鼻づまりの原因

鼻づまりは医学的には鼻閉(びへい)とも呼ばれ、鼻がつまり鼻呼吸がしにくくなった状態のことをいいます。

鼻粘膜の腫れや骨の変形、異物・腫瘍によって空気の通り道が塞がれることで起こります。

具体的な原因としては次のようなものが考えられます。

アレルギー性鼻炎

ハウスダストやダニ、花粉などの影響で起こるアレルギー反応によって生じる鼻炎をアレルギー性鼻炎といいます。鼻づまりの原因として多くの割合を占めます。

鼻には花粉などの特定の物質を異物と認識すると、粘膜を腫れさせて異物の侵入を防いだり、鼻水を出して排出したりする働きがあります。

そのため、アレルギー性鼻炎になると、鼻の粘膜が腫れて鼻がつまりやすくなります。アレルギー性鼻炎の鼻水はサラサラとしているのが特徴です。

風邪による鼻炎

風邪をひくと鼻炎の症状が現れることも。

人には細菌やウイルスが体内に入ると、細菌やウイルスを異物とみなして侵入を防いだり排出したりする働きがあります。

アレルギー性鼻炎と同様に、細菌やウイルスなどの異物が体内に入らないように鼻の粘膜を腫れさせたり、鼻水を出したりといった症状が現れ、鼻がつまりやすくなるのです。

副鼻腔炎

顔にある副鼻腔に膿がたまる状態を副鼻腔炎といいます。鼻の粘膜に生じた炎症が副鼻腔に広がることで生じます。

副鼻腔炎になると、粘度が高く色の濃い鼻水が出たり、目や頰のあたりに痛みが生じたりします。また、鼻水がのどにまわって咳が出ることもあります。

副鼻腔炎のときに出る鼻水は粘度が高いため、鼻づまりの原因になります。

鼻づまりの治療法

鼻づまりの治療法は原因によって異なります。

アレルギー性鼻炎や風邪による鼻づまりの場合は、主に抗アレルギー薬を用いて治療します。アレルギー性鼻炎は、セルフケアで改善が見込めることがあるので、市販薬などを使うことも有効です。

副鼻腔炎の場合は、抗生物質の飲み薬や点鼻薬・鼻洗浄などといった治療の選択肢があり、市販薬で改善することがあります。

鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)などの骨の変形が原因で鼻づまりが生じる時は、手術で鼻中隔の骨を矯正することで治療しましょう。

こんなときは病院へ

下記に該当する場合は病院を受診してください。

 

・黄色・緑色のネバネバとした鼻水が出るときや口呼吸になってしまうことが多いとき

(原因が鼻炎以外の病気であるおそれがあるため)

 

・発熱や倦怠感など、複数の症状があるとき

(別の病気が原因となっているおそれがあるため)

 

・アレルギー性鼻炎などで市販薬を7日間程度使用しても症状が改善しないとき

(他に原因があるおそれがあるため)

鼻づまりの市販薬にはどんな種類がある?

鼻づまりに使用する市販薬を分類するとき、大きく2つに分けることができます。

ひとつは薬の形状である「剤形」、もうひとつは「成分」です。

剤形

鼻づまりに使用する市販薬の剤形には、主に点鼻薬・飲み薬の2種類があります。

点鼻薬は鼻に噴霧するタイプの薬で、主に鼻炎によって起こる鼻水や鼻づまりといった鼻の症状がつらいときに使います。

飲み薬は主に錠剤タイプの薬です。

成分

成分を大別すると「抗ヒスタミン薬」「ステロイド」「血管収縮薬」の3つに分けられます。

 

抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代があります。

第一世代は速効性にすぐれている一方で、眠気の副作用が比較的強いです。

第二世代は第一世代より効果が現れるまでに少し時間がかかりますが、眠気の副作用が少ないという特徴があります。1)

ステロイドは主に点鼻薬で使用される成分で、副作用が比較的少なく効果が高いのが特徴です2)
血管収縮薬は鼻づまりに対する効果は高いのですが、2週間以上の使用ができない上に、他の成分に比べて副作用のリスクが高いといった特徴があります。

 

1)日本医療機能評価機構:第1世代抗ヒスタミン薬・第2世代抗ヒスタミン薬

2)鼻アレルギー診療ガイドラインー通年性鼻炎と花粉症ー2016年度版

点鼻薬と飲み薬の使い分け方

基本的に、鼻づまりの症状がある場合はステロイドの点鼻薬を使用することをおすすめします。特に、鼻づまりの症状が重い場合は、ステロイドの点鼻薬を第一選択として使用することが推奨されます。3)

ただし、点鼻薬の中には年齢制限や使用期間が決まっているものがあるため注意が必要です。

飲み薬は内服するタイプの薬で、点鼻薬を使うのに抵抗がある方や市販の点鼻薬が使えない7歳未満の子供などにおすすめです。

 

3)鼻アレルギー診療ガイドラインー通年性鼻炎と花粉症ー2016年度版

点鼻薬と飲み薬の併用はできる?

