陰部のかゆみが治らない場合:感染症の可能性

デリナースクールを使用しても陰部のかゆみが治らない場合は、かゆみの原因が感染症によるものである可能性があります。

デリナースクールは細菌や真菌に対しては効果がありません。原因が感染症の場合は、まずは原因菌が何かを明確にする必要があるため、早めに医療機関を受診してください。

 

陰部にかゆみが出る代表的な感染症には次のものがあります。似たような症状が出ている場合は、感染症にかかっている可能性が高いでしょう。

いんきんたむし

いんきんたむしは白癬菌(はくせんきん)というカビによる感染症です。
水虫と同じ菌が原因であるため、水虫があるとそこから広がってしまうことがあります。

白癬菌は、温かく湿った環境を好みます。

特に男性の陰嚢と太ももが接触する場所が、白癬菌が増殖しやすい環境のため、女性より男性に多く発症します。

 

《いんきんたむしの症状》

円形、もしくは楕円形に赤く発疹ができ、輪の中は治っているように見えるのが特徴です。

太ももの内側などに発症し、陰部やその周辺に広がることもあります。強いかゆみがあり、痛みを感じることもあります。陰嚢にはあまり症状が出ません。

カンジダ

膣の中にいるカンジダ菌が増殖することによる感染症です。

カンジダ菌自体は、健康な男女の体内にも存在する常在菌です。

ストレスなどによる抵抗力の低下、ホルモンバランスの乱れなどによって菌が増殖し発症します。

男性で発症することは少なく、女性によく現れる症状です。

 

《カンジダの症状》

陰部に強いかゆみを感じたり、場合によってはヒリヒリと痛みをともなう事があります。また、おりものが白濁していたり、粘度が高くなるなど、おりものがいつもと違う状態に変化している場合は、カンジダの可能性が高いです。

他に、外陰部に発疹や発赤がでるなどの症状があります。

性器ヘルペス

単純ヘルペスというウイルスによる感染症で、感染しても無症状であることが多く、粘膜や唾液などを通して感染します。

 

《性器ヘルペスの症状》

外陰部の不快感やかゆみが現れ、その後陰部に水ぶくれや、赤いぽつぽつができます。症状が進むと水ぶくれが破れて潰瘍ができ、場合によっては歩く事もつらいほど強い痛みを引き起こします。

トリコモナス

膣トリコモナス原虫という微生物が性器内に入り込むことで炎症をおこす感染症です。

性行為による感染が多いですが、浴槽や便器、下着やタオルなどが原因となる場合もあります。

 

《トリコモナスの症状》

男性にはほとんど症状が出ませんが、軽い排尿痛や尿道から膿が出ることがあります。
女性は泡状で悪臭の強いおりものが増加し、陰部に強いかゆみや痛みを感じます。

他にも、外陰部が赤くただれヒリヒリしたり、排尿痛などの症状が出ます。

毛ジラミ

毛ジラミという虫が陰毛に寄生して起こる感染症です。

性行為による接触感染が多いですが、タオルなどから感染することもあります。

 

《毛ジラミの症状》

湿疹などはありませんが、男女ともに陰毛付近に強いかゆみが発生します。

かゆみがひどくなると、かきむしった刺激によってかぶれを起こす場合もあります。

下着に黒い点状のしみがつくことがあります。(ケジラミの血糞)

病院に行く前に相談したい方はLINEで薬剤師相談を!

病院を受診する前に相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください!ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

 

《LINEで薬剤師に相談する》
https://minacolor.com/questions/ask/