顔の虫刺されはどう対処すべき?

顔への虫刺されは大変目立ちやすいため、いち早く症状を治したい!という方が多いでしょう。

虫刺されの炎症を早く治したい方はステロイド薬の使用がおすすめです。

顔の虫刺されにステロイドを使用して良いのか?

ステロイドは効果の強さにより、5段階にランクが分かれています。顔への使用は大人であればミディアムランク、2才未満の子供であればウィークタイプのステロイドが推奨されています。

顔にステロイドを使用することをためらう方もいるかもしれませんが、ステロイドは用法用量を守れば安全な薬です。強いかゆみで皮膚を掻きむしって症状が悪化する前に、ステロイドで素早く治療をすることをおすすめします。

顔の虫刺されの対処方法

虫に刺されたら流水で患部を清潔にし、市販の塗り薬で炎症やかゆみをおさえましょう。

かゆみで患部を掻きむしってしまうと、細菌による二次感染や悪化の危険性があります。患部を冷やすことによってかゆみが和らぐこともありますが、薬を塗って早く治療をしましょう。

顔にも使用できるステロイド市販薬・処方薬は?

顔に使用できる市販のステロイド薬

ステロイド外用剤の強さは、5段階にランク分けされます。

5段階中上の2つのランクに該当するストロンゲストとベリーストロングは効果が非常に強いため、医師・薬剤師の指導が必要な処方薬のみに配合される成分となっています。

市販のステロイド薬に配合される成分はストロング・ミディアム・ウィークの3つですが、皮膚が薄く、薬の成分を吸収しやすい顔に使用できるのはミディアムとウィークのみになります。

 

大人

(身体)

大人

(顔・首)

子供※

(身体)

子供※

(顔・首)

ストロング

× ×

×

ミディアム

×

ウィーク

※2才未満の子供

大人の場合はミディアムタイプでも顔への使用が可能ですが、子供の場合はウィークに限られるため注意してください。

 

ミディアム・ウィーク、それぞれに該当する主なステロイド成分は以下になります。

  成分名

ミディアム

(普通)

・ヒドロコルチゾン酪酸エステル
・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル

ウィーク

(弱い)

・デキサメタゾン酢酸エステル

・ヒドロコルチゾン酢酸エステル

・ヒドロコルチゾン

市販のステロイド薬を購入する際は、配合されている成分がどの分類に当てはまるのか必ず確認するようにしましょう。

顔に使用できるステロイド処方薬は?

処方薬でも同様に、大人の場合は顔に使用できるのはミディアム以下、子供の場合はウィークのみになります。過去にステロイドを処方されたからといって、ランクを確認せずに使用すると副作用が出る危険性が高くなるため注意してください。

  代表的な処方薬名

ストロンゲスト

(最も強い)

・デルモベート

・ジフラール

ベリーストロング

(とても強い)

・フルメタ

・アンテベート

ストロング

(強い)

・ベトネベート

・リンデロンVG

・フルコート

ミディアム

(普通)

・リドメックス

・キンダベート

・ロコイド

ウィーク

(弱い)

・プレドニゾロン

・コルテス

デルモベートやリンデロン、アンテベートなどの有名な処方ステロイド薬は、大人も子供も顔への使用は禁止されています。注意してください。キンダベートやロコイドに関しても子供の顔へは使用はできません。

また、目の周りや口の周りなどの粘膜組織に近い部位は特に皮膚が薄く、誤って目や口の中に薬が入ってしまうおそれがあるため、ステロイド薬の使用は避けてください。

子供の顔への虫刺されでステロイド薬が使用できないケース

子供の顔への虫刺されで使用できるステロイド薬はウィークタイプのみとなります。しかし、以下の炎症が強くでる虫刺されはウィークタイプでは効果が足りないため対処ができません。

 

・蜂、アブ、ブヨ、ダニ、毛虫、ムカデ、クラゲ

 

これらの虫刺されはミディアム以上のステロイドでないと対処ができません。子供の顔に使用できるステロイド薬はウィークのみなので、万が一子供の顔が上記の虫に刺されてしまった場合は、病院の受診が必要となります。

