尿もれの原因について

尿もれは医学的には尿失禁といい、多くの男女が悩む排尿トラブルの1つです。尿もれにも様々な種類があり、それぞれ原因が異なります。

腹圧性尿失禁

咳やくしゃみをしたり、重い荷物を持ったりなど、お腹にグッと力が入るタイミングで尿が少し漏れてしまうのが腹圧性尿失禁です。基本的には大量に漏れることは少なく、「チョロ」っと少量の尿が漏れてしまうことが特徴です。比較的女性に多い尿もれのタイプです。

 

●腹圧性尿失禁の原因●

腹圧性尿失禁は膀胱や尿道を支える骨盤底筋が加齢によって衰えたり、何らかの原因で傷んでしまうことによって起こります。排便時のいきみや重い荷物を持つ仕事などは、骨盤底筋の傷みに繋がります。女性の場合は出産によって骨盤底筋が緩み、尿もれが起こるケースも非常に多いです。

また、肥満体質の方は過剰な内臓脂肪で膀胱が圧迫されるため、腹圧性尿失禁になりやすいです。

排尿後尿滴下

排尿後に自分の意思とは反して数滴の尿が漏れてしまう症状を排尿後尿滴下といいます。比較的男性に多いタイプの尿もれです。

 

●排尿後尿滴下●

排尿後尿滴下は、尿道に尿が漏れ出すことを防ぐ尿道括約筋や、尿道にある尿を最後まで出し切る筋力が衰えることによって引き起こされます。主な原因は加齢によるものですが、場合によっては前立腺肥大症などの泌尿器系の病気が原因となるケースもあります。

切迫性尿失禁

膀胱に尿が十分に溜まっていないのに、自分の意思とは別に膀胱が勝手に収縮してトイレにいきたくなってしまう症状を尿意切迫感といいます。尿意切迫感によって急にトイレに行きたくなり、我慢できずに漏らしてしまうことを切迫性尿失禁といいます。

 

●切迫性尿失禁●

切迫性尿失禁は主に過活動膀胱という病気によって引き起こされます。過活動膀胱の原因は様々ですが、主に加齢や心因的なストレスが多いです。他にも泌尿器系の病気や、脳と膀胱を繋ぐ神経の伝達トラブルが原因となるケースもあります。

尿もれに効く市販薬について

尿もれは軽い症状であれば市販薬での治療が可能です。市販薬の中で唯一、効能効果に尿もれの記載がある薬は八味地黄丸という漢方です。

八味地黄丸

8種類の生薬が配合されている漢方薬です。体を温める効果があり、尿もれや頻尿、残尿感、夜間頻尿などに効果を発揮します。排尿トラブルに効果を発揮する市販薬の中には、男性が服用できないものもありますが、八味地黄丸は男性も安心して服用できる薬です。

また、冷えにともなう足腰の慢性的な痛みやしびれを取るのに用いられることもあります。

錠剤と顆粒どっちがいい?

八味地黄丸は市販でも購入することが可能です。商品によって錠剤タイプと顆粒タイプがありますが、服用の好みでどちらを選択するか決めると良いでしょう。

  特徴
錠剤 顆粒に比べて口に残る感じが少ないので漢方特有の味が苦手な方におすすめ
顆粒 錠剤のような固形物を飲み込むことが苦手な方におすすめ

病院に行くべきケースについて

尿もれは軽い症状であれば、市販薬を服用したり、お家でトレーニングを行うことで解消することが可能です。

ただし場合によっては泌尿器系の疾患や神経系の疾患など、別の原因疾患が隠れているおそれもあります。症状が重い、おしっこが出にくい、血尿がある、などの他に気になる症状がある場合は、必ず病院の診察を受けるようにしましょう。

尿もれにおすすめの市販薬|八味地黄丸

尿もれに効果を発揮する八味地黄丸の市販薬をご紹介します。錠剤タイプと顆粒タイプがあるので、ご自身の服用の好みに合った商品を選びましょう。

錠剤タイプ

年齢 剤形
5才以上 錠剤

八味地黄丸料を配合した錠剤タイプの漢方薬です。尿もれ以外にも頻尿や残尿感などの排尿トラブルに広く効果を発揮します。

錠剤タイプなので薬が口の中に残る感じが少なく、漢方特有の味が苦手な方でも飲みやすい薬となっています。

また、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師へ無料相談することが可能です。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談ができるので、安心して薬を使用することができます。

顆粒タイプ

ツムラ漢方八味地黄丸料エキス顆粒A 20包(第2類医薬品)

年齢

剤形

2才以上

顆粒

カツジンEP錠と同じく八味地黄丸を配合した市販薬です。顆粒タイプの薬なので、錠剤のような固形物を飲み込むことが苦手な方にもおすすめです。2才から服用が可能で、幅広い年齢層の方が使用できる頻尿の薬です。

お家でできる尿もれ対策|骨盤底筋トレーニング

膀胱や尿道を支える骨盤底筋を鍛えるトレーニングです。頻尿や尿もれは骨盤底筋の筋力が弱くなることによって引き起こされます。

弱まった骨盤底筋の筋力トレーニングを行うことによって、頻尿や尿もれなどの排尿トラブルの改善が期待できます。

骨盤底筋トレーニングのやり方

①腹筋などの他の筋肉の力を抜いた状態で、お尻の穴を身体の中に引き込むようにぎゅっと引き締める。(女性の場合は膣も同様に)

②数秒〜数十秒力を入れ続け、その後力を抜く。

③少し休んだらまた力を入れる。このサイクルを一日に何度か繰り返す。

 

最初は骨盤底筋以外の筋肉の力を入れないためにも、仰向けになってリラックスした状態で行うことがおすすめです。慣れてきたら立っている状態でも座っている状態でも行うことができるトレーニングですので、電車で立ってる時や仕事で座ってる時など、隙間時間を利用してトレーニングを行いましょう。

決まった回数はありませんが、ご自身の負担にならない範囲で行うと良いでしょう。

尿もれシートを活用しましょう

頻繁に尿もれが起こって下着が濡れてしまうという方は、尿もれシートを活用してみましょう。

尿もれシートは男性用・女性用がそれぞれ販売されており、水分を吸収して乾燥させることによって、下着が湿ってしまう不快感を解消します。

消臭効果や抗菌効果のあるシートが多いため、衛生的にもおすすめです。ただしシートはこまめに交換するようにしましょう。