低用量ピルのよくある質問|飲み忘れ・避妊効果・飲み合わせ・インフルエンザ・嘔吐や下痢についての説明

低用量(超低用量)ピル・アンジュ・トリキュラー・ラベルフィーユ・マーベロン・ファボワール・シンフェーズ・ルナベル・フリウェル・ヤーズのよくある質問に対する共通の回答です。

日本で認可されている低用量(超低用量)ピル、アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズの共通の回答です。

※本記事は日本産婦人科学会のガイドライン、各製薬会社の添付文書を参考に作成されたものです。医師によって対応が異なることがございます。主治医に確認が取れる場合は主治医の指示を優先するようにしてください。

Q1.昨日のピルを飲み忘れてしまいました。どうしたらよいですか?また、避妊効果はどうなりますか?

1錠の飲み忘れに気がついた場合には、飲み忘れた錠剤をなるべく早く飲み、残りの錠剤も予定通りに服用してください。

【例:毎日夜の10時に服用していたが、水曜日に飲み忘れてしまった場合】
次の日の木曜日の夕方に気がついたら、その時点で忘れた分のピル1錠を服用してください。

その日の夜もいつも通り10時にその日の分のピル1錠を服用。

その日は合わせて2錠飲む事になってもかまいません。

避妊効果について

1回分の飲み忘れであれば、上記の対策をとれば避妊効果が落ちるようなことはまずありません。ただし、頻繁に飲み忘れがある場合は、その限りではありません。

また、シートの初めやシートの最後を飲み忘れてしまい、休薬期間(偽薬期間)が1日以上延びてしまった場合は、避妊効果が減弱してしまうおそれがあります。休薬期間中(偽薬期間中)に性行為があり不安な場合は、医師に相談しましょう。また、7錠以上連続して服用するまでコンドームを使用するか、性交渉を避けるようにしてください。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

Q2.昨日と一昨日にピルを飲み忘れてしまいました。どうしたらよいですか?また、避妊効果はどうなりますか?

2錠以上の飲み忘れに気がついた場合には、飲み忘れた錠剤のうち直近のもの1錠をなるべく早く飲み、残りの錠剤も予定通り服用してください。

また7錠以上連続して服用するまでコンドームを使用するか、性交渉を避けるようにしてください。

【例:毎日夜の10時に服用していたが、水曜日とその次の日(木曜日)に飲み忘れてしまった場合】
金曜日の夕方に2錠の飲み忘れに気がついたら、その時点で忘れた木曜日の分のピル1錠を服用してください。

水曜日の分は飲まないでください。その日の夜もいつも通り10時にその日の分のピル1錠を服用。

その日は合わせて2錠飲む事になってもかまいません。

避妊効果について

飲み忘れが2錠以上の場合は、シートのどの週に飲み忘れたかによって、どの程度避妊効果に減弱があるかには差が生まれます。まずは、7錠以上連続して服用するまでコンドームを使用するか、性交渉を避けるようにしてください。

飲み忘れの直近に性行為を行っていた場合は、医師に相談するようにしましょう。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

Q3.いつから避妊効果はありますか?

できれば、1シート飲み終わるまでお待ちください。ミナカラではピルを始めて最低でも2週間は飲み忘れなく飲んでいただくまで、コンドームなどでの避妊をおすすめしています。

ただし低用量(超低用量)ピルは100%の避妊効果を保証するものではない事を、心に留めておいてください。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

Q4.休薬期間中にも避妊効果はありますか?

休薬期間中でも飲み忘れなく飲んでいただいている場合は避妊効果があります。

ただし、次のシートの飲み始めを忘れてしまうと、避妊効果が下がってしまうおそれがあります。休薬期間明けの服用は忘れないようにしてください。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

Q5.ピルと抗菌薬や抗真菌薬の飲み合せは大丈夫ですか?

併用しても問題ない抗菌薬

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

セフェム系抗生物質
・セファクロル
・ケフラール
・L-ケフラール
・セファレキシン
・ケフレックス
・L-ケフレックス
・オラセフ
・パンスポリンT
・セフスパン
・セフィーナ
・フロモックス
・セフカペンピボキシル
・メイアクトMS
・セフジトレンピボキシル
・セフゾン
・セフジニル
・セフテム
・トミロン
・セフテラムピボキシル
・バナン
・セフポドキシムプロキセチル
など
マクロライド系抗生物質
・エリスロマイシン
・エリスロシン
・エリスロシンW
・クラリス
・クラリシッド
・クラリスロマイシン
・クラロイシン
・マインベース
・ルリッド
・ロキシスロマイシン
・ロキシマイシン
・ジスロマック
・ジスロマックSR
・アジスロマイシン
・ジョサマイシン
・ジョサマイ
・アセチルスピラマイシン
など
ニューキノロン系抗生物質
・タリビット
・オフロキサシン
・タリフロン
・フロキン
・ジェニナック
・グレースビット
・シプロキサン
・シバスタン
・シプロフロキサシン
・シプロフロキサシンUD
・オゼックス
・トスキサシン
・トスフロキサシントシル酸塩
・バクシダール
・ノルフロキサシン
・バスティーン
・スオード
・アベロックス
・クラビット
・レボフロキサシン
・バレオン
など
その他、問題のない抗生物質

