夏の暑い時期は塩分摂取をお忘れなく!

夏の暑い時期は大量に汗をかく事が多いですが、身体から水分が大量に失われると脱水状態になり、めまいや頭痛などの症状を引き起こします。夏の脱水症状を予防するためにはこまめな水分補給が重要ですが、それと同時に塩分を摂取することも重要であることをご存知ですか?

水分だけでなく塩分も必要な理由

人間の体液には水分以外にも塩分(ナトリウム)が含まれており、一定の濃度を保とうとする働きがあります。沢山汗をかいたからといって、水分のみを大量に摂取すると、体内の塩分濃度が低くなり、体液のバランスが崩れて脱水症状を引き起こします。熱中症対策の際はこまめな水分補給と一緒に塩分補給もお忘れなく。

夏の塩分補給に塩タブレットがおすすめ

手軽に塩分摂取ができる食品に塩タブレットがあります。運動時や外出時、夏のレジャーなどの汗を沢山かくシーンにおすすめのアイテムです。

塩タブレットはカロリーが少ない

塩タブレットはカロリーが少ないため、糖質制限をしている方にもおすすめです。夏の運動時におすすめの飲み物としてスポーツドリンクがありますが、スポーツドリンクは水分・塩分の他にも糖質が多く含まれています。カロリーが気になる方の塩分摂取に塩タブレットはおすすめです。

タブレットは暑くても溶けにくい

塩分摂取ができる食べ物に塩飴がありますが、飴は夏の炎天下だと溶けやすいというデメリットがあります。それに対してタブレットは気温が高くても溶けにくく、運動時や外出時にポケットに入れておいても安心です。

塩分摂取量に注意

塩タブレットは汗を沢山かいてない状態で大量に摂取した場合、塩分の過剰摂取に繋がる可能性があり、血圧や心臓への負担等の影響も懸念されます。

1リットル汗をかいた場合、身体から失われる塩分量は約1gです。商品にもよりますが、塩タブレットの平均的な塩分含有量は1粒あたり0.1g前後です。沢山汗をかいたとしても1日10粒程度(汗1リットルの場合)が目安なので、汗をかいていない時に美味しいからといって大量に食べることは避けたほうが良いでしょう。

薬剤師おすすめの塩タブレット3選

 

塩分ミネラルタブレット 海洋深層水

製薬メーカーが販売している、海洋深層水を使用した塩分ミネラルタブレットです。塩分の他にもカリウムや、ミネラルの吸収をサポートするクエン酸、栄養補給のためのマルチビタミンが配合されています。1粒ずつ個別に包装されているので持ち運びにも便利で、お出かけやレジャー、運動、屋外での作業時に素早く塩分補給ができます。

爽やかなグレープフルーツ味でお子様でも食べやすく、お口の中ですばやく溶けます。

(1粒あたり)食塩相当量 0.112g

注:ナトリウムが含まれている製品については、脱水でない状態で大量に摂取した場合、ナトリウムの過剰摂取につながる可能性があり、血圧や心臓への負荷等の影響も懸念されます。 あくまで補給を目的とし、過剰摂取をしないよう注意してください。

参考:日本における食塩摂取量推奨値(日本高血圧学会)=6g未満

 

 

カバヤ食品塩分チャージタブレッツ

スポーツドリンク味の塩タブレットです。塩分の他にもカリウムや、疲労回復に効果のあるクエン酸が配合されています。こちらも1個ずつの個別包装で持ち出しやすく、夏のスポーツやレジャー、屋外での作業時などにおすすめです。

(1粒あたり)食塩相当量 0.108g

inタブレット塩分プラス

レモン味の塩分タブレットです。塩分の他にもビタミン、クエン酸、ブドウ糖、カルシウムがバランスよく配合されています。同じく個別包装で持ち出しやすいのもメリットです。

(1粒あたり)食塩相当量 0.1g