タイレノールはアセトアミノフェン配合の解熱鎮痛剤

タイレノールは、アセトアミノフェンを成分とした薬で、主に脳の中枢神経に作用して熱や痛みをおさえる薬です。イブプロフェンやロキソニンなどのNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれる薬のグループに比べ、効果が比較的弱い代わりに、副作用等のリスクが少ない優しい薬になっています。

タイレノールA

カロナールと同成分配合の市販薬

アセトアミノフェン単剤の処方薬にカロナールがあります。市販薬であるタイレノールAにはアセトアミノフェンが1錠あたり300mg配合されており、処方薬のカロナール錠300と同等の薬といえます。

子供や妊婦はタイレノールを飲めるか?

服用回数 服用できる年齢 妊婦の服用 授乳中の服用

1回1錠を1日3回

15歳以上から服用可

アセトアミノフェンは赤ちゃんでも服用できる成分ですが、医師の服薬指導が無い市販薬という側面から、タイレノールが服用できる年齢は15歳以上となっています。15歳未満でアセトアミノフェン配合の解熱鎮痛薬を使用したい場合は、以下で紹介する子供用の市販薬を購入しましょう。

また、アセトアミノフェンは妊娠中でも飲める成分ではありますが、妊娠・授乳中の方がタイレノールを服用する場合は医師、薬剤師または登録販売者に相談するようにしましょう。

タイレノールと同じ成分を含む市販薬

タイレノールは主成分がアセトアミノフェンのみの単剤となっており、NSAIDsなどの他成分が含まれていません。タイレノールや処方薬のカロナールと同様に、アセトアミノフェンが単一成分となっている市販薬をお求めの方はこちらの薬がおすすめです。

 

ラックル 12錠(第2類医薬品)

有効成分 特徴
アセトアミノフェン 水に触れるとすぐに溶ける

ラックルは1錠中にアセトアミノフェンを300mg配合しています。

ラックルは水にすぐ溶けるタイプの速溶錠です。口の中で噛み砕くか、軽く口の中で溶かしてから水と一緒に服用してください。

本商品のパッケージには「腰痛 神経痛に早く効く」といった効能が記載されていますが、腰痛や神経痛のみならず、発熱や頭痛等の風邪症状にもお使いいただけます。

処方薬と同等の成分や効果を期待する方におすすめです。

子供も飲めるアセトアミノフェン市販薬

タイレノールは15歳未満の服用が禁止されていますが、アセトアミノフェン単一成分の小児用市販薬が販売されています。15歳未満でアセトアミノフェン単剤の市販薬をお求めの方はこちらの薬がおすすめです。

 

有効成分 特徴
アセトアミノフェン

・水なしで飲める

・大人も使用可能

7歳から服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが100mg含まれています。

水なしで飲めるチュアブル錠で、フルーツ味のため飲みやすく、小・中・高校生の発熱や頭痛、生理痛にも適しています。

一般的な子供用の解熱鎮痛剤よりもアセトアミノフェンの配合量が多く、大人の方でも服用できる薬になっています。

 

ラックルのような大人用のアセトアミノフェン単剤の市販薬は現在需要が多く、品薄となっています。バファリンルナJは子供用の薬ではありますが、服用量を増やすことによって大人の方でも使用できます。大人用のアセトアミノフェン単剤が手に入らない場合は、バファリンルナJで代用が可能です。

 

 

小児用バファリンC2 16錠(第2類医薬品)

有効成分 特徴
アセトアミノフェン

・小粒の錠剤なので飲みやすい

・フルーツ味

3歳から服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが33mg含まれています。

有効成分がアセトアミノフェンのみで、眠くなりにくい薬です。苦味のないフルーツ味の小粒で、子どもでも服用しやすくなっています。

※含量が少ないため15才以上の方はご利用できません。

 

小さなお子様や妊娠中・授乳中の方は、ご自身の体調などによって、服用の際に注意すべき成分が薬に入っている可能性があります。購入の際に薬剤師に相談するのが安心ですが、今回ご紹介した商品の購入先「ミナカラ薬局」では、薬の購入時・購入後に電話やメール、LINEチャットで薬剤師に相談することが可能です。ぜひ活用してください。

タイレノールと同じ成分の市販薬を購入する時の注意点

タイレノールの主成分であるアセトアミノフェンが含まれる市販薬を購入する際は以下の点に注意しましょう。

アセトアミノフェン以外の成分に注意

アセトアミノフェンが含まれる市販薬の中には、NSAIDsが含まれる複合剤が存在します。副作用のリスクを考えてNSAIDsを避けたい方は、アセトアミノフェン以外の成分も必ず確認するようにしましょう。

服用量に注意

アセトアミノフェンは比較的副作用の少ない薬ですが、服用量を誤ると肝臓機能の障害が起こる危険性があります。効果がなかなか出ないからといって、用法用量を守らず多量に服用しないよう注意してください。