妊娠中の陰部のかゆみの原因は?

妊娠をすると女性ホルモンの分泌が多くなり、それにともなって身体はどんどん変化していきます。ホルモンバランスが変化することによって身体に起こるトラブルの1つにデリケートゾーン のかゆみがあります。

妊娠中はおりものが増えやすい

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えることによって、おりものの分泌も増える傾向にあります。

おりものが増えると下着内がムレやすくなり、雑菌が増えて陰部がかぶれる原因となります。

かぶれによる陰部のかゆみは市販薬で治せる

おりものによる陰部のムレや、体型の変化による下着の締め付けなどが原因で、妊娠中はデリケートゾーンにかゆみを感じることが多くなります。このようなかぶれが原因となる陰部のかゆみは、市販薬で治療が可能です。妊婦さんでも安心して使用できるデリケートゾーンの薬があるので、早めに治療を始めましょう。

感染症の場合はすぐに病院へ

デリケートゾーンのかゆみの中でも、細菌やウイルスなどの感染が原因となる症状に関しては、病院の受診が必要となります。感染症による妊娠中のデリケートゾーンのかゆみについてはこちらをごらんください。

妊娠中の陰部のかゆみに効く市販薬の選び方

デリケートゾーンは他の部位に比べて皮膚が薄いため、使用できる市販薬が限られてきます。

また、妊娠中に関しても成分によっては使用できない薬があるため、市販薬を購入する際は成分表をしっかりと確認する必要があります。

妊娠中にステロイドは使用してもOK?

皮膚のかゆみによく使用されるステロイド外用薬は、薬によって強さのランクが分かれています。ランクによってはデリケートゾーンに使用ができない薬もあり、使用する薬のランクや部位を誤ると、副作用が出る危険性があります。

また、基本的に妊娠中のステロイドの使用はかかりつけの医師に相談する必要があります。

そのため、ご自宅でセルフメディケーションとして陰部に市販薬を使用する場合は、ステロイドが入っていない薬の方が安心して使用ができるでしょう。

デリケートゾーンのかゆみにおすすめの成分

デリケートゾーンのかゆみに効果を発揮する成分をご紹介します。妊娠中でも安心して使用できる成分をピックアップしているので、市販薬を選ぶ際は次の成分が配合された市販薬を選ぶと良いでしょう。

 

【かゆみをおさえる成分】

分類 成分

鎮痒成分

クロタミトン

抗ヒスタミン成分

ジフェンヒドラミン

局所麻酔成分

リドカイン

かゆみ止めの市販薬は大きく分けて局所麻酔成分が入っているものと、入っていないものに分けられます。局所麻酔成分は神経を一時的に麻痺させて、かゆみを感じることを止める成分です。かゆみで夜眠れないなどといった、強いかゆみに悩んでいる方は局所麻酔成分が入っている市販薬を、かゆみがそこまで強くない方は局所麻酔成分無配合のものを選ぶと良いでしょう。

 

【その他おすすめの成分】

デリケートゾーンのかゆみにおすすめできる成分は、かゆみ止め成分以外にも次のものがあります。

分類 成分

抗炎症成分

グリチルレチン酸

殺菌消毒成分

イソプロピルメチルフェノール

皮膚修復作用

トコフェロール酢酸エステル、アラントイン

清涼成分

lメントール

これらの成分には次のような特徴があります。ご自身の症状に合わせて、成分から薬を選ぶと良いでしょう。 

  • 抗炎症成分:皮膚の炎症をおさえる
  • 殺菌消毒成分:傷口から細菌が感染することによる化膿・炎症を防ぐ
  • 皮膚修復作用:傷ついた皮膚が修復するのを助ける
  • 清涼成分:爽やかな清涼感をあたえる

デリケートゾーンにおすすめの剤形

デリケートゾーンに使用する市販薬を選ぶ際に、判断基準となるものとして、成分の他に剤形があります。デリケートゾーンの市販薬にはさまざまな剤形の薬が販売されていますが、代表的な剤形を3つご紹介します。

