軟膏タイプの水虫市販薬の特徴

市販の水虫薬には軟膏タイプやクリームタイプ、液体タイプなど、さまざまな剤形の薬があります。軟膏タイプは保湿や皮膚の保護に特化しているタイプの薬です。

軟膏タイプの水虫薬に適した症状

メリット デメリット 適した症状

・患部を保護したり保湿する効果が高い

・クリームや液体に比べて刺激が少ない

・べとつく

・水疱タイプ

・ジュクジュクタイプ

・ひび割れ

軟膏タイプの水虫薬は、塗布した場所にとどまる性質が強いため、患部を保護したり、保湿する効果が高いです。クリームや液体タイプに比べて皮膚への刺激が少ないため、水疱のある水虫や、水疱が破れてジュクジュクした状態になっている水虫におすすめです。また、保湿効果も高いため、水虫で皮膚が乾燥し、ひび割れを起こしている部位への使用も適しています。

使用感が若干べとつくため、気になる方はクリームタイプをおすすめしますが、軟膏タイプに比べると刺激が出る場合があるため、強い炎症がある部位や傷口にはあまりおすすめできません。

市販の水虫薬に含まれる成分と効果

同じ軟膏タイプの水虫薬でも、商品によって含まれる成分は異なります。ご自身の症状に合わせて適した薬を選びましょう。

抗真菌成分

水虫の治療薬には、水虫の原因となる白癬菌に効果のある「抗真菌成分」が必ず配合されています。市販薬に含まれる抗真菌成分と、同じ成分を配合する処方薬をまとめました。

抗真菌成分 同成分の処方薬

ラノコナゾール

アスタット

ブテナフィン塩酸塩

メンタックス

テルビナフィン塩酸塩

テビナシール

アモロルフィン塩酸塩

ペキロン

これらの抗真菌成分は、高い殺菌力と浸透性をもち、人の肌への刺激も少ないため、現在では主流となっています。水虫で処方薬を使用していたことがある方は、同じ成分の市販薬を選ぶのもよいでしょう。

補助成分

市販されている水虫薬には、抗真菌成分の他にもさまざまな成分が配合されています。

かゆみをおさえる成分

 

抗ヒスタミン成分

クロルフェニラミン塩酸塩

ジフェンヒドラミン塩酸塩

局所麻酔成分

ジブカイン塩酸塩

リドカイン

鎮痒成分

クロタミトン

殺菌消毒成分

 

イソプロピルメチルフェノール

ベンザルコニウム塩化物

抗炎症成分

 

グリチルレチン酸類

水虫にかゆみ症状がある場合は抗ヒスタミン成分や局所麻酔成分、鎮痒成分が配合されている薬を、炎症が起きている場合は抗炎症成分が配合されている薬を選びましょう。

また、水虫のにおいが気になる方は殺菌消毒成分が配合されている薬を選びましょう。においの原因となる雑菌を消毒する効果があります。

おすすめの水虫市販薬:軟膏タイプ

おすすめの軟膏タイプの水虫市販薬をご紹介します。それぞれ配合されている成分が異なるため、自分の症状に照らし合わせて薬を選択しましょう。

 

抗真菌成分 その他成分 メリット

ラノコナゾール

・イソプロピルメチルフェノール

・グリチルレチン酸

・においに効く
・炎症、ただれに効く

・症状が進行している場合におすすめ

ピロエースZ軟膏は1日1回塗るだけの、軟膏タイプの水虫薬です。雑菌の繁殖をおさえるイソプロピルメチルフェノールを配合。においの原因をブロックします。

 

抗真菌成分 その他成分 メリット

トルナフタート

・グリチルレチン酸

・リドカイン

・ジフェンヒドラミン塩酸塩

・イソプロピルメチルフェノール

・酸化亜鉛

・l-メントール

・強いかゆみに効く
・炎症、ただれに効く

・症状が進行している場合におすすめ

・清涼感ある使い心地

アスターG軟膏は抗真菌成分としてトルナフタートを配合。2種のかゆみ止めや殺菌成分に加え、酸化亜鉛、グリチルレチン酸といった2種の抗炎症成分があらゆる水虫の症状に対応しています。また、l-メントールにより塗るとスーッとするため、清涼感ある使い心地をお求めの方におすすめです。

