鮫肌(毛孔性苔癬)の症状と原因

二の腕などの部位にブツブツが沢山できる症状、いわゆる鮫肌は、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚疾患が原因となっていることが多いです。

毛孔性苔癬を発症すると約1〜3mmほどの発疹があらわれ、触るとザラザラした感触になることが特徴です。赤みをともなったり、色素沈着して黒ずむこともあります。まれにかゆみを感じることがありますが、痛みが生じることはありません。

子供の頃に発症するケースが多い

毛孔性苔癬のブツブツの正体は毛穴に詰まった古い角質です。皮膚のターンオーバーの乱れや乾燥、過剰な皮脂分泌が原因とされています。

小学生くらいの思春期の時期に目立って発症することが多く、大人になるにつれて自然と治っていく人もいます。

気にならなければ特に治療をする必要もないですが、見た目が嫌だったり、ブツブツが気になって掻きむしってしまう場合は治療をおこないましょう。

毛孔性苔癬は市販薬で治る?

毛孔性苔癬は市販の薬で治療することが可能です。ただし、皮膚が炎症を起こしていたり痛みをともなっている場合は毛孔性苔癬ではなく他の疾患の可能性があるため病院に行きましょう。

毛孔性苔癬にはどんな薬を使えば良い?

毛孔性苔癬の治療に重要なのは角質のケア保湿ケアの2つです。それぞれのケアに効果を発揮する薬について解説します。

尿素配合の塗り薬で角質ケア

まずは毛穴に詰まった古い角質を取り除くことが必要です。そのためには尿素を含んだ塗り薬がおすすめです。

尿素には角質をやわらかくし、余分な角質を取り除く作用があります。

尿素を含んだ薬を選ぶときは、尿素20%配合のものがおすすめです。尿素の配合率が低い薬に比べて、効果を実感しやすいでしょう。

 

●尿素配合の市販薬に含まれる補助成分

尿素配合の市販薬には、尿素以外にも皮膚のトラブルを改善する補助成分が入っている場合があります。皮膚の赤みなどが気になる方は次の補助成分が含まれている薬を選びましょう

成分名 効果
トコフェロール酢酸エステル 血行を改善し、新陳代謝を高める
グリチルリチン酸二カリウム 皮膚の赤みをおさえる

ヘパリン類似物質配合の保湿剤で保湿ケア

角質層内の水分不足は毛孔性苔癬の原因となるため、尿素による角質ケアと合わせて保湿ケアが重要となります。保湿剤としておすすめなのがヘパリン類似物質です。

ヘパリン類似物質は一時的な保湿ではなく、皮膚の奥にある細胞に働きかけることで、皮膚が本来持っている水分保持機能を改善することができます。

保湿以外に、抗炎症・血行促進の効果もあるため、皮膚の炎症をおさえ、肌荒れを改善する作用があります。

市販薬の剤形について

同じ成分の薬でもその剤形によって、皮膚の状態に適したものや使いやすさが変わります。以下の表を参考にしていただき、ご自身にあったものを選びましょう。

主な剤形 特徴
クリーム ・塗り広げやすい
・べたつかず、水で洗い流せる
軟膏 ・患部の保護機能に優れ、皮膚への刺激が少ない
・べたつくため、洗い流しづらい
乳状液 ・クリームよりものびやすく、肌へのなじみが良い

毛孔性苔癬に効く市販薬

毛孔性苔癬の治療におすすめの尿素配合の塗り薬と、ヘパリン類似物質配合の保湿剤をご紹介します。成分や剤形を参考にしていただき、ご自身にあったものを選びましょう。尿素を含む薬は全て尿素20%配合です。

尿素

ユーリラックスUb 45g

主成分 剤形
尿素
トコフェロール酢酸エステル
グリチルリチン酸二カリウム
クリーム

角質をやわらかくする尿素に加え、トコフェロール酢酸エステルが血行を改善、皮膚のターンオーバーを促進しきれいな肌を取り戻します。さらにグリチルリチン酸二カリウムが気になる赤みをおさえます。

ユーリラックスUbは、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師に無料で相談ができます。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談できるため、安心して薬を使用することができます。

 

M.ケラチナミン・コーワ20%

主成分 剤形
尿素 クリーム

主成分が尿素のみ配合のシンプルな塗り薬です。肌の赤みなどもなく、ザラザラの原因となる毛穴の角質のみにアプローチしたい方にはおすすめの薬です。

クリームタイプのため軟膏と比べて塗り広げやすく広範囲の患部に適しています。

 

チョコラザーネプラス 60G(第3類医薬品)

主成分 剤形
尿素
トコフェロール酢酸エステル
グリチルリチン酸二カリウム
軟膏

軟膏タイプのためクリームと比べ刺激が少なく、皮膚の保護機能も高いのが特徴です。皮膚への刺激をなるべく少なくしたい方にはおすすめですが、軟膏タイプなので使用感は若干べたつきます。

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質 乳状液 50g

成分 剤形
ヘパリン類似物質 乳状液

ヘパリン類似物質により皮膚の水分を保ちバリア機能を高めます。珍しい乳状液タイプでクリームよりもさらさらした使用感が好みの方や、より広範囲に塗り広げたいという方におすすめです。

ミナハダは、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師に無料で相談ができます。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談できるため、安心して薬を使用することができます。

 

ヒフメイド油性クリーム

成分 剤形
ヘパリン類似物質 クリーム

クリームタイプでしっとりした使用感の薬です。塗り広げやすいクリームが患部をしっかりとカバーします。オイルベースのクリームが水分の蒸発を防ぎ、肌のうるおいが持続します。

毛孔性苔癬の自宅でのケア方法

毛孔性苔癬を治療する場合、尿素配合の保湿剤での治療と合わせて、ご自宅でのケアが重要となります。次のことに注意しましょう。

入浴後に保湿する

尿素配合の塗り薬や保湿剤を使うタイミングは、肌が清潔な入浴後がおすすめです。

皮膚の水分をしっかりとタオルで拭き取ってから薬と保湿剤を塗りましょう。

入浴後は皮膚が乾燥しやすいため、体を拭いたらすぐに保湿することを心がけてください。

保湿剤を先に、薬は後に塗る

薬と保湿剤を両方塗る場合は、一般的に保湿剤を先に塗ったほうが良いです。尿素配合の塗り薬を先に塗ると、人によっては効果が強く出すぎて刺激が強くなる恐れがあります。また、保湿剤を先に塗ることによって保湿成分が浸透しやすいため、まずは保湿剤を、次に薬を塗るようにしましょう。

ラップや蒸しタオルでパックする

保湿剤を使用した後は、患部をラップで巻いてパックしたり、蒸したタオルで温めたりすると、成分が皮膚に浸透しやすくなります。乾燥したときのスペシャルケアとして取り入れてみても良いでしょう。

日焼け止め対策をしっかり

紫外線を浴びすぎると肌のターンオーバーが乱れ、皮膚の表面にザラザラとした古い角質が残ったり、皮膚の中の保湿成分が作られにくくなったりします。

外出する際は日焼け止めをしっかりと塗り、もし紫外線を強く浴びてしまった場合は保湿ケアを入念におこなってください。

規則正しい生活習慣を

食生活の乱れや睡眠不足、精神的なストレスなどもターンオーバーが乱れる原因になります。普段の生活を見直し、健康な肌を目指しましょう。良い生活習慣が肌を健康に保ちます。