剤形 メリット デメリット
クリーム

・伸びがよく塗りやすい

・ベタつかない

・軟膏に比べて刺激が強い
軟膏

・患部を保護する機能が強い

・刺激が少ない

・ベタつく
ローション・ジェル

・さらっとした使用感

・薬が浸透しやすい

・刺激が強くしみやすい

使用する方の好みもありますが、デリケートゾーンに比較的使用しやすいのはクリーム剤です。妊娠中はおりものが増える影響でデリケートゾーンが蒸れやすいため、使用感の観点で見ると、べたつきやすい軟膏は不向きです。また、ローションやジェルは他の剤形に比べて刺激が強く、炎症が強い部位には適しません。

クリーム剤は軟膏に比べると刺激は強いですが、ローション・ジェルよりは刺激が少なく、ベタつかない伸びの良い剤形となっているので、使い勝手が良いです。

ただし軟膏やローション・ジェルもそれぞれにメリットがあるため、使用する方の症状や好みに合わせて剤形を選択しましょう。

粘膜への使用について

市販のかゆみ止め薬の多くは、膣内や膣の入り口などの粘膜部分への使用ができません。粘膜は他の皮膚に比べて薬の吸収率が高く、効果が強く出てしまう危険性があるからです。市販薬を使用する際は添付文書をよく読み、用法用量を守って使用しましょう。

また、膣内の粘膜にもかゆみの症状を感じる場合は、カンジダ膣炎などの感染症にかかっている可能性も考えられます。感染症によるかゆみは、基本的に病院の診療が必要になるため、自己判断による市販薬の使用はやめましょう。

妊娠中の陰部のかゆみにおすすめの市販薬

妊婦さんのデリケートゾーンにも使えるおすすめの市販薬をご紹介します。

好みの剤形・成分・使用感からご自身に合った商品を選びましょう。

2020年新発売!シンプルなパッケージ

 

デリナースクール

剤形 クリーム
かゆみ
清涼感
殺菌

肌の修復

アフターフォロー
有効成分

リドカイン

ジフェンヒドラミン塩酸塩

イソプロピルメチルフェノール

トコフェロール酢酸エステル

l-メントール

2020年8月に新しく発売されたデリケートゾーンのかゆみ止め薬です。パッケージが非常にシンプルなので、外出先で使用しても気にならないデザインで、持ち運びやすくなっています。

また、ステロイド無配合のため妊娠中の方でも比較的安全に使用することができます。

かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン塩酸塩に加え、局所麻酔成分のリドカインがおりものなどの刺激による強いかゆみに効果を発揮。殺菌成分も配合されており、炎症の原因となる雑菌の繁殖をおさえ、皮膚を清潔に保ちます。

また、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師へ無料相談することが可能。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談ができるので、安心して薬を使用することができます。

6種の有効成分配合

デリトリーナ 12g

剤形 クリーム
かゆみ

清涼感

殺菌

肌の修復

アフターフォロー -
有効成分

ジフェンヒドラミン

リドカイン

グリチルレチン酸

トコフェロール酢酸エステル

イソプロピルメチルフェノール

l−メントール

6種の有効成分を配合したデリケート部位のかゆみ、かぶれ用治療薬です。

2種のかゆみ止め成分と抗炎症成分が、下着やおりものシートなどによる刺激でかぶれた肌のかゆみ・赤みを鎮めます。

他にも荒れた皮膚の修復を助ける成分や細菌感染を防ぐ成分を配合し、あらゆる症状に役立ちます。

クリームタイプで伸びがよくべたつかないため、衣類の下に塗っても気になりにくいでしょう。

さらっとしたジェルタイプ

フェミニーナジェル 15G(第2類医薬品)

