女性の5人に1人は経験すると言われている膣カンジダ。 カンジダの原因となるカンジダ菌(Candida)は健康な人でも誰にでも住みついている身近な常在菌です。

膣内だけでなく、皮膚や口の中や消化管(おなかの中の内蔵)などにも存在します。 カンジダ菌自体は正常時は悪さをすることは無いのですが、疲れやストレスや体調不良による免疫力の低下など、さまざまな原因を引き金に増殖して大量に増えてしまったときに、おりものやかゆみ等の不快な症状をおこして悪さをします。 治っても繰り返す事があり、正しい知識を持って対処する事が大切です。 今回は膣カンジダ症の症状から、すぐに治療出来る市販薬と使い方を紹介いたします。

カンジダ症の症状

カンジダ症は男女問わず発症しますし、年齢や性別に関係なく免疫力が下がると口の中等でも発生し、口内炎を起こす事があります。男女別の主な症状を見ていきましょう。

女性の場合

膣の中にいるカンジダ菌が発症することを膣カンジダといいます。膣カンジダの最も代表的な症状はかゆみです。症状が進行するとかゆみが強くなり、性器が赤く腫れ、痛みを伴うこともあります。ただし、膣の中の奥にカンジダ菌が感染した場合は、かゆみの症状が出ないこともあります。

また、おりものに異常が現れる場合も多くあります。カンジダ症を発症すると、おりものが白く濁ったり、カッテージチーズのような塊状になります。ただし、カンジダ症の場合は、おりものに匂いはほとんどありません。

おりものが異臭を放っている場合は、トリコモナス膣炎など別の性病の可能性があります。気になる症状がある場合は、早めに専門医を受診しましょう。

男性の場合

男性はカンジダ菌を持っていても症状が出ないことが非常に多いですが、全く発症の可能性が無いというわけではありません。包茎の人は性器が隠れる部分の湿度が高くなりやすく、カンジダ症を発症しやすいです。

カンジダ症を発症すると、女性と同様に、亀頭部分に強いかゆみを感じ赤く腫れることもあります。さらに、亀頭に水ぶくれができたり、白いカスが出ることもあります。

男性のカンジダ症については以下の記事をご確認ください。

カンジダ症の原因

カンジダ症やその症状を聞くと女性の性病を連想される人が多いのですが、そのイメージは変えましょう!性病として認識されがちな膣カンジダですが、性行為での発症はあまり多くありません。性行為は膣カンジダ症の原因の5〜10%以下と言われています。とはいえ、「カンジダ症」を発症している可能性がある場合は、パートナーへの感染予防のためにコンドームの着用が重要です。明らかに症状が出ているときは、性行為は控えましょう。

性行為以外のカンジダ症の原因は以下があげられます。

免疫力の低下

風邪、疲れ、ストレス、寝不足などで免疫力が下がると症状が出る事があります。これは免疫力が下がることで、カンジダ菌が必要以上に増殖してしまうことがあるためです。少数ですが、再発を繰り返す場合もあります。

また、糖尿病や肥満で血糖値が高くなると、免疫力が低下し、発症しやすくなります。

抗生物質の服用

膣内には、善玉菌と悪玉菌がいて、善玉菌が悪玉菌の増殖を抑えています。抗生物質は、感染症の原因として悪さをしている菌を殺すだけでなく、善玉菌も退治する事で、抗生物質の効かないカンジダ菌が増殖する事があるためです。

ホルモンバランスの変化、ステロイド剤の服用

妊娠や、生理前後はホルモンバランスが崩れやすい時期です。結果、膣内の菌の環境が変化し、発症する事があります。

また、ホルモンに影響を与える、ピル・ステロイドの利用も一時的にカンジダを発症させることがあります。

カンジダ症の治療方法〜自然治癒する?

膣カンジダは、免疫力の低下により膣内が酸性から中性~アルカリ性に傾き、カンジダの増殖することにより起こります。軽い症状だと免疫力が回復し、膣内が酸性になると、自浄作用により自然治癒します。

ただし、痒みがひどい、おりものの匂いが強いなどの症状がある場合、自然治癒しにくい場合があるので、我慢せず、早めに治しましょう!

病院で検査と治療するには?

病院での検査は、おりものを採取して、顕微鏡や培養検査を行うことでカンジダ菌を特定して行います。その後、膣内を洗浄し、膣内にカンジダ用の薬を入れる治療を行います。外陰部のかゆみには、カンジダ用の外用剤と一緒にかゆみ止めの塗り薬が処方される事があります。

カンジダになったことがない方は病院でしっかりと診てもらって知識を得ていきましょう。

カンジダ菌は薬で撃退!

検査により、「カンジダ菌」が検出された場合、治療を受ける必要があります。「カンジダ症」の治療は、主に、抗真菌剤というカビを殺す薬を使用します。

抗真菌剤には、「膣内に挿入する膣錠」と、「外陰部に塗る塗り薬」の2種類があります。症状が出ている部位や程度に合わせて処方されます。

女性の場合は、通院して膣洗浄の治療を受けることもあります。

再発の場合は、市販薬でもOK!