 

ピロエースW 軟膏

抗真菌成分 その他成分 メリット

ピロールニトリン

クロトリマゾール

クロタミトン

2種の抗真菌成分で原因菌にダブルで効く

ピロエースW軟膏は2種の抗真菌成分ピロールニトリン、クロトリマゾールが配合されています。

軟膏タイプは患部を保護する役割もあるため、カサカサして乾燥が進行し、ひび割れが起きてしまっている部位に特におすすめです。(痛みがともなう場合は早めに病院を受診してください。)

軟膏のべとつきが気になる場合は

軟膏タイプの水虫薬は患部の保護や保湿の効果が高いことがメリットですが、使用感が若干べとつくというデメリットもあります。ベトつきが気になる方はクリームタイプの水虫薬がおすすめです。ただし軟膏タイプよりも若干刺激が強いため、水疱が破れていたり、炎症が強い水虫に使用する際は注意が必要です。

 

【2020年新発売】 ハイミズムシール

抗真菌成分 その他成分 メリット

テルビナフィン塩酸塩

・グリチルレチン酸

・イソプロピルメチルフェノール

・ジフェンヒドラミン塩酸塩

・かゆみ、においに効く
・炎症に効く

・日本初!購入後に薬剤師に相談できるシステム

ハイミズムシールは薬剤師によって開発されたクリームタイプの水虫薬です。

抗真菌成分であるテルビナフィン塩酸塩、炎症をおさえるグリチルレチン酸を配合しています。

雑菌の繁殖を抑制するための殺菌成分であるイソプロピルメチルフェノールやかゆみ止め成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩も含まれるため、におい・かゆみどちらもお悩みの場合にも対応しています。

5gと10gの2つの規格があり、試し使いにも便利です。

また、商品に添付してあるQRコードを読み取ることで無料で薬剤師へ相談ができるため、「症状がおさまらなくて心配」「使い方は合ってる?」などのお悩みにも安心してご使用いただけます。

※当社調べ

水虫市販薬の正しい塗り方

水虫の市販薬を使用する際は、以下の点に注意してください。

足全体に薬を塗る

白癬菌は症状の出ていない部位にも潜んでいるため、薬は広範囲に塗るようにしましょう。

症状が出ている部位がかかとのみだったとしても、足全体(足裏、足の側面、指の背面、アキレス腱の周囲全て)に薬を塗るようにしてください。

症状が片足のみでも両足に薬を塗る

また、症状が出ているのが片足のみだったとしても、両足に薬を塗るようしてください。白癬菌が寄生している足で踏んだ床をもう一方の足で踏むので、症状が出ていなくても両足に白癬菌は潜んでいます。

入浴後に薬を塗る

水虫の薬を使うタイミングはお風呂上がりがおすすめです。患部が清潔であり、皮膚がふやけて薬が浸透しやすいためです。同じ時間に塗る習慣をつけておけば塗り忘れを防ぐことができます。

病院の受診が必要なケース

水虫は市販薬で治療ができる病気ですが、病院の受診が必要なケースもあります。

水虫が原因と断定できない場合

市販薬での治療は可能ですが、万が一原因が白癬菌ではなかった場合、水虫薬を使用しても意味がありません。間違った薬を使用することで症状が悪化する危険性もあるため、初めて水虫と疑わしい症状が出た場合は、まずは病院で検査を受けましょう。2回目以降の発症や、原因が水虫と断定できている場合は、市販薬を使用しても問題ありません。

爪白癬は市販薬で治療できない

足の水虫が進行すると、爪に白癬菌が感染して爪白癬を発症する場合があります。爪白癬は市販薬での治療が難しいため、病院を受診する必要があります。爪が白っぽくなるなどの変化が見られる場合は、必ず病院へいきましょう。

また、爪白癬ではなくても水虫症状が重い場合は、塗り薬ではなく飲み薬での治療が必要となるケースもあります。市販薬を使用して1ヶ月程度経っても症状が良くならない場合は、病院を受診するようにしましょう。