剤形 ジェル
かゆみ

清涼感 -

殺菌

肌の修復

-
アフターフォロー -
有効成分

リドカイン

ジフェンヒドラミン塩酸塩

イソプロピルメチルフェノール

ムレやすいデリケートゾーンにべたつかず、お風呂上がりやトイレでさっと塗れるジェルタイプです。

下着擦れやムレなどによる強いかゆみに2種類のかゆみ止め成分がダブルで効果を発揮します。殺菌成分が配合され、かゆみや炎症の原因となる雑菌感染を防ぎます。

シートタイプのかゆみ止め薬

メソッドシート 10枚(第3類医薬品)

剤形 シート
かゆみ
清涼感 -

殺菌

-

肌の修復

アフターフォロー -
有効成分

ジフェンヒドラミン塩酸塩

グリチルリチン酸二カリウム

アラントイン

急なかゆみを拭いて鎮めるシートタイプの治療薬です。

かゆみの原因となるおりものや汗を拭き取りながら、かゆみ止め成分や抗炎症成分が患部に塗布され有効成分が浸透します。

また、アラントインが掻きこわして傷ついたデリケートゾーンの皮膚修復に役立ちます。

個包装タイプのため外出時の携帯にも便利です。

病院へ行かなければいけない感染症

妊娠中のデリケートゾーンのかゆみの中でも、細菌やウイルスによる感染が原因となる感染症の場合は病院の受診が必要となります。感染症の特徴はおりものに出ることが多いです。

  おりものの状態
妊娠中通常時 ・半透明や乳白色
・卵白のようなとろみ
・下着に付いて乾燥すると薄黄色くなる
・無臭か酸っぱいにおい
腟カンジダ症

・不透明な白

・チーズや酒粕のような状態

・ポロポロした状態

細菌性腟症

・灰色がかった白

・魚が腐ったようなにおい

クラミジア感染症

・濃い黄色や緑色のおりもの

・無症状の場合もあり

腟トリコモナス症

・泡状のおりもの

・黄色や黄緑色

・腐ったような悪臭

淋病

・黄色い膿のような状態

・粘状のおりもの

デリケートゾーンのかゆみに加えて、おりものの状態が通常時と異なる場合は、感染症を疑いましょう。

ちなみに、上記の病気の中でもクラミジアと淋病に関しては、ほとんどが性行為による感染が原因となります。その他の病気に関しては性行為がなかったとしても、元々体内に住み着いている常在菌が原因となったり、タオル等の物の共有によって感染するおそれのある病気です。

日常生活で気をつけるべきこと

妊娠中のデリケートゾーンのかゆみで悩んでいる方は、薬による治療に合わせて次のことに注意してください。

通気性の良い下着を

妊娠すると体型の変化により下着がきつくなり、肌とより密着して通気性が悪くなります。下着の中がムレたり、下着の締め付けで摩擦が起きると、デリケートゾーンのかぶれやかゆみの原因となります。

下着は妊娠時の身体のサイズに合った物を身につけ、綿(コットン)などの通気性の良い素材を選びましょう。

おりものシートについて

妊娠時におりものが増えることの対策として、おりものシートを使用することも1つの手ですが、使い方には注意しましょう。

おりものシートはおりものを吸収する働きがありますが、きつい下着におりものシートをつけると、下着内の密封状態がさらに上がり、ムレやすくなってしまいます。

また、おりものシートを長時間着用すると、雑菌が増えてかゆみの原因にもなります。

できればおりものシートはつけずに、通気性の良い下着のみで陰部を風通しの良い状態にすることをおすすめします。ただし、どうしてもおりものの量が多く、シートを着用したい!という場合は、こまめにおりものシートを交換することを心がけてください。

洗いすぎに注意

デリケートゾーンの皮膚は薄いため、刺激の強い石鹸を使用すると乾燥やかぶれを起こしてしまうことがあります。また、強く洗いすぎてしまうと傷がつき、かゆみを引き起こす原因となります。デリケートゾーンを洗うときは皮膚を傷つけないように、やさしく手で洗いましょう。