症状が良くならない方へ:水虫に似た皮膚の病気の可能性

ミナカラの水虫薬「ハイミズムシールEXクリーム」を使用しても症状が良くならない場合、他の皮膚疾患にかかっている可能性があります。皮膚の病気は症状が似ていることが多く、水虫と間違えやすい皮膚疾患には次のものがあります。使用する薬は病気によって異なります。

汗疱(かんぽう)

汗疱は足の裏や手のひら、指の間に小さな水ぶくれができ、かゆみをともないます。その後、皮がめくれて皮膚がガサガサすることもあり、水虫と皮膚症状が非常に似ている病気です。

症状は似ていますが原因は全くの別物で、水虫は白癬菌が原因であるのに対し、汗疱はアレルギー反応が原因と考えられています。ステロイド外用剤で治療するケースが多いです。

接触皮膚炎

人によって原因は異なりますが、衣服との摩擦や汗による刺激、何らかの物質に接触することによるアレルギー反応で炎症が起こる皮膚病です。いわゆる皮膚のかぶれのことですが、かゆみや痛みをともなうことがあります。また、水虫でないのに皮膚に水虫の薬を塗ることによってアレルギー反応が起こり、接触性皮膚炎になる場合もあります。治療にはステロイド外用剤が使用されます。

細菌感染

皮膚にできた傷や湿疹から細菌が感染し、炎症を起こす皮膚疾患です。いわゆる化膿の症状ですが、治療には抗生物質を使用します。

皮脂欠乏性湿疹

冬場の乾燥や洗いすぎが原因で皮膚の表面の脂が少なくなり、乾燥を生じてしまう病気です。かかとがひび割れしたり、皮膚がカサカサして剥がれ落ちます。かゆみをともなうこともあり、カサカサ系の水虫と間違われることが多いです。保湿剤やステロイド外用剤で治療します。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

手や足の裏に膿んだ水疱が現れる病気です。皮が向けたり、かゆみがともなうことがあるため、水虫と間違える方も多いです。患者さんの喫煙率が高いというデータもありますが、原因ははっきりとは分かっていません。基本的にはステロイド外用剤で治療をします。

病院を一度受診してみましょう

症状が似ていても、原因が違えば治療方法も異なります。ハイミズムシールを2週間使用しても症状が良くならない方は、他の皮膚疾患にかかっている可能性があるため、一度病院で検査を受けた方が良いでしょう。原因を明確にすれば適切な治療方法が分かります。

また、原因が水虫ではないのに水虫の薬を使い続けると、皮膚の症状が悪化する危険性もあります。薬の使用は中止し、まずは原因特定のために病院を受診しましょう。

病院に行く前に相談したい方はLINEで薬剤師相談を!

病院を受診する前に相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください!ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、お客様それぞれのお悩みに対応します。

 

《LINEで薬剤師に相談する》
https://minacolor.com/questions/ask/

 

また、薬の正しい使用方法や、日常生活で注意すべき点を再度確認したい方は、こちらの記事をご覧ください。