・ファロム
・ホスミシン
・ホスホマイシンカルシウム
・ホスホミン
・カナマイシン
・ダラシン
・クリンダマイシン
・クリンダマイシンリン酸エステル
・リンコシン
・リンコマイシン塩酸塩
 
・リズピオン
・クロロマイセチン
・ザイボックス
・リネゾリド
・ウイントマイロン
・ドルコール
・ピペミド酸
・バクトラミン
・バクタ
・ダイフェン
など

ピルとの飲み合わせに注意が必要な抗菌薬と抗真菌薬

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

ただし、医師が診断して問題ないと判断した場合には飲み合わせる事もあるお薬です。

医師がピルを服用している事を知っていて処方された場合は、医師の指示に従ってください。

それでも服用が不安な場合や診察時にピルの服用を医師に伝えていない方は、処方医に相談するようにしましょう。くれぐれも自己判断で服用を止めないようにお願いします。

なお、病院を受診した際はピルを服用している事を必ず伝えるようにしましょう。

ペニシリン系抗生物質
・アモキシシリン
・パセトシン
・サワシリン
・アンピシリン
・ビクシリン
・オーグメンチン
・クラバモックス
・ユナシン
など
 
テトラサイクリン系抗生物質
・アクロマイシン
・レダマイシン
・ビブラマイシン
・ミナマイシ
・ミノサイクリンペリオフィール
・塩酸ミノサイクリン
・ミノサイクリン塩酸塩
など
その他、注意が必要な抗真菌薬、抗結核薬  
・ボリコナゾール
・ブイフェンド
・フルコナゾール
・ジフルカン
・リファンピシン
・リファジン
・アプテシン
など

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

Q6.ピルと鎮痛薬の飲み合せは大丈夫ですか?

成分にアセトアミノフェンを含むものは飲み合わせに注意が必要となっています。飲み合わせる事によってピルの血中濃度の上昇やアセトアミノフェンの血中濃度が低下する恐れがあります。

ただし医師が診断して問題ないと判断した場合には飲み合わせる事もあるお薬です。医師がピルを服用している事を知っていて処方された場合は、医師の指示に従ってください。

それでも服用が不安な場合や診察時にピルの服用を医師に伝えていない方は、処方医に相談するようにしましょう。くれぐれも自己判断で服用を止めないようにお願いします。

特に市販薬を使う場合には避けた方が安心でしょう。

アセトアミノフェンの含まれる医療用医薬品
・カロナール
・コカール
・アセトアミノフェン
など
アセトアミノフェンの含まれる市販薬
・タイレノール
・バファリンルナi
・バファリンルナJ
・バファリンプレミアム
・ノーシン
・ノーシン錠
・ノーシン「細粒」
・ノーシンホワイト錠
・ノーシンホワイト〈細粒〉
・ノーシンアイ頭痛薬
・ハイタミン錠
・ラックル
・ハッキリエース
など

この他にも解熱鎮痛薬や風邪薬にはアセトアミノフェンが含まれることがあるため、わからない場合は医師・薬剤師・登録販売者に相談するようにしてください。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

ただし、ヤーズは「イブプロフェン」や「ロキソプロフェン(ロキソニン)」などにも注意が必要なため、ヤーズ、ヤーズフレックスをお使いの方は担当の医師に相談してください。

ピルを使用中のときにも使える市販の風邪薬・痛み止めは、関連記事をごらんください。

Q7.ピルとサプリメントの飲み合せは大丈夫ですか?

ピルと健康食品やサプリメントとの飲み合わせは基本的には大丈夫ですが、なかには注意が必要なものもあります。

セイヨウオトギリソウ(弟切草またはセント・ジョーンズ・ワート)が含まれている食品(サプリメントや健康食品など)はピルの効果を減弱させたり、不正出血の原因になるおそれがあるとされています。セイヨウオトギリソウ含有のサプリメントなどは避けていただくことをおすすめいたします。

なおセイヨウオトギリソウの含まれる化粧水など外用に使うものでしたら問題ありません。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

ほかにも注意の必要なサプリメントがいくつかあります。

ピルとサプリメントの飲み合わせについて詳しい情報は、関連記事をごらんください。

Q8.インフルエンザの予防接種をしても大丈夫ですか?