性病の薬は基本的に医師の処方箋が必要となります。また、再発の方向けに「カンジダ症」に効果がある市販薬も発売されています。ただし、「カンジダ症」の市販薬を使用できるのは、過去に病院でカンジダの治療を受けたことがある人のみです。※法律で定められていますので、必ず守りましょう。

「カンジダ症」の症状はトリコモナス膣炎などの、他の性病の症状と似ているため、素人では判断が難しくなります。過去に一度も診断を受けていない場合は、自己判断せずに、必ず専門医で診断を受けましょう。

カンジダ症に効く市販薬の選び方

市販薬の【カンジダ菌を殺す成分】は「イソコナゾール」「オキシコナゾール」「クロトリマゾール」「ナイスタチン」「ミコナゾール」といったものがあります。

市販薬を購入する時は、根本治療のために【カンジダ菌を殺す成分】が含まれている薬を選択しましょう。

膣錠タイプ(膣坐薬を含む)

膣錠タイプのお薬は処方薬の成分と同じものもあります。どれも第一類医薬品に指定されているためにコンビニで購入することはできず、薬剤師がいる薬局でしか購入できません。

膣錠の使い方については以下の記事をご確認ください。

メンソレータムフレディCC膣錠

イソコナゾールを配合したお薬です。
メーカーの情報によると98%以上の方に治癒効果が認められたとの報告があります。
フレディCC膣錠(6錠)は、おりものが白く濁った状態(カッテージチーズ状・酒かす状)のときは、膣錠のみを使うのがおすすめです。

メディトリート

ミコナゾールを配合したお薬です。
フレディCCと同様、高い有効性評価が下されています。
メディトリート腟坐剤(6個入り)は、外陰に症状がなく、膣口のみの狭い範囲に症状(おりもの、かゆみ、熱感)がみられる場合に適した薬です。

フェミニーナ腟カンジダ錠

オキシコナゾールを配合したお薬です。小型で挿入しやすい形状となっています。
フェミニーナ腟カンジダ錠の妊娠中の使用について、フェミニーナ腟カンジダ錠の副作用について、それぞれ詳しくは以下の記事をご確認ください。

【エンペシドL】

なお、エンペシドクリームの腟カンジダ症への使用は避けてください。クロトリマゾールを配合したお薬で、使用してから発泡して崩壊するという点が特徴的です。エンペシドLの副作用については以下の記事をご確認ください。

詳しくは以下の記事をご確認ください。

軟膏・クリームタイプ

膣錠タイプがカンジダ菌を殺す効果を示しますが、軟膏はカンジダ菌による症状をおさえる効果を持ちます。腟カンジダのかゆみは堪え難いものと言われていますので、膣錠との併用についても医師、薬剤師に相談してみてください。

メンソレータムフレディCCクリーム

・おりものの異常に加えて外陰部にかゆみ、発赤、膨張感を感じる
・おりものは正常でも外陰部にかゆみ、発赤、膨張感を感じる

上記に当てはまる場合は、膣錠とクリームタイプの併用をおすすめします。

メディトリートクリーム

メディトリートクリーム(10g)は、OTC医薬品で初めてのクリームタイプのカンジダ再発治療薬です。

腟口部より広い範囲に症状(だたれ、発赤、かゆみ)がみられた場合や、腟に症状はなくても腟口部より広い範囲に症状がみられる場合は、腟坐剤との併用が望まれます。

インターネット通販でカンジダの再発治療薬を買うときの注意点

これらカンジダの薬は「第1類医薬品」になるため、通販で買うときには、いくつかの手続きが必要です。多くの場合は、商品を買い物かごに入れる際に質問を受けます。

[質問の例]
・使用中の医薬品の有無
・症状または使用目的
・妊娠や授乳の状況
・医薬品の副作用経験
・かかっている疾病の有無
・その他、質問の有無

これらのチェックを確認して注文をした後、各店舗の薬剤師からメールが届きます。店舗によって内容は異なりますが、注意事項の確認や薬剤師からの質問が記載されるケースが多くみられます。その内容を確認し、購入者が承諾すると、薬が発送されます。

カンジダ治療薬のチェックシート

カンジダ治療薬を薬局で購入する際、事前に各製薬会社のチェックシートを記入して行くとスムーズに購入が行えます。以下、紹介した薬剤のチェックシートです。

フレディCC膣錠チェックシート
メディトリートチェックシート
フェミニーナ腟カンジダ錠チェックシート
エンペシドLチェックシート

膣カンジダ治療薬はかゆみ止め軟膏と併用できる?できない?

カンジダの治療薬と他のかゆみ止めの軟膏の併用について、フェミニーナは「軟膏により一時的にかゆみが軽減するとカンジダ治療薬がきちんと効果を発揮しているか正しい判断ができなくなり、治癒を遅らせる可能性がある。」と言う理由から併用をすすめていません。

ただ、メディトリートクリーム(以下メディトート)、メンソレータムフレディCCクリーム(以下フレディ)は外陰部の発疹やかゆみがある場合は軟膏の併用をすすめています。

これは、フェミニーナの軟膏はジフェンヒドラミン塩酸塩やリドカイン塩酸塩などの「患部のかゆみを鎮める対症療法」であるのに対し、メディトートとフレディは膣錠に使われているものと同じ抗真菌薬が使われているからだと思われます。

フェミニーナ膣錠の成分とフェミニーナ軟膏の成分は併用しても問題ないものなので、強いかゆみで集中力が続かないなど日常生活に支障が出るようなら、軟膏を併用するなど状況に合わせて使うことは可能です。

おわりに~膣カンジダの再発を防ぐために~

膣カンジダを再発しやすい人は普段から患部を清潔に保ち、陰部がムレないようにする、栄養と睡眠をしっかり摂るなど、再発しやすい環境を作らないように工夫しましょう。

市販薬を使用しても症状の改善が見られなかったり違和感があったら、他の病気も考えられますので薬の使用を中止して専門の医療機関(婦人科)を受診して下さいね。