花粉症によるアレルギー症状の原因

花粉症によるアレルギー症状は、体内に侵入した異物に対するアレルギー反応です。

空気中に浮遊している花粉が鼻や目の粘膜に付着すると、体の細胞からヒスタミンなどの物質が放出されます。放出されたヒスタミンなどの物質によって、鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどの様々な症状があらわれます。

花粉症によるアレルギー症状

花粉症によるアレルギー症状は、アレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎の大きく2つに分けられます。

アレルギー性鼻炎とは、鼻の粘膜に入った異物を排除しようとするアレルギー反応が過剰に起こることによって、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状があらわれることです。

アレルギー性結膜炎とは、花粉などの物質が目に侵入することによって、まぶたの裏側にある結膜に炎症が起こっている状態のことで、強いかゆみがあらわれることが特徴です。

花粉症による主な症状
アレルギー性鼻炎 鼻水、鼻づまり、くしゃみ
アレルギー性結膜炎 目のかゆみ、充血、異物感、なみだ目、目やに

花粉症がひどくなる原因は?

花粉症の症状がひどくなる原因は、毎日の生活習慣によって花粉に対する免疫力が下がってしまうこと、花粉の飛散量が増えることで花粉を吸い込む量が多くなることの2つに分けられます。

花粉症がひどくなる原因
花粉の飛散量 毎日の生活習慣

花粉の飛散量が増える原因

春に多く飛散するスギやヒノキの花粉は、前年夏の気象条件と、前年春の花粉飛散量が大きく影響します。
前年夏の日照時間が長く、気温が高いと花粉の飛散量は多くなり、前年春の花粉飛散量が多い場合は、少なくなる傾向があります。

今年の花粉の飛散量 前年夏の気象条件 前年春の花粉飛散量
多い 日照時間:長い
気温:高い
少ない
少ない 日照時間:短い
気温:低い
多い

花粉症を悪化させる生活習慣

毎日の生活習慣が花粉症がひどくなる原因のひとつです。不規則な生活習慣によって体の機能を無意識に調節している自律神経や体の免疫力に影響をおよぼすことで、花粉によるアレルギー反応が起こりやすくなってしまいます。

花粉の飛散量はコントロールできませんが、毎日の生活習慣は改善することで症状が悪化する要因を減らすことができます。

睡眠不足

睡眠不足になると体の免疫や自律神経のバランスを崩しやすくなり、花粉症の症状を悪化させる原因になります。

花粉症の症状が出始めると寝つきが悪くなり悪循環になってしまうため注意が必要です。

精神的なストレス

精神的なストレスによって自律神経の乱れや、体の免疫力に影響を及ぼします。

免疫力の低下によって、少量の花粉にも過剰に反応してしまい、症状が悪化する可能性があります。

飲酒・喫煙

アルコールが血管を拡張することによって、鼻づまりや目の充血などの症状が起こりやすくなります。また、たばこの煙によって、鼻の粘膜が直接刺激され、鼻づまりを悪化させる原因になります。飲酒や喫煙が習慣になっている方は、花粉の症状をおさえるためにも控えることをおすすめします。

花粉症は朝がつらい?

1日の中で、特に朝の時間帯に花粉症の症状に悩まされる人が多いといわれています。このように、朝起きてからすぐに、鼻水やくしゃみなどの花粉によるアレルギー症状があらわれることを花粉症のモーニングアタックと呼ばれています。

花粉症のモーニングアタックの考えられる原因
・睡眠中に落ちてきた花粉を吸い込むため
・起床時に床に落ちていた花粉が空気中に舞い上がるため
・起床時に自律神経が一時的に乱れ、鼻が過敏になるため

衣服についた花粉に注意

衣服についた花粉が家の中に持ち込まれることで、睡眠中に花粉を吸い込んでしまうリスクが高くなります。

帰宅時は玄関の前で、衣服についた花粉をはらうようにしましょう。また、上着はリビングまで持ち込まずに玄関で脱ぐようにしましょう。上着に付着した花粉が家の中に入ってしまうことを防ぐことができます。

花粉の症状には市販薬を使用しましょう

花粉症によるアレルギー症状は、生活習慣の改善やマスクなどの花粉対策をしても完全に防げるものではありません。日常的な花粉対策だけではなく、市販薬を活用することで、花粉症による症状を効果的におさえることができます。

花粉症による目のかゆみに効く目薬

【第2類医薬品】アイカフーンAG 15mL

成分
ケミカルメディエーター
遊離抑制成分
クロモグリク酸ナトリウム
抗ヒスタミン成分 クロルフェニラミンマレイン酸塩
抗炎症成分 グリチルリチン酸ニカリウム
角膜保護成分 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
アミノ酸成分 タウリン
ビタミン成分 ピリドキシン塩酸塩

アイカフーンAGは、6種類の有効成分が配合されたアレルギー専用の目薬です。

抗アレルギー成分のクロモグリク酸ナトリウムがアレルギー症状を緩和し、抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムと、かゆみをおさえる成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩が、つらい目のかゆみや充血などの症状に効果を発揮。コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが花粉などでダメージを受けた角膜を保護します。すっきりとしたさし心地のクールタイプの目薬です。

 

アイカフーンAGは、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師に無料で相談ができます。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談できるため、安心して薬を使用することができます。

 

目のかゆみに効く市販薬の選び方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。