夏バテの原因について

夏になると食欲がなく、全身に疲労感を感じる場合は夏バテの可能性があります。夏バテは病名ではなく、高温多湿の状況によって生じる身体の不調をさす総称です。夏バテは主に水分・塩分不足による脱水と、自律神経の乱れ、睡眠不足が原因となります。

水分・塩分不足による脱水症状

人間は身体に熱がこもると、体温を外に逃がすために発汗します。大量に汗をかくと体内の水分や塩分等のミネラル成分が失われていき、体液バランスが崩れ、身体のだるさなどの夏バテ症状を引き起こします。

冷房による自立神経の乱れ

夏は外の気温と冷房が効いた室内での温度差が激しいことが多いです。体内での発汗をうながすのが自立神経ですが、激しい温度の変化があると自律神経の働きが乱れます。

自律神経が混乱するような環境の変化=涼しい屋内と暑い屋外の行き来を繰り返していると、自律神経は正常にはたらくことができなくなります。これが、夏に自律神経が乱れてしまうメカニズムです。

自律神経は体温調節だけでなく、胃腸や睡眠の働きにも関与しているため、自律神経が乱れることによってさまざまな身体の不調が現れます。

熱帯夜の睡眠不足

夜暑くてなかなか寝付けない、という経験をしたことがある方も多いでしょう。夜間になっても気温が下がらず、熱帯夜で睡眠不足に陥ると、日中体力が回復せずに疲労が蓄積していきます。睡眠不足が重なることによって夏バテを引き起こします。

夏バテの症状について

夏バテの症状の出方は人によってさまざまですが、主な症状に全身の倦怠感と食欲不振があります。

全身の倦怠感

夏バテの症状で多いのが「なんとなく毎日疲れる」という全身の倦怠感や疲労感です。夏は体温調節のために汗をかく機会が多いですが、身体が一生懸命汗をかこうとすると、その分エネルギーが消費されて疲労が蓄積します。これに自律神経の乱れや睡眠不足が加わり、全身倦怠感や疲労感を生みます。

食欲不振

自律神経は体温の調節機能の他にも消化や吸収などの胃腸機能も司っています。そのため、夏バテの症状で食欲不振を訴える方も多いです。

胃腸の機能が低下すると、栄養を摂取する欲求が落ち、食べないことでエネルギーの補給が不足します。これにより疲労や倦怠感が増し、夏バテの悪循環を引き起こします。

その他の症状

自律神経は、循環、消化、吸収、代謝、休息などのさまざまな生命活動を司ってるため、自律神経が乱れることによって、心身のいたるところに不調が現れはじめます。

夏バテの症状は倦怠感や食欲不振以外にも、次のような症状が出る可能性もあります。


・下痢・便秘・胃痛など胃腸の具合が悪くなる
・頭痛がする
・微熱がある
・立ちくらみ・めまい・ふらつき・吐き気を感じる
・日中に過度に眠くなる
・全身がだるく、無気力気味になる
・思考力が低下気味で、ミスが多くなる

夏バテの予防・解消方法

夏バテは水分補給や室内の温度調節、食事など、日常生活に気を付けるだけである程度予防と対策ができます。

水分・塩分補給はこまめに

夏バテ対策にはまず、こまめな水分・塩分補給が重要です。夏バテの原因の1つに軽い脱水症状があります。

体内の水分や塩分が不足すると血流が悪くなり、身体のすみずみに必要な栄養素が行き届かなくなり、身体がだるくなるなどの夏バテの症状が出ます。また、脱水状態が進行すると熱中症にもなるため、水分と塩分はこまめに摂取をしましょう。

水分だけでなく塩分も必要な理由

人間の体液には水分以外にも塩分(ナトリウム)が含まれており、一定の濃度を保とうとする働きがあります。沢山汗をかいたからといって、水分のみを大量に摂取すると、体内の塩分濃度が低くなり、体液のバランスが崩れて夏バテを引き起こします。夏バテ対策の際はこまめな水分補給と一緒に塩分補給もお忘れなく。

 

塩分ミネラルタブレット 海洋深層水

海洋深層水を使用した塩分ミネラルタブレットです。塩分の他にもカリウム、マルチビタミン、クエン酸が配合されています。クエン酸は体内で炭水化物をエネルギーに変える働きを促します。疲労の原因となる乳酸を分解させる効果もあるため、夏の疲労にもってこいの成分です。

1粒ずつ個別に包装されているので持ち運びにも便利で、お出かけやレジャー、運動、屋外での作業時に素早く塩分補給ができます。

爽やかなグレープフルーツ味でお子様でも食べやすく、お口の中ですばやく溶けます。

 

(1粒あたり)食塩相当量 0.112g

注:ナトリウムが含まれている製品については、脱水でない状態で大量に摂取した場合、ナトリウムの過剰摂取につながる可能性があり、血圧や心臓への負荷等の影響も懸念されます。 あくまで補給を目的とし、過剰摂取をしないよう注意してください。

参考:日本における食塩摂取量推奨値(日本高血圧学会)=6g未満

冷房の基本設定は「28度」で!

自律神経が乱れてしまうリスクを回避するには、屋外と屋内の気温差を少なくすることが大事です。自律神経は、5度未満の気温差には対応できるとされています。省エネの観点からも、冷房の基本設定は「28度」をおすすめします。ただし屋内が暑くなると熱中症のリスクが高まるため、我慢して冷房を切る、などの行為は避けた方が良いです。

また、熱帯夜に冷房なしで眠りに就くのは困難であるため、眠りにつく際は無理せず冷房を付けると良いでしょう。とは言え、眠っている間ずっと冷房にさらされていると身体への負担が大きいため、タイマー機能を上手に活用するようにしましょう。

夏バテに負けないための食事を

夏バテの予防・対策には特に身体のエネルギーの源となるたんぱく質が不足しないように注意しましょう。さらに、たんぱく質などの栄養素を消化=体内でエネルギーに変換するには、ビタミンB1・B2が必要不可欠です。

たんぱく質

豚肉やうなぎ、納豆、豆腐、卵、乳製品など

ビタミンB1・B2

トマトやナス、かぼちゃ、枝豆、鮭、カツオ、豚肉など

また、疲労回復の作用があるクエン酸を含むお酢などを活用し、上記の食材をさっぱり食べられるよう、工夫してみましょう。

冷たい飲み物をガブ飲みしないようにする

夏バテによって自律神経が乱れ、胃腸の状態が良くない時にビールや炭酸飲料が大量に流し込まれると、腹痛や下痢の原因となります。また、冷えた飲み物で胃腸を冷やすと消化のはたらきも鈍り、食べたものをうまく消化できなくなり、食欲不振や便秘につながることもあります。あまりキンキンに冷えた飲み物は避け、少しずつこまめに水分を補給するようにしましょう。