更年期のトラブルを改善する方法

更年期に訪れるさまざまな症状は、日常生活を見直すことでも改善が期待できます。更年期症状が悪化する原因を減らし、健康的な生活を目指しましょう。

ストレスを解消する

更年期症状はストレスなどの精神的なものが強く影響し、日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。

40代、50代の女性は家庭や職場の環境に関する悩みが多くなります。

自身の生活を振り返り、ストレスの原因となるものがあれば少しずつ整理していきましょう。

生活習慣を改善する

生活習慣の乱れは、更年期症状を悪化させる原因になります。

気を付ける点は2つ。規則正しい生活リズムと、定期的な運動です。

まずは、毎日同じ時間に寝ることを心がけましょう。規則正しい生活リズムを手に入れるために、起床時間と睡眠時間を一定にすることが大切です。

そして、軽い運動はストレスを軽減させ眠りの質を向上させます。

食生活を見直す

健康的な体の基本は毎日の食生活にあります。

栄養バランスの良い食生活は、更年期に多くなる高血圧や糖尿病などの生活習慣病を防ぐ効果も期待できます。更年期には特に大豆製品の摂取がおすすめです。大豆イソフラボンには、更年期症状を軽減する効果が期待されています。

サプリメントを摂取する

大豆イソフラボンはサプリメントからも摂取することができます。体内で大豆イソフラボンから生産されるエクオールという成分は女性ホルモンと似た働きをすることで女性の健康と美容をサポートしてくれます。

しかし、エクオールを体内で生産できる人は日本人の2人に1人程度しかおらず、また、エクオールを生産できる人は更年期症状が軽く、生産できない人は重い傾向があるというデータがあります。

エクオール含有食品『エクエル』は大豆を乳酸菌で発酵させて作られたサプリメントです。エクオールを直接摂取することができ、十分に生産できなかったエクオールの不足分を補うことができます。不足した女性ホルモンをエクオールが補うことで、更年期に訪れるさまざまなトラブルが改善されたという報告があります。

エクエル 大塚製薬 パウチ エクオール 120粒

婦人科で相談する

更年期の症状がひどく日常生活に支障をきたしてしまう場合には、「更年期だから」と自分で判断せず、婦人科で相談してください。

更年期の症状に隠れていた基礎疾患がみつかる場合もあります。

更年期を乗り換えるための心構え

閉経(1年間月経がない状態)の前後10年間を更年期と呼びます。閉経の時期に個人差はありますが、閉経となる平均年齢はおよそ50歳です。

更年期は女性ホルモンの乱れからさまざまな体の不調が出やすい時期です。

 

更年期は、不調の種類や症状にも個人差はありますが、誰にでも訪れるものです。ネガティブに捉える必要はありません。そういうものだと受け入れることから始めましょう。

 

「体がだるい」「何をやってもうまくいかない」こういった感情の積み重ねが、自分へのイライラとなって精神状態を悪化させてしまいます。

 

たまには、「頑張らなくていいんだ」という気持ちでリラックスする時間を作りましょう。決して無理をせず、今まで頑張ってきた自分を労わってあげてください。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

医薬品について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

 

《LINEで薬剤師に相談する》