮膚のかゆみ・湿疹の緩和にも使用されます。

錠剤の他にも、噛んだり飲み込んだりすることが困難な人が服用しやすいOD錠(口腔内崩壊錠)が存在します。

ジルテック、ザイザル

ジルテック、ザイザルは第2世代の抗ヒスタミン剤です。アレルギー症状全般に効果があります。

ザイザルは比較的新しい薬で、ジルテックと成分は同じですが、成分の立体構造の違いにより、ジルテックより副作用が少なく、より効果が強いとされています。

処方薬で副作用が少ない薬

花粉症の薬における主な副作用は眠気です。仕事や勉強など、集中したいときに眠気が出にくい薬が必要な場合は副作用の少ない第2世代の抗ヒスタミン剤を選択しましょう。

抗アレルギー剤の中で副作用が少ない薬を紹介します

アレグラ、クラリチン

第2世代抗ヒスタミン剤の中でも、特に眠気がでにくい、と研究報告されている処方薬がアレグラとクラリチンです。

どちらも添付文書に服用時の自動車運転等への注意の記載がありません。

運転をする方や機械の操作を行う方などに主に選択されています。

 

タリオン

タリオンは、アレグラやクラリチンに比べると眠気は出やすくなりますが、効果が大きくバランスの良い薬といえます。

タリオンは「AG(オーソライズド・ジェネリック)」という特殊なジェネリック医薬品です。一般的なジェネリック医薬品は、有効成分は一緒であっても製造方法や添加物が異なりますが、AGは、有効成分・添加物・製造方法・製造工場・効能効果の全てが先発薬と同一です。ジェネリックへの変更に抵抗がある方も先発医薬品と同じであれば安心して服用できるのではないでしょうか。

 

処方薬と同じ成分の市販薬を紹介

処方薬と市販薬の対応表

処方薬と同じ成分を配合している市販薬を紹介します。

含まれている成分の量については、薬ごとに異なるため詳しくは添付文書を確認してください。

市販薬 処方薬 成分名

コンタック鼻炎Z

ジルテック

 

セチリジン塩酸塩

ストナリニZ
ザジテンAL鼻炎カプセル ザジテン ケトチフェンフマル酸塩
アレジオン20 アレジオン エピナスチン塩酸塩
エバステルAL エバステル エバスチン
アレルビ アレグラ フェキソフェナジン塩酸塩
クラリチンEX クラリチン ロラタジン

コンタック鼻炎Z 10錠(第2類医薬品)

コンタック鼻炎Zは「セチリジン塩酸塩」という成分を配合しており、処方薬ではジルテックに該当します。くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなど鼻の症状に効果を発揮し、寝る前に1錠服用すれば、翌日の夜まで効果が持続するのが特徴。

 

ザジテンAL鼻炎カプセル 10CP(第2類医薬品)

ザジテンAL鼻炎カプセルは、「ケトチフェンフマル酸塩」という処方薬のザジテンと同じ成分を配合。飲みやすい小型のカプセルです。1日2回の服用で効果を発揮します。

 

アレジオン20 6錠 医療用とアレジオンと同成分配合 (第2類医薬品) ※セルフメディケーション税制対象

アレジオン20は「エピナスチン塩酸塩」という成分を配合。名前の通り処方薬だとアレジオンに該当します。エピナスチン塩酸塩を最大量配合しており、鼻のアレルギー症状を緩和します。1日1回の服用です。

 

エバステルAL 6錠(第2類医薬品)

エバステルALは名前の通り、処方薬のエバステルと同じ「エバスチン」という成分を配合。1日1回の服用で効果が持続します。眠くなりにくく、口の渇きが起こりにくいのが特徴。

 

アレルビは「フェキソフェナジン塩酸塩」という成分を配合。処方薬ではアレグラに該当します。1日2回の服用です。眠くなりにくいため、他の薬と違い乗り物の運転への注意書きがありません。運転が必要な方、集中力を落としたくない方におすすめです。

市販薬の選び方

とにかく早く症状を改善したい、効き目がいいものが欲しいという方は効果の強さを基準に選びましょう。

大事な仕事がある、勉強に集中したい、車を運転したい、などで眠気が起きるのが心配という方は副作用の少ない薬がおすすめ。

効果の感じ方や副作用のあらわれ方は体質などによって個人差があるので、あくまでも一つの目安としてご参考にしてください。

花粉症は処方薬・市販薬どちらを選ぶ?

市販薬を使うときの注意

市販薬は病院に行く必要がなく、手軽に使えることがメリットですが、自己判断で選ぶと効果が感じられないことがあります。効果のあらわれ方は体質や症状などにより個人差があるため、初めて花粉症の薬を使用する場合、病院を受診して医師の診察をうけ、自分にあった薬を知ることが大切です。

自分の症状にあった薬がわかれば、同じ成分の市販薬を選択することで病院に通わなくても自分で治療を続けることができます。

値段やライフスタイルで検討

花粉症の薬はシーズンを通して長期に渡り使用することになるため、大きな負担。シーズンを通して薬を使用する場合は、市販薬より処方薬の方が安価になる場合があります。

一時的な薬が必要な場合や、病院に行く時間がなかなか取れない方は、インターネットなどでも購入できる市販薬が便利です。

自分のライフスタイルに合わせて検討しましょう。

花粉症の薬の副作用は眠気以外にも

花粉症の薬に含まれる抗ヒスタミン剤の副作用は、眠気だけではありません。

口の渇き、頭痛、眠気、めまいなど、さまざまな症状が副作用として報告されています。

副作用のあらわれ方には個人差があります。服用を始めて体調に違和感がある場合は、医師に相談しましょう。

 

日常生活で注意すること

日常生活の中で花粉症の予防のためにできることはたくさんあります。体に取り込まれる花粉をいかに減らすかが花粉症対策の重要なポイントです。

自分でできる対策をしっかりしていきましょう。

メガネやマスクの着用

メガネやマスクを着用することで体内に取り込む花粉を減らすことができます。外出の際にはメガネやマスクの着用を徹底しましょう。コンタクトレンズを使用している人もシーズン中はメガネを付けるとよいでしょう。

情報収集

花粉飛散情報を集めることも対策の一つです。毎日しっかり情報をチェックして、花粉注意報がでている時は外にでることを避けるなど工夫しましょう。

在宅時の注意点

室内に入るときは衣類に付いた花粉をはらうようにしましょう。また、うがいや洗顔をして体についた花粉を落とすことも大切です。

布団や洗濯物を外に干す場合は、取り込む前に洗濯物に付いた花粉をしっかり落としてください。