点鼻薬と飲み薬を併用することができる市販薬も存在します。

ただし、薬の組み合わせによっては注意が必要な場合があるため、併用する場合は医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

鼻づまりに効くおすすめの市販薬

鼻づまりの症状を改善するおすすめの市販薬を症状別に紹介します。 

アレルギー性鼻炎による鼻づまり|点鼻薬

鼻づまりの症状がつらいときは基本的にステロイドの点鼻薬がおすすめです。ステロイドの点鼻薬が年齢制限で使えなかったり、使っても効果がなかったりするような場合は別の点鼻薬を使用するのもひとつです。

 

ナザールαAR0.1%〈季節性アレルギー専用〉

医療用の点鼻薬アルロイヤーと同じアンテドラッグステロイドのベクロメタゾンプロピオン酸エステルを配合している点鼻薬です。鼻腔内の炎症をおさえて鼻の通りをよくする効果があります。

また、眠くなりにくいため、車の運転をする人も使用できます。授乳中の使用も問題ありません。逆流しにくい設計のため、衛生的に使用ができます。

ただし、高血圧・糖尿病の方、18歳未満の方は使えません。

エージーノーズアレルカットM

スプレータイプの点鼻薬です。有効成分のナファゾリン塩酸塩が鼻腔内の血管を収縮させて、炎症をおさえることで鼻の通りを改善します。速効性があるため、15分程度で効果を発揮します。

ただし、長期で使用すると、薬剤が原因となって起こる鼻炎になるリスクがあるため、使用しても1〜2週間までを目安にしてください。また、効果が続く時間は3〜4時間程度なので、長時間症状をおさえたい場合には向きません。ステロイド点鼻薬が使えなかった場合に使用することをおすすめします。

なお、7歳未満は使えません。

アレルギー性鼻炎による鼻づまり|飲み薬

アレルギー性鼻炎で、鼻づまりの症状以外に鼻水やくしゃみなど、別のアレルギー症状がある場合は飲み薬がおすすめです。

アレルギー性鼻炎による鼻づまりの場合は、フェキソフェナジンやエピナスチンなどの第二世代の抗ヒスタミン薬が適しています。

 

【フェキソフェナジン】

抗ヒスタミン薬の多くは眠気の影響で車の運転が制限されますが、フェキソフェナジンは服用後に運転などの制限がありません。試験などで集中力を切らしたくない方にもおすすめの薬です。

また、多くの抗ヒスタミン薬が授乳中に使用することができない一方、フェキソフェナジンは国立成育医療研究センター4)の「授乳中に安全に使用できると考えられる薬」のリストに記載されています。

 

4)国立成育医療研究センター:授乳中に安全に使用できると考えられる薬

 

アレルビ

1日2回で効果があります。

【エピナスチン】

エピナスチン塩酸塩はフェキソフェナジンと同様に、比較的眠気のリスクが少ない抗ヒスタミン成分です。(自動車運転などの制限があります)

1日1回の服用のため、飲む回数が多いと薬を飲むのを忘れてしまうという方に向いています。

アレジオン20

1日1回寝る前の服用で効果があります。

風邪による鼻づまり

風邪による鼻づまりには、第一世代の抗ヒスタミン成分が配合された薬がおすすめです。

ただし、効果が期待できるのは1〜2日程度なので、長期の使用には向かない点に注意してください。

 

レスタミンコーワ糖衣錠

第一世代の抗ヒスタミン成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩を配合した飲み薬です。他の成分が入っていないので使いやすいのが特徴です。

副鼻腔炎

チクナインb

副鼻腔炎の症状を改善する飲み薬です。9種類の生薬からなる漢方薬「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」の働きで、鼻の奥の炎症を鎮めながら膿を出して、呼吸を楽にします。1日2回の服用です。眠くなる成分を含んでいません。

子供が使える!鼻づまりに効くおすすめの市販薬

鼻づまりに効く市販薬の中には年齢制限があり、子供が使用できないものがあります。

特に、2020年3月現在販売されている市販の点鼻薬は、7歳未満の子供は使用することができないので、基本的に7歳未満の場合は飲み薬がおすすめです。

ここでは子供が使える鼻づまりに効く飲み薬タイプの市販薬を紹介します。

子供の場合は、鼻づまりの原因が風邪の場合でもアレルギー性鼻炎の場合でも使える薬を紹介します。

 

アレルギール錠

4歳以上の子供も使用することができます。

抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸の働きで、鼻づまりを緩和します。

鼻の粘膜の炎症をおさえるグリチルリチン酸カリウムも配合しています。

ムヒのこども鼻炎シロップS

生後3か月から使用できる鼻炎薬です。イチゴ味でシロップタイプなので、錠剤が飲みにくい子供も飲みやすいのが特徴です。

有効成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩が鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を緩和します。生薬成分のカンゾウエキスが、鼻やのどの炎症をやわらげます。

ただし、配合されている有効成分のdl-メチルエフェドリン塩酸塩は濫用のリスクがあるため、2週間以上は使用しないでください。

ヴイックスヴェポラッブ

飲み薬や点鼻薬が苦手な子供におすすめの塗り薬です。

胸や背中に塗ることで風邪による鼻づまりの症状を緩和します。

鼻づまりの対処法

鼻づまりの症状が鼻の粘膜の炎症によって起こっているのであれば、蒸しタオルのようなもので鼻を温めると鼻の周りの血管が拡がり、少し鼻の通りが楽になることがあります。

鼻づまりのときに気をつけること

鼻をかむときは、片方ずつ、ゆっくりと、複数回に分けてかむと鼻の負担が少なくなることがあります。

両方いっぺんに鼻をかんだり強くかんだりすると、鼻の粘膜を傷つけてさらに炎症が起こり、症状が悪化することがあります。また、強く鼻をかむと耳を痛めることもあります。