動脈硬化ってどんな病気?

動脈硬化は加齢や生活習慣が原因となって、血管が硬くなってしまった状態を指します。

血管が硬くなると内側にコレステロールなどが溜まっていき、さらに血管の柔軟性は失われていきます。動脈硬化が進行することによって、血管の中に“こぶ”ができ、血流が悪くなったり、血管が傷ついてしまうリスクが高くなります。

動脈硬化は重篤な病気を引き起こす

動脈は身体の各器官に酸素や栄養素、血液を運ぶ役割を果たしています。

動脈硬化によって血流が滞ると身体の各器官に栄養が行き届かなくなり、機能低下を起こして重篤な病気を引き起こすおそれがあります。

脳卒中や心筋梗塞、腎不全などがそれに当たり、場合によっては死にいたる危険性もあります。

生活の中で考えられる原因

動脈硬化は加齢による血管の老化に加え、生活習慣が原因となることが多い病気です。

肥満

肥満の中でもお腹に脂肪がたまる内臓脂肪型肥満が動脈硬化をうながす原因になります。

内臓脂肪がたまると脂肪細胞から分泌される動脈硬化を抑制する働きがあるホルモンが減少し、動脈硬化が進行します。

食生活の乱れ

肉類や乳製品などにかたよった食事や、食べすぎ・不規則な時間の食事などは脂質異常症や肥満につながり、動脈硬化を進行させる原因になります。

喫煙

喫煙は、血管を収縮させることで血が固まりやすくなり、動脈硬化をうながします。また、動脈硬化から発症する心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす強力な原因となります。

さらに喫煙は、悪玉コレステロールを増やして善玉コレステロールを減らすことも知られています。

ストレス

ストレスによって血圧が上昇して高血圧になるリスクが高くなり、動脈硬化につながります。

また、心理的なストレスがあると喫煙量や飲酒量が増えたり、食べすぎなどの動脈硬化を進行させる要因を増やしてしまう可能性が高くなります。

動脈硬化の予防方法

動脈硬化は生活習慣を改善することによって、ある程度予防することが可能です。

特に健康診断等でコレステロールや中性脂肪の値が平均よりも高かった方は、動脈硬化のリスクが高くなっているため、次のことに注意するようにしましょう。

食生活を改善する

肉の脂身やスナック菓子、バター等の動物性脂肪は動脈硬化を促進するため、過剰な摂取に注意が必要です。塩分のとりすぎにも注意しましょう。

動脈硬化の原因となるコレステロールを下げるためにおすすめの食事に関しては、次の記事で詳しく解説しています。

 

 

また、野菜や海藻類などに多く含まれる食物繊維は、コレステロールの吸収を妨げ体外に排出する働きがあります。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますが、その中でもコレステロール値を下げるのにおすすめなのが水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維には余分な脂質や糖分を吸収する働きがあります。

水溶性食物繊維は食物に含まれる量が少ないことが多いため、次のような飲料から摂取するのもおすすめです。

 

コレカットは水溶性食物繊維(低分子化アルギン酸ナトリウム)を4g配合し、1本でレタス中玉1個分の食物繊維を摂取することができます。

食物繊維が腸内のコレステロールやコレステロールを原料とする胆汁酸を包み込み、体外に排出することでコレステロール値が減少します。

グレープフルーツ味の「コレカットゼロ(0kcal)」とレモン味の「コレカットレモン(27kcal)」の2種類から選ぶことができ、どちらもさわやかな味で飲みやすいドリンクです。

運動をする

運動の中でも、ウォーキング・ジョギング・水泳・自転車などの有酸素運動が、体内のコレステロールを下げる運動として推奨されています。

バスや電車で1つ前の駅で降りて歩いてみるなどして、生活の中で運動を取り入れましょう。

まずは1日30分以上の運動を毎日続けることが望ましいですが、無理な場合は少なくとも週に3日は運動をするようにしてください。

また「10分×3回でトータル30分」といった形で、1日に運動する時間を数回に分けても問題ありません。

禁煙をする

たばこには動脈硬化を進行させる物質が多く含まれています。禁煙は動脈硬化の進行を防ぐ大きな対策になります。

コレステロールを下げる市販薬

動脈硬化の基本的な予防方法はあくまでも食事と適度な運動ですが、補助的な意味でコレステロール値をコントロールする市販薬を活用するのも1つの方法です。

 

有効成分

パンテチン

大豆油不けん化物

酢酸d-α-トコフェロール

高コレステロール改善薬のコレストンは3種の有効成分を配合しています。

大豆由来成分の大豆油不けん化物が腸からの余分なコレステロール吸収を抑え、排泄をうながします。

また、パンテチンや酢酸d-α-トコフェロールがコレステロールの代謝改善や酸化防止に効果を発揮し、血液がドロドロになったり、血管へ沈着することを防ぎます。

 

シンプトップ 100CP(第3類医薬品)

有効成分

ポリエンホスファチジルコリン

コレステロールの代謝や、血中コレステロールの分解・排泄をうながすシンプトップは、有効成分であるポリエンホスファチジルコリンを大豆から抽出・精製したカプセルです。

ポリエンホスファチジルコリンは血管の機能を調節する役割も持っているため、コレステロール値の改善とともに血管が硬くなるのを防ぎます。

 

薬を服用しても生活習慣の改善は必須

薬は血液中のコレステロールや中性脂肪が多い状態を治すわけではなく、あくまでコントロールをしているだけです。根本的な原因を解消するためには、食事療法と運動療法は必須となります。

薬を服用しても食生活の改善と適度な運動は継続するようにしてください。