アセトアミノフェン配合の解熱鎮痛剤の特徴

アセトアミノフェンは痛みをやわらげたり熱を下げる薬で、風邪や生理痛、頭痛といった日常的な痛み止めや解熱など、幅広い用途で使用されています。

アセトアミノフェンとNSAIDsの違い

一般的に「痛み止め」として処方・販売されている薬の多くは「NSAIDs(エヌセイズ/エヌセッズ)」という非ステロイド性の抗炎症薬に分類され、解熱や鎮痛、抗炎症作用を発揮します。

ロキソプロフェン・イブプロフェン・エテンザミドなどはNSAIDsに分類される薬です。

対してアセトアミノフェンは、解熱・鎮痛作用がありますが抗炎症作用はほとんどなく、NSAIDsには分類されていません。

アセトアミノフェンはNSAIDs服用の際に起こりうる胃腸障害や腎障害、NSAIDsに対する過敏症(喘息や蕁麻疹など)の副作用が少ない解熱鎮痛剤として知られています。

アセトアミノフェン配合の市販薬に含まれる成分

アセトアミノフェン配合の市販薬には、主成分がアセトアミノフェンのみの単剤と、他成分も配合されている配合剤があります。

よく含まれている成分

成分 特徴
アセトアミノフェン

・解熱、鎮痛作用あり

・抗炎症作用はない

・副作用が比較的少ない

NSAIDs

・解熱や鎮痛、抗炎症作用が強い

・副作用が比較的強い

カフェイン

・眠気の防止
・解熱鎮痛の増強補助

アリルイソプロピルアセチル尿素

・鎮静成分のひとつ

・眠気がでる可能性がある

アセトアミノフェンの市販解熱鎮痛薬には上記の成分がよく含まれています。

強い効果を求める方はアセトアミノフェンと一緒にNSAIDsも配合されている薬がおすすめですが、効果よりも副作用のリスクを避けたい方はアセトアミノフェンのみが配合されている単剤を購入した方が良いでしょう。

また、薬を飲んで眠くなるのが困る方はカフェインが配合されている薬を、逆に眠って治したい方はアリルイソプロピルアセチル尿素が配合された薬がおすすめです。

アセトアミノフェン配合の市販薬

アセトアミノフェン単剤の市販薬

効果の強さよりも副作用の少なさを重視したい方は、主成分がアセトアミノフェンのみの解熱鎮痛剤がおすすめです。

 

有効成分 特徴
アセトアミノフェン

・空腹時も服用可能

タイレノールAは15才から服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが300mg含まれています。

胃を守るプロスタグランジンという成分にほとんど影響を与えないため、空腹時でも飲むことができる解熱鎮痛剤です。

 

 

ラックル 12錠(第2類医薬品)

有効成分 特徴
アセトアミノフェン 水に触れるとすぐに溶ける

ラックルは1錠中にアセトアミノフェンを300mg配合しています。

水にすぐ溶けるタイプの速溶錠です。口の中で噛み砕くか、軽く口の中で溶かしてから水と一緒に服用してください。

本商品のパッケージには「腰痛 神経痛に早く効く」といった効能が記載されていますが、腰痛や神経痛のみならず、発熱や頭痛等の風邪症状にもお使いいただけます。

 

 

有効成分 特徴
アセトアミノフェン

・水なしで飲める

・大人も使用可能

7歳から服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが100mg含まれています。

水なしで飲めるチュアブル錠で、フルーツ味のため飲みやすく、小・中・高校生の発熱や頭痛、生理痛にも適しています。

一般的な子供用の解熱鎮痛剤よりもアセトアミノフェンの配合量が多く、大人の方でも服用できる薬になっています。

 

タイレノールやラックルのような大人用のアセトアミノフェン単剤の市販薬は現在需要が多く、品薄となっています。バファリンルナJは子供用の薬ではありますが、服用量を増やすことによって大人の方でも使用できます。大人用のアセトアミノフェン単剤が手に入らない場合は、バファリンルナJで代用が可能です。

