カンジダ治療薬:塗り薬の正しい使用方法

薬の効果を最大限に引き出すためには、薬を正しく使用することがとても重要となります。

カンジダの治療薬は膣錠と塗り薬の2種類ありますが、今回は塗り薬の正しい使用方法について解説します。

カンジダ治療薬の正しい塗り方

STEP1

使用前に入浴をするか、もしくはぬるま湯等で患部を綺麗に拭き取りましょう。

STEP2

手指を石鹸で綺麗に洗い、適量を患部に塗ります。

使用する薬の量は、人差し指の第一関節まで(約2cm)を目安にしましょう。

STEP3

薬を使用したあとは、患部に触れた手指を石鹸でしっかり洗いましょう。

塗る場所について

カンジダの塗り薬を使用する際は、症状がある部位よりも少し広めに薬を塗るようにしましょう。

また、使用できるのはあくまで外陰部になります。外陰部は膣の入り口の周りの部位をさし、膣内は含まれません。膣の中にもかゆみを感じていたり、おりものの症状がある方は、膣内にもカンジダ菌が増殖しているため、膣錠を併用する必要があります。(膣錠を購入希望の方はこちら

塗る回数について

カンジダの塗り薬は1日2〜3回を目安に使用しましょう。外陰部にかゆみを感じるタイミングで使用してください。

カンジダの塗り薬を使用する時の注意点

カンジダの塗り薬を使用する時は次のことに注意しましょう。

いつまで塗ればいいのか

カンジダの塗り薬は、外陰部のかゆみが消失したら使用を終了しても問題ありません。ただし、外陰部のカンジダ菌の増殖がおさまっているかの判断が難しいため、心配な方はかゆみが消失しても6日間は使用を続けることをおすすめします。

 

【膣錠と併用している場合】

カンジダの膣錠は症状が消失しても、必ず6日間は薬を使い切る必要があります。クリームと膣錠を併用している場合は、かゆみが消失したらクリームは使用を終了し、膣錠は6日間使い続けてください。完治しているか心配な方はクリームも膣錠と一緒に6日間使用を続けましょう。

生理中は使用できません

途中で生理が始まってしまった場合は、薬の使用を中止する必要があります。

生理が原因で治療を最後までおこなえなかった場合は、生理が終わった後に完治しているかを病院で検査してもらいましょう。

基本的にカンジダの治療薬を使用する場合は、生理予定日を考慮して使用を開始することをおすすめします。

症状が良くならない場合は?

カンジダの塗り薬を6日間使用しても症状が治らない場合、もしくは3日間使用しても症状が改善しない場合は、薬の使用を中止し、病院を受診するようにしましょう。

別の疾患が原因になっている可能性があります。まずは病院で検査を受けて原因を特定しましょう。

膣カンジダは塗り薬だけで治る?

膣カンジダの治療薬は塗り薬と膣錠の2種類ありますが、症状が外陰部のみの場合であれば塗り薬のみで治療が可能です。ただし、膣内にもかゆみがあったり、おりものが白く濁るなどの変化があった場合は、カンジダ菌が膣内でも増殖しているため、膣錠も使用する必要があります。

おすすめのカンジダ膣錠

フレディCC膣錠

有効成分 用法用量 内容量

イソコナゾール硝酸塩

1日1回1錠を挿入(就寝前が望ましい)

6錠

イソコナゾール硝酸塩配合のカンジダ再発治療薬です。膣内の水分で薬が柔らかく崩れて成分が膣内に留まります。膣錠のあるところから徐々に効果が広がっていき、イソコナゾールが膣の内部をしっかり殺菌します。臨床試験では98.4%の高い治療効果が確認されている薬です。

 

メディトリート

有効成分 用法・用量 内容量

ミコナゾール硝酸塩

1日1回1錠を就寝前に挿入

6錠

ミコナゾール硝酸塩を配合したカンジダ再発治療薬です。小型の坐剤でなので、薬をスムーズに膣の奥まで挿入することができます。体温で薬が溶け、有効成分が広がっていき、膣内のカンジダ菌を殺菌します。

 

フェミニーナ膣カンジダ錠

有効成分 用法・用量 内容量

オキシコナゾール硝酸塩

1日1回1錠を挿入(就寝前が望ましい)

6錠

オキシコナゾール硝酸塩配合のカンジダ再発治療薬です。アーモンド型の錠剤で、膣内に挿入しやすく、また挿入後は膣外へ脱落しにくい形状になっています。無着色・無臭の錠剤で、膣内の水分を吸収して錠剤がすみやかに崩壊し、有効成分が広がります。

 

オキナゾールL100

有効成分 用法・用量 内容量

オキシコナゾール硝酸塩

1日1回1錠を挿入(就寝前が望ましい)

6錠

フェミニーナ膣錠と同じ成分であるオキシコナゾール硝酸塩を配合したカンジダ再発治療薬です。剤形も同じくアーモンド型で、挿入後に膣外へ脱落しにくい膣錠となっています。