【薬剤師おすすめ】顔の虫刺されに効く市販薬:ステロイド配合

顔の虫刺されにも使用ができるおすすめのステロイド市販薬をご紹介します。

ミディアム:大人の顔用ステロイド薬

大人の顔に使用することができるステロイド薬です。子供の場合は顔には使用できませんが、身体への使用が可能です。アブやブヨ、ダニといった比較的炎症の強い虫刺されにも対応できるため、虫刺され対策の常備薬としておすすめです。

 

ラシュリアPEクリーム

有効成分 特徴

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル

リドカイン

イソプロピルメチルフェノール

トコフェロール酢酸エステル

・日本初!※薬剤師に無料相談ができるシステム

・かゆみに効く

・細菌感染を防ぐ

・皮膚の修復を助ける

ミディアムランクのステロイド配合市販薬であるラシュリアPEクリームは、あらゆる虫さされに対応した市販薬です。かゆみ止め成分や、搔き壊しによる化膿を防ぐ殺菌成分を配合。

さらに、ビタミン成分であるトコフェロール酢酸エステルによって皮膚の修復を助け、目立つ虫刺され跡をできにくくします。

また、ステロイドを使用する上で「副作用は大丈夫?」「どれくらい使い続ければいい?」といった点にお困りの方も多いでしょう。ラシュリアは薬剤師に無料相談ができるのもポイント。商品に添付してあるQRコードを読み取り、チャットで薬剤師に相談いただけます。

※当社調べ

 

リビメックスコーワクリーム 10G(指定第2類医薬品)

有効成分 特徴

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル

・ステロイド単一成分

ステロイド成分のみ配合したクリームタイプの商品です。かゆみの症状が無いのであれば、余計な成分が配合されていないステロイド成分単独の薬がおすすめです。顔にできた虫刺されの炎症を効果的に鎮めます。

 

ムヒアルファEX 15g

有効成分 特徴

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル

ジフェンヒドラミン塩酸塩

l−メントール

dl−カンフル

クロタミトン

イソプロピルメチルフェノール

・強いかゆみに効く

・細菌感染を防ぐ

・清涼感ある使い心地

ステロイドに加えて2種のかゆみ止め成分を配合しているため、強いかゆみをともなう虫刺されにおすすめです。殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールや、清涼成分であるl-メントール、dl-カンフルを含んでいるため、強い清涼感を好む方におすすめです。クリームタイプなので顔に塗ってもしっとりとし、使いやすいでしょう。

ウィーク:大人も子供も顔に使えるステロイド薬

大人・子供問わず顔に使えるステロイド薬です。

大人にとっては比較的効果は弱いため、軽度の虫刺されに適しています。

小さいお子様の顔に使用できる唯一のランクです。早めに塗ることで症状を長引かせないようにしっかり治療しましょう。

 

テラ・コートリル軟膏a 6g

有効成分 特徴

ヒドロコルチゾン

オキシテトラサイクリン塩酸塩

・掻き壊して化膿した患部を殺菌する

ステロイドに加えて抗菌成分であるオキシテトラサイクリン塩酸塩を配合。顔にできた虫刺されは掻きこわして膿んだり、グジュグジュになると目につきやすく心配です。抗菌成分は強いかゆみで掻き壊してしまったような患部を殺菌し、化膿をおさえます。抗菌成分が入っている虫刺され市販薬は少ないので大人の方にもおすすめです。

 

オイラックスA 10G(指定第2類医薬品)

有効成分 特徴

ヒドロコルチゾン酢酸エステル

クロタミトン

ジフェンヒドラミン塩酸塩

グリチルレチン酸

アラントイン

イソプロピルメチルフェノール

トコフェロール酢酸エステル

・強いかゆみに効く

・皮膚の修復を助ける

・細菌感染を防ぐ

2種のかゆみ止め成分や抗炎症成分を配合し、強いかゆみをともなう虫刺されに対応しています。小さいお子様だと汚れた手で掻いてしまうことが多いので、殺菌成分により細菌感染を予防しておくことも重要です。また、アラントインやトコフェロール酢酸エステルにより皮膚の修復を助け、荒れた皮膚にダブルで効果を発揮します。

 

