アセトアミノフェンは子供や妊婦さんも飲める?

アセトアミノフェンは痛みをやわらげたり熱を下げる薬で、風邪や生理痛や頭痛といった日常的な痛み止めに始まり、さまざまな病気の解熱など、幅広く使用されています。イブプロフェンやロキソニンなどのNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれる薬のグループに比べ、効果が弱い代わりに、副作用等のリスクが比較的少ない薬になっています。

子供の風邪薬はアセトアミノフェンを

子供の風邪薬として選択されることが多いのがアセトアミノフェン配合の薬です。

イブプロフェンやロキソニンなどのNSAIDs配合の風邪薬は、子供への副作用リスクが高いため、風邪薬を購入する際はNSAIDsではなく、アセトアミノフェンの薬を購入しましょう。また、15才未満の方は必ず小児用の薬を購入しましょう。

妊娠中不安な場合は医師・薬剤師に確認を

妊娠中の方が市販の風邪薬を使用する場合、基本的にアセトアミノフェンが配合されている市販薬が第一選択薬となります。ただし、体調面や服用するにあたっての不安がある方は医師や薬剤師、登録販売者にご相談ください。

子供・妊娠中・授乳中の方が避けるべき成分

アセトアミノフェン配合の風邪薬には、主成分がアセトアミノフェンのみの単剤と、他成分も配合されている配合剤があります。中には子供や妊婦、授乳中の方が避けるべき成分もあるため、購入の際は注意しましょう。

  15歳未満 妊娠前期 妊娠後期

授乳中

アセトアミノフェン

NSAIDs(イブプロフェンの場合)

×

×
カフェイン

×

ジヒドロコデインリン酸塩

×(12歳未満はNG)

●15歳未満の子供

15歳未満の方はNSAIDsが含まれる薬は基本的に服用できません。アセトアミノフェン単剤の薬の場合でも必ず小児用の薬を購入してください。また、カフェインは興奮作用があることから小さなお子様の睡眠を妨害してしまうおそれもあるため、できるだけカフェインが含まれない市販薬を選びましょう。

またジヒドロコデインリン酸塩は、12際未満の方が服用すると呼吸抑制などの危険性があるため必ず避けてください。

 

●妊娠中、または妊娠している可能性のある方・授乳中の方

妊娠中の方が風邪薬を使用する場合、基本的にアセトアミノフェンが配合されている市販薬が第一選択薬となります。
ただし、妊娠後期では薬の成分が胎児に影響を与えるおそれもあるため、体調面や服用するにあたっての不安がある方は医師や薬剤師、登録販売者にご相談ください。

また、カフェインも過剰に摂取することで胎児の健康に悪影響となるおそれがあるため控えましょう。

 

●授乳中の方

授乳中の方はアセトアミノフェンやイブプロフェンを服用できます。ただし、NSAIDsに分類されるアスピリンは乳児に悪い影響を与える危険性があるため服用できません。薬を選ぶ際は注意してください。

また、カフェインは母乳に移行してしまうため、カフェインが配合されている薬は避けてください。あるいは、使用する場合授乳を控えましょう。

子供や妊娠・授乳中でも飲めるアセトアミノフェン市販薬

子供でも飲めるアセトアミノフェン市販薬

15歳未満の方はNSAIDsが含まれる薬は基本的に服用できません。アセトアミノフェン単剤の薬を使用する際も小児用の薬を選択してください。

 

小児用バファリンC2 16錠(第2類医薬品)

有効成分 特徴
アセトアミノフェン

・3歳から服用可能

・小粒の錠剤なので飲みやすい

・フルーツ味

3歳から服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが33mg含まれています。

有効成分がアセトアミノフェンのみで、熱・痛みに対応。苦味のないフルーツ味の小粒で、子どもでも服用しやすくなっています。

 

有効成分 特徴
アセトアミノフェン

・7歳から服用可能

・水なしで飲める

・大人も使用可能

7歳から服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが100mg含まれています。

水なしで飲めるチュアブル錠で、フルーツ味のため飲みやすく、小・中・高校生の発熱や頭痛、生理痛にも適しています。

一般的な子供用の薬よりもアセトアミノフェンの配合量が多く、大人の方でも服用できる薬になっています。

 

