生理痛を和らげる方法

生理痛を緩和するポイントは生理中に停滞しやすくなる血の流れを改善することです。血の流れを改善し、生理痛を和らげるための具体的な方法を紹介します。

適度な運動をする

生理前は骨盤付近の血の流れが悪くなり、血が停滞しやすくなります。血が停滞してしまうと生理痛の悪化に繋がるため、適度な運動をすることで血行を改善することが大切です。

生理の一週間前から、ジョギングやウォーキングなどの軽い有酸素運動を行うと良いでしょう。軽いストレッチなどでも効果があります。

体を冷やさない

体が冷えると血の流れが悪くなり生理痛の悪化に繋がります。下半身を温めることで血行が良くなり痛みが緩和されます。

入浴時はしっかり湯船につかって体を温め、リラックスしましょう。日常生活の中でも、ひざかけや腹巻などを使って体を冷やさないように注意しましょう。

生理中は湯船に入りたくないという方は、足湯でも体を温めることができます。

足湯は熱めのお湯で15~20分程度行うと良いでしょう。

ストレスをためない

ストレスは生理痛を悪化させる原因になります。生理の期間中は痛みなどによって思うように動けず、ストレスが溜まりがちです。そんなときは無理に頑張ろうとせず、自分を労わってあげましょう。

自分にあったストレス解消法をみつけておくと良いでしょう。軽いストレッチは血行を良くする効果もあるため、おすすめです。

脂質が多い食品を避ける

脂質が多く含まれる食品は痛みの元となるプロスタグランジンという物質の元になってしまいます。生理の期間中は脂身の多い肉や、ジャンクフードは避け、バランスのいい食事を心がけましょう。

また、冷たい飲み物やアイスなども体を冷やしてしまうため避けましょう。

生理中の無理は禁物

生理痛は無理をしないことが大切です。

「頑張らなきゃ」という気持ちがストレスになり、生理痛を悪化させてしまいます。

無理をせずに鎮痛薬を飲んで、体を休めましょう。横になっているだけだと、気持ちが塞がりがちになってしまうため、自分に合ったリフレッシュ方法を見つけておくと良いでしょう。

病院を受診する目安

市販薬を服用しても痛みが治まらない場合や、生理痛によって日常生活に支障をきたすような場合は、婦人科を受診しましょう。単なる生理痛ではなく、他の病気が隠れている可能性もあります。

症状にあわせて、低用量ピルなどの他の治療方法もありますので、医師と相談してください。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことや、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談することができ、それぞれのお悩みに対応します。

 

《LINEで薬剤師に相談する》