液体ムヒS2a 50ml

有効成分 特徴

デキサメタゾン酢酸エステル

ジフェンヒドラミン塩酸塩

L-メントール

Dl-カンフル

グリチルレチン酸

イソプロピルメチルフェノール

・液体タイプ

・かゆみに効く

・清涼感ある使い心地

・細菌感染を防ぐ

液体タイプの虫刺され薬である液体ムヒS2aは、クリームや軟膏と違い広範囲にできた虫刺され薬におすすめです。野外でも持ち運びやすく、薬剤を手に取る必要がないのでそのまま使用することができます。

かゆみ止めや抗炎症成分を配合しており、スーッとした清涼感があります。

ステロイドフリーの虫刺され薬を使用したい場合は

基本的に虫刺されは症状の悪化を防ぐためにもステロイドの使用をおすすめしますが、皮膚が弱かったり、虫刺され症状が軽傷の場合はステロイドフリーの市販薬を選ぶといいでしょう。

 

虫刺されに効く成分はステロイド以外にも以下の成分があります。

分類 成分 効果

かゆみ止め成分

<抗ヒスタミン成分>

・クロルフェニラミン
・ジフェンヒドラミン

・かゆみをおさえる

・腫れをおさえる

<鎮痒薬>

・クロタミトン

・かゆみをおさえる

<局所麻酔薬>

・リドカイン
・ジブカイン

・かゆみをおさえる

抗炎症成分 ・グリチルレチン酸類

・炎症をおさえる

修復成分

・トコフェロール酢酸エステル

・アラントイン

・荒れた皮膚の修復を助ける

ただし上記の成分はステロイドよりも効果が弱いです。軽症であれば問題ありませんが、かゆみや腫れの症状が強い虫に刺された場合はステロイドでないと対処ができないケースもあるため、注意してください。

 

また、顔は人目につきやすいので虫刺されの跡を残したくない、という方は皮膚の修復を助ける成分が配合された薬がおすすめです。

虫刺されに効くおすすめ市販薬:ステロイド無配合

顔の虫刺されに使用できるノンステロイドの市販薬を紹介します。

主にかゆみ止め成分が含まれているので、一時的にかゆみをおさえることが可能です。

 

ムヒパッチ A 38枚入(第3類医薬品)

有効成分 特徴

ジフェンヒドラミン塩酸塩

・かゆみ止め単一成分

・貼るタイプでかきむしり防止

抗ヒスタミン成分配合の貼るタイプの市販薬です。小さいお子様はかゆみがあるとすぐに掻いてしまうので悪化しやすいですが、ムヒパッチは患部に貼って保護することができるため、搔き壊しを防止できるよう設計されています。

 

新レスタミンコーワ軟膏 30g

有効成分 特徴

ジフェンヒドラミン塩酸塩

・かゆみ止め単一成分

抗ヒスタミン成分が単独で配合され、かゆみのもとであるヒスタミンの働きをおさえます。軟膏タイプで刺激も少なく、さまざまな症状に使いやすい商品です。年齢を問わずご使用いただけます。

 

オイラックスソフト 16g

有効成分 特徴

クロタミトン

ジフェンヒドラミン塩酸塩

グリチルレチン酸

アラントイン

イソプロピルメチルフェノール

トコフェロール酢酸エステル

・強いかゆみ、炎症に効く

・細菌感染を防ぐ

・皮膚の修復を助ける

2種のかゆみ止め成分や殺菌成分、抗炎症成分、皮膚の修復成分といった成分が配合されているため、ひとつの薬でさまざまなアプローチができる商品です。

病院を受診した方が良いケース

虫刺されは基本的に市販薬での治療が可能ですが、虫に刺された時に次の症状が出た場合はすぐに病院を受診してください。


◆ショック症状(体温の低下、血圧の低下、顔面蒼白など)が現れたとき
◆刺されてから15分以内にめまい、吐き気、呼吸困難などの症状が現れたとき
◆全身に蕁麻疹症状が現れたとき

 

その他、症状に違和感があったり、不安が残る場合も皮膚科を受診し、虫に刺されたときの状況や詳しい症状などを医師に伝えましょう。

蚊やアブなどに刺されたときや、症状が刺された場所のみにでている場合は市販薬を活用できます。