鼻づまりで鼻声になって苦しい…
相手の声が鼻声で聞き取りづらい…
カラオケで自分の声が鼻声に聞こえる…
風邪を引いていないのに、鼻声なのはなんで…?

自分の声や他人の声が、鼻声であると意識する場面はさまざまです。

鼻声は耳鼻咽喉の病気の際には日常的にみられる症状です。しかし、病的な症状としてだけではなく、鼻声はさまざまな面で研究の対象となっているのです。

どのように発せられてどのように振動し音となるか、音声言語学としての側面。
また、歌唱の手法として美的な表現で使われる側面、など。

いろんな顔を持つ鼻声。
この記事では、主に鼻の病気に関係する鼻声についてみていきます。

鼻声ってどんな声?声が鼻にかかる状態とは

そもそも、鼻声とはどういう声のことを指すのでしょうか?
鼻声は「鼻にかかった声」のことを指します。そして、実は鼻声にも種類があります。

鼻声は鼻が詰まった声(閉鼻声:へいびせい)】【鼻に音が抜けすぎる声(開鼻声:かいびせい)】の、2つに分けることができます。

私たちが普段感じる鼻声の大部分は、鼻が詰まったような声である閉鼻声になります。それぞれの鼻声には、状態や聞こえ方に違いがあります。

鼻が詰まった声:閉鼻声

発音するときに鼻から抜けるはずの空気が抜けずに、鼻の中で共鳴してしまう状態の声。発声すると、「マ行」の音が「バ行」に、「ナ行」の音が「ダ行」に近い音で発音されます。閉鼻声では、高音が出にくいため、柔らかな印象の声になります。しかし、滑舌や歯切れは悪くなり、やや聞き取りづらくなります。

鼻に抜けている声:開鼻声

口の中に空気を保つことができず、鼻から息が漏れてしまい、うまく発音ができない状態の声。発声すると、「バ行」の音が「マ行」に、「ダ行」の音が「ナ行」に近い音で発音されます。
口蓋の病気に原因がある場合、発声時に口から鼻へ空気が抜けるだけではなく、食事の際に、口から摂取した水分なども鼻に抜けてしまう場合があります。

さまざまな原因が鼻声を引き起こす!

鼻声になる原因は一つではありません。鼻声の種類によっても原因が異なります。

【鼻が詰まった声:閉鼻声】の原因

鼻の内部の鼻腔(びくう)を通る空気の流れが悪くなる、鼻づまりが主な原因です。
鼻づまりが起こる原因は、「鼻の骨や軟骨の変形」「鼻粘膜の腫瘍や腫れ」「その他」の大きく3つに分けられます。

◼︎鼻の骨や軟骨の変形…鼻中隔彎曲症・外鼻変形など、鼻骨の構造による病気
◼︎鼻粘膜の腫瘍…かぜ、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎など鼻粘膜の腫れ
◼︎その他の原因…腫瘍、ポリープなどが鼻腔を塞いでいる

【鼻に抜けている声:開鼻声】の原因

口蓋裂、口蓋の動きの麻痺、鼻咽頭閉鎖不全などの病気が考えられます。口蓋裂は鼻腔と発達が不完全であり、唇や上顎が裂けた状態になる病気です。通常は乳幼児期に発見され手術で治療します。

また原因となる病気がない場合、舌の筋力が不足しているために起こることも考えられます。呼気が通る通路を舌がふさいでいるため、呼気の大部分が鼻に抜けてしまいます。

鼻声の治し方:原因に合わせて鼻声をなおす

原因となる病気の治療

閉鼻声と開鼻声どちらの鼻声も、病気が原因で鼻声を引き起こしている場合は病気の治療が必要です。原因となる病気を改善しない限り、鼻声を直すことはできません。鼻づまりの原因が不明な場合は、一度耳鼻科で診察を受けることをお勧めします。

舌の筋力を鍛える

病気が原因ではない「鼻に抜ける声:開鼻声」の場合、舌の筋力を鍛えることで、呼気が通る通路を舌がふさいで空気が鼻に抜けてしまうのを防ぎます。

《舌の筋力トレーニング法》
⒈舌先を口から出して前に出したまま10秒保つ
⒉顔をやや上向きにして、舌先を曲げて鼻の方に伸ばし10秒保つ
⒊1と2を数回繰り返す
上記のトレーニングを毎日行うように心がけると、舌の筋力を鍛えることができます。

鼻づまりの改善

病気が原因ではない「鼻づまりの声:閉鼻声」の場合、鼻づまりを直すことで鼻声が改善する可能性があります。ご自宅でできる鼻づまりの解消方法をご紹介します。

◼︎お風呂でリラックス
鼻づまりは自律神経のバランスが崩れることでも起こります。お風呂に入り、身体を温めることで血行を促進し、リラックス効果により副交感神経が刺激されることで鼻づまりが解消されます。

ただし、過度のストレスや緊張で自律神経が極度に交感神経に傾いている場合、お風呂に入ることによって、逆に鼻がつまってしまうこともあるので注意が必要です。

◼︎鼻づまりに効くツボ



睛明(せいめい)
目頭と鼻の付け根の骨との間のツボ。疲れ目のときに思わず押さえてしまう場所です。指の腹で押し込むように刺激します。

鼻通(びつう)
鼻の左右にあり、鼻の長さの真ん中あたりのくぼみにあるツボ。指の腹でやや強めに押します。

迎香(げいこう)
小鼻の左右のくぼみにあるツボ。鼻通の少し下にあります。強めに押します。

◼︎鼻洗浄のススメ
鼻洗浄は、鼻づまりの解消や鼻水の緩和、鼻腔粘膜を潤す効果があります。また、鼻から入ってくる感染症のウイルスの除去にも有効です。
市販されている生理食塩水点鼻薬を使用して、鼻洗浄を行います。

鼻洗浄について詳しくは関連記事をご参照ください:風邪や花粉症、蓄膿症に効果的!小林製薬のハナノアで鼻うがい(鼻洗浄)に挑戦してみよう!〜ハナノアの使い方〜

おわりに

病気が原因で鼻声が発生している場合は、自然になおることはありません。耳鼻科を受診して適切な治療を行いましょう。病気が原因でない場合、日常生活に支障が無ければ、鼻声をそのままにしていても問題はありません。
普段は、他人に自分の声がどう聞こえているか意識することは、なかなか無いかもしれません。たまに自分の声に、意識を向けてみてはいかがでしょうか。