アセトアミノフェン+NSAIDs

解熱鎮痛剤の中にはアセトアミノフェンとNSAIDsの両方を配合した商品もあります。

アセトアミノフェンだけでは効果が得られなかった方も、NSAIDsを同時に使用することで痛みや熱がおさまる可能性があります。ただし、アセトアミノフェンに比べ副作用が現れやすい成分なので注意してご使用ください。

 

ノーシンアイ頭痛薬

有効成分 特徴

アセトアミノフェン

イブプロフェン

2つの鎮痛成分配合

ノーシンアイ頭痛薬は2つの鎮痛成分アセトアミノフェンとイブプロフェン(NSAIDs)を配合。「痛みのもと」と「痛みの伝達」、2つのポイントに作用することで、単剤では治らなかった痛みにもアプローチします。

また、頭痛のみならず、熱をおさえる効果もあるので、熱がおさまりにくい場合の使用をおすすめします。

眠くなる成分やカフェインが含まれていないため、仕事や家事などで休めない時も使いやすい商品です。

 

小さなお子様や妊娠中・授乳中の方は、ご自身の体調などによっては服用の際に注意すべき成分が薬に入っている可能性があります。購入の際に薬剤師に相談するのが安心ですが、今回ご紹介した商品の購入先「ミナカラ薬局」では、薬の購入時・購入後に電話やメール、LINEチャットで薬剤師に相談することが可能です。ぜひ活用してください。

購入・服用時に注意すべきこと

アセトアミノフェンの市販薬には、配合剤の場合、いろいろな成分が含まれています。以下の方は配合剤に服用できない成分が含まれている危険性があるため注意してください。

  アセトアミノフェン NSAIDs(イブプロフェンの場合) カフェイン
15歳未満

×
妊娠(前期)

妊娠(後期) ×

授乳中 ×
アスピリン喘息 ×
インフルエンザ
胃腸が弱い方

●15歳未満の子供

15歳未満の方はNSAIDsが含まれる薬は基本的に服用できません。アセトアミノフェン単剤の薬の場合でも必ず小児用の薬を購入してください。また、カフェインは興奮作用があることから小さなお子様の睡眠を妨害してしまうおそれもあるため、できるだけカフェインが含まれない市販薬を選びましょう。

 

●妊娠中、または妊娠している可能性のある方・授乳中の方

妊娠中の方が解熱鎮痛剤を使用する場合、基本的にアセトアミノフェンのみが配合されている市販薬が第一選択薬となります。
ただし、妊娠後期では薬の成分が胎児に影響を与えるおそれもあるため、体調面や服用するにあたっての不安がある方は医師や薬剤師、登録販売者にご相談ください。

また、カフェインも過剰に摂取することで胎児の健康に悪影響となるおそれがあるため控えましょう。

 

●授乳中の方

授乳中の方はアセトアミノフェンやイブプロフェンを服用できます。ただし、NSAIDsに分類されるアスピリンは乳児に悪い影響を与える危険性があるため服用できません。薬を選ぶ際は注意してください。

また、カフェインは母乳に移行してしまうため、カフェインが配合されている薬は避けてください。
あるいは、使用する場合授乳を控えましょう。

 

●アスピリン喘息をお持ちの方

アスピリン喘息を患っている方はNSAIDsを服用することで喘息症状が誘発されるおそれがあります。そのため、NSAIDsが含まれている薬は避けた方が安全でしょう。

 

●インフルエンザ罹患中の方

インフルエンザに罹患中の方はNSAIDsがインフルエンザ脳症を誘発する危険性があるため、基本的にはアセトアミノフェンが第一選択薬となります。場合によってはNSAIDsを使用するケースもありますが、使用する場合は医師や薬剤師、登録販売者に相談する必要があります。まずはアセトアミノフェンの単剤を使用し、効果が現れない場合は医師に相談しましょう。

 

●胃腸が弱い方

NSAIDsやカフェインは胃腸障害をおこすおそれがあります。服用して胃腸の調子が悪くなった経験がある方はNSAIDsやカフェインが含まれている薬は避けた方が良いでしょう。

用法用量を守りましょう

アセトアミノフェンは比較的副作用の少ない薬ですが、服用量を誤ると肝臓機能の障害が起こる危険性があります。効果がなかなか出ないからといって、用法用量を守らず多量に服用するのはやめましょう。