コレステロールが高いと何がいけないの?

コレステロールには善玉と悪玉の2種があり、善玉をHDLコレステロール、悪玉をLDLコレステロールと呼びます。

よく聞く「コレステロールが高い状態」というのは、基準値よりもLDL(悪玉)コレステロールが高い状態や、HDL(善玉)コレステロールが低い状態を指します。

コレステロールが高いとダメな理由

コレステロールが高い状態がなぜ悪いのかは、HDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールそれぞれの役割に関係します。

  役割

HDL(善玉)コレステロール

・余分なコレステロールを回収
LDL(悪玉)コレステロール ・全身の細胞にコレステロールを届ける

コレステロールはもともと身体に一定数必要な栄養素です。ただし、LDL(悪玉)コレステロールが基準値よりも増えてしまうと、使われずに残ったLDL(悪玉)コレステロールが血管にたまり、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こす原因となるおそれがあります。

また、HDL(善玉)コレステロールが基準値よりも低くなると、体内の余分なコレステロールを回収しきれず、同じように病気のリスクが高くなります。

これがコレステロール値が高いとよくないとされる理由です。

コレステロールが高くなる原因|生活習慣

コレステロールが高くなる原因はさまざまですが、生活習慣やホルモンバランスの乱れ、遺伝的要素があげられます。

食生活

肉類や乳製品など動物性脂肪の多い食品や、鶏卵や魚卵、レバーなどコレステロールを含む食品を好んでよく食べていると、LDL(悪玉)コレステロールが上昇する原因となります。

特に飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を含む食べ物は、体内のコレステロール値を上げるおそれがあるため、コレステロール値が高い方は避けたほうが良いでしょう。

  含まれる食べ物
飽和脂肪酸

・牛脂、ラード、バター、ココナッツオイル など

トランス脂肪酸

・マーガリン、クッキー、ケーキ、スナック菓子

・インスタント食品、ファーストフード など

運動不足

運動不足はHDL(善玉)コレステロールが減少する原因となります。逆に有酸素運動をすることでHDL(善玉)コレステロールが増加するため、毎日ウォーキングなどの適度な運動を取り入れるようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

LDL(悪玉)コレステロールの血液中の濃度を保つためには、女性ホルモンや甲状腺ホルモンなどが関わっています。

閉経後の女性はLDL(悪玉)コレステロールが上昇しますが、これはホルモンバランスが変化することが理由です。

ホルモンバランスはストレスによって乱れることもあるため、注意が必要です。

遺伝

遺伝的な要因でコレステロール値が高くなることを「家族性高コレステロール血症」と呼びます。

生まれつきLDL(悪玉)コレステロールを肝臓で処理する能力が低い、もしくは処理する能力がないため、LDL(悪玉)コレステロールの血液中の濃度が上昇します。

家族に高コレステロール血症や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患の人がいる場合は、家族性高コレステロール血症のリスクが高いといえます。

コレステロール値を下げるための注意点

LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が基準値よりも上回っていたり、HDL(善玉)コレステロールが基準値よりも下回っている状態を脂質異常症といいます。

脂質異常症は自覚症状がないため、放置すると動脈硬化や心筋梗塞などの疾患を引き起こすおそれがあります。

健康診断などで病院の受診を推奨された方は必ず医師の診察を受けてください。要経過観察となった方は、生活習慣の中で次のことに気をつけましょう。

カロリーをとり過ぎない

食事療法の基本は、過食を避けカロリーをとり過ぎないことです。1日のエネルギー摂取量の目安を知って、標準体重を保ちましょう。

 

【標準体重の目安】
身長(m)×身長(m)×22

【1日に必要なエネルギーの量(kcal)の目安】
標準体重(kg)×25〜30 (kcal)

 

また、LDL(悪玉)コレステロールを下げるには、飽和脂肪酸が含まれる食品や、コレステロールの含まれる食品を避け、食物繊維が含まれる食品を積極的に摂取するなどの方法があります。

 

 

食物繊維は大きく分けて水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。その中でもコレステロール値を下げる効果が高いのが水溶性食物繊維です。

ただし、水溶性食物繊維は食品に含まれる量が少ないことが多いため、飲料で不足分を補うことがおすすめです。

 

 

コレカットは水溶性食物繊維(低分子化アルギン酸ナトリウム)を4g配合し、1本でレタス中玉1個分の食物繊維を摂取することができます。

食物繊維が腸内のコレステロールやコレステロールを原料とする胆汁酸を包み込み、体外に排出することでコレステロール値が減少します。

グレープフルーツ味の「コレカットゼロ(0kcal)」とレモン味の「コレカットレモン(27kcal)」の2種類から選ぶことができ、どちらもさわやかな味で飲みやすいドリンクです。

適度な運動をする

運動の中でも、ウォーキング・ジョギング・水泳・自転車などの有酸素運動が、コレステロールを下げる運動として推奨されています。

バスや電車で1つ前の駅で降りて歩いてみるなどして、生活の中で運動を取り入れましょう。

まずは1日30分以上の運動を毎日続けることが望ましいですが、無理な場合は少なくとも週に3日は運動をするようにしてください。

また「10分×3回でトータル30分」といった形で、1日に運動する時間を数回に分けても問題ありません。

薬を服用する

食事や運動と合わせて、コレステロール値をコントロールする薬を服用することも1つの方法です。市販薬でもコレステロール値を下げる薬が販売されています。

 

有効成分

パンテチン

大豆油不けん化物

酢酸d-α-トコフェロール

高コレステロール改善薬のコレストンは3種の有効成分を配合しています。

大豆由来成分の大豆油不けん化物が腸からの余分なコレステロール吸収を抑え、排泄を促します。

また、パンテチンや酢酸d-α-トコフェロールがコレステロールの代謝改善や酸化防止に効果を発揮し、血液がドロドロになったり、血管へ沈着することを防ぎます。

 

シンプトップ 100CP(第3類医薬品)

有効成分

ポリエンホスファチジルコリン

コレステロールの代謝や、血中コレステロールの分解・排泄をうながすシンプトップは有効成分であるポリエンホスファチジルコリンを大豆から抽出・精製したカプセルです。

ポリエンホスファチジルコリンは血管の機能を調節する役割も持っているため、コレステロール値の改善とともに血管が硬くなるのを防ぎます。

薬を服用しても生活習慣の改善は必須

薬は血液中の脂質であるコレステロールや中性脂肪が多い状態を治すわけではなく、あくまでコントロールをしているだけです。根本的な原因を解消するためには、食生活の改善と適度な運動が必須となります。

薬を服用しても食生活の改善と適度な運動は継続するようにしてください。