ピルを飲んでいる方がインフルエンザの予防接種を受けていただいても何も問題はありません。

インフルエンザの予防接種が原因で効果が薄くなったり、不正出血が起きることはありません。

ただし、医師にはピルを使用していることを伝えるようにしましょう。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

Q9.インフルエンザの治療薬を飲んでも大丈夫ですか?

2017年10月現在、インフルエンザに使われている薬、タミフル、イナビル、リレンザは問題なくお使いできます。

インフルエンザで処方されるお薬は、インフルエンザの治療薬だけとは限りませんので、受診の際にはピルを使っていることを必ず医師に伝えましょう。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

Q10.不正出血が続いています。どうしたらよいですか?

ピルを飲み始めて日が浅い場合には不正出血が起こりやすくなります。飲み始めの出血はホルモンが安定するに従い徐々に減ってくるはずです。出血が少量でしたら1シートが終わるまでは様子を見てください。

それでも続いている場合や、出血量が通常の生理より明らかに多い場合は医師にご相談ください。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

Q11.ピルを飲んでから吐いてしまいました。どうしたらよいですか?

服用後2時間以内に吐いてしまった場合は、速やかに再度ピルを服用してください。

24時間以上続く嘔吐がある場合は、1度ピルの服用を中止してください。この場合は飲み忘れ扱いとして、回復後の対処はQ1もしくはQ2の方法にしたがって服用してください。

また、低用量ピルによる吐き気は、初めて飲む方にあらわれやすい症状です。特に1シート目によく現れます。

体が慣れてくるに従い治まってくることが多く、個人差がありますが、1か月〜2か月ほどで吐き気は無くなると思われます。

ただし、吐き気があまりにひどい場合は医師に相談しましょう。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

Q12.ピルを飲んでから下痢になりました。どうしたらよいですか?

服用後2時間以内に下痢をした場合は、速やかに再度ピルを服用してください。

24時間以上続く重度の下痢がある場合は、1度ピルの服用を中止してください。この場合は飲み忘れ扱いとして、回復後の対処は、Q1もしくはQ2の方法にしたがって服用してください。

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

Q13.ピルと花粉症(アレルギー性鼻炎)の薬を一緒に飲んでも大丈夫ですか?

抗アレルギー薬の中には「副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)」が含まれる飲み薬もあり、低用量ピル(超低用量ピル)と一緒に使うとステロイドの代謝が阻害され、ステロイドの作用が増強するおそれがあります。

医師の判断によっては使い合わせることもあるため、使い合わせは医師に確認した方が良いでしょう。

なお、ステロイドの薬でも点鼻薬や目薬であればピルと使い合わせても問題ないと考えられます。

そのほか花粉症の薬との飲み合わせについて詳しくは、関連記事をごらんください。

注意|医師に確認した方が良い抗アレルギー薬

  注意が必要な代表的な花粉症薬
処方薬 ・セレスターナ配合錠
・セレスタミン配合錠
など
市販薬 ※2018年2月現在、市販薬にステロイドの飲み薬はありません。

 

使用できる抗アレルギー薬

  使用できる花粉症薬
処方薬 ・アレジオン
・ザイザル
・ジルテック
・アレロック
・タリオン
・クラリチン
・ポララミン
・ジルテック
​・エバステル
など
市販薬

【内服薬】
・アレグラFX
・アレジオン10
・クラリチンEX
​・コンタック鼻炎Z
・ストナリニZ
・コルゲンコーワ 鼻炎フィルムクール
・コルゲンコーワ鼻炎ジェルカプセル
・鼻炎薬A クニヒロ
・パブロン鼻炎カプセルSα
・ロートアルガード鼻炎内服薬ZII
・アネトンアルメディ鼻炎錠
など

【目薬】
・ロートアルガード
・マイティアアイテクトアルピタット
・ザジテンAL点眼薬
・サンテアルフリー新目薬
​・アイリスAGガード
など

【点鼻薬】
・ナザール「スプレー」
・ザジテンAL鼻炎スプレーα
・エージーノーズ アレルカット
・アルガード鼻炎クールスプレーa
・ロートアルガードST鼻炎スプレー
・パブロン点鼻
・ベンザ鼻炎スプレー
など

※アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、フリウェル、ヤーズに共通の回答です。

 

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA

ピックアップ特集