パブロンキッズかぜ錠 40錠

有効成分 特徴

アセトアミノフェン

グアイフェネシン

チペピジンヒベンズ酸塩

クロルフェニラミンマレイン酸塩

・5歳から服用可能

・水なしで飲める

・風邪の諸症状に効く

パブロンキッズ風邪錠はアセトアミノフェンだけでなく、咳止めのチペピジンヒベンズ酸塩、痰を出しやすくするグアイフェネシン、鼻水をおさえるクロルフェニラミンマレイン酸塩が配合されているため、お子様の風邪症状全般的にご利用いただけます。

カフェインのような興奮作用のある成分は含まれていないので睡眠の邪魔をせず、使いやすい薬です。

 

妊娠中でも飲みやすいアセトアミノフェン市販薬

妊娠中の方で熱や痛みがある場合は、基本的にアセトアミノフェンのみが配合されている市販薬が第一選択薬となります。アセトアミノフェン単一成分の市販薬を紹介します。

 

有効成分 特徴
アセトアミノフェン

・空腹時も服用可能

タイレノールAは1錠中にアセトアミノフェンが300mg含まれています。

胃を守るプロスタグランジンという成分にほとんど影響を与えないため、空腹時でも飲むことができる薬です。

 

タイレノールのような大人用のアセトアミノフェン単剤の市販薬は現在需要が多く、品薄となっています。上記で紹介しているバファリンルナJは子供用の薬ではありますが、服用量を増やすことによって大人の方でも使用できます。大人用のアセトアミノフェン単剤が手に入らない場合は、バファリンルナJで代用が可能です。

授乳中でも飲めるアセトアミノフェン市販薬

授乳中の方はアセトアミノフェンやイブプロフェンを服用することはできますが、アスピリン・カフェインが配合されている薬は避けましょう。授乳中の方でも服用できるアセトアミノフェン配合の市販薬を紹介します。

 

ノーシンアイ頭痛薬

有効成分 特徴

イブプロフェン

アセトアミノフェン

・アセトアミノフェンとNSAIDs(イブプロフェン)を配合

・眠くなる成分やカフェイン無配合

ノーシンアイはアセトアミノフェンに加え、NSAIDsであるイブプロフェンを配合した薬です。眠くなる成分やカフェインなどは含まれていないため、授乳中の方でも使用しやすい薬となっています。

 

パブロン50錠 48錠

有効成分 特徴

アセトアミノフェン

グアヤコールスルホン酸カリウム

麦門冬湯乾燥エキス

・生薬エキス配合

・風邪の諸症状に効く

パブロン50はアセトアミノフェン以外にも生薬成分からなる麦門冬湯乾燥エキスを配合。痰を出しやすくするグアヤコールスルホン酸カリウムとともに、のどの症状をやわらげます。授乳中には適さないカフェインも含まれていないので使用しやすい風邪薬です。

 

小さなお子様や妊娠中・授乳中の方は、ご自身の体調などによっては服用の際に注意すべき成分が薬に入っている可能性があります。購入の際に薬剤師に相談するのが安心ですが、今回ご紹介した商品の購入先「ミナカラ薬局」では、薬の購入時・購入後に電話やメール、LINEチャットで薬剤師に相談することが可能です。ぜひ活用してください。

購入・服用時に注意すべきこと

アセトアミノフェンが含まれる市販薬を購入する際は以下の点に注意しましょう。

同じブランドでも配合されている成分は違う

アセトアミノフェンが含まれる市販薬の中には、NSAIDsやその他補助成分が含まれている配合剤が存在します。同じブランドでも商品が違えば配合されている成分が違うため、必ず商品ごとに何の成分が入っているかチェックするようにしましょう。

服用量に注意

アセトアミノフェンは比較的副作用の少ない薬ですが、服用量を誤ると肝臓機能の障害が起こる危険性があります。効果がなかなか出ないからといって、用法用量を守らず多量に服用するのはやめましょう。