耳鳴りに効く市販薬と漢方のおすすめは?薬の選び方を詳しく紹介

耳鳴りに効果のある市販薬と漢方について薬剤師監修のもと解説します。病院で処方される薬と同じ成分が配合された薬を紹介。わかりやすい漢方薬の選び方や、めまい・肩こり・のぼせ・高血圧・更年期障害などの症状をともなう場合のおすすめの漢方も記載しています。

耳鳴りに市販薬は効く?

周囲で音がしなくても音が聞こえる耳鳴りは、本人しか聞くことのできない自覚的耳鳴りと、血管の拍動による他覚的耳鳴りに分かれます。

自覚的耳鳴りの多くは難聴とともに現れ、聴覚系の異常だけでなく、耳の病気や聴覚に関する神経の病気、心因性の病気が原因のこともあります。

他にも血圧の異常や睡眠不足・過労・ストレスが原因でも起こり、実は耳鳴りが発生するメカニズムははっきりと解明されていません。

耳鳴りの原因は多くの場合不明なことが多いため、対症療法の一環として薬が使用されることがあります。

現状では耳鳴りを完全に消すことのできる薬は存在しませんが、症状を緩和させることは可能です。

市販薬にも耳鳴りへの効能・効果が認められている薬があり、市販薬を使用することは耳鳴りを改善させるひとつの手段として効果的であるといえます。

耳鳴りの市販薬の選び方

耳鳴りに効能・効果が認められている市販薬には、病院で処方される薬と同じ成分が含まれた薬と漢方があります。

病院の薬と同じ成分が含まれた市販薬

病院で処方される耳鳴りの症状を緩和する薬に「ストミンA」があり、ストミンAと同じ成分が含まれる「ナリピタン」が市販されています。

ストミンAの成分は、血管拡張剤であるパパベリン塩酸塩と末梢神経を拡張させるビタミンであるニコチン酸アミドです。

これらの成分は血行を改善し、ビタミンB群が神経の調子を整えて耳鳴りの症状を緩和させます。

ナリピタンには、パパベリン塩酸塩とニコチン酸アミド以外にもビタミンB群などが配合されており、耳鳴り以外にも皮膚炎、じんましん、にきび、吹出物、肩こりにも効能・効果があります。

製品名 効能・効果
ナリピタン 耳鳴症、皮膚炎、じんましん、にきび、吹出物、肩こり

耳鳴りに効果がある漢方薬

耳鳴りの治療には、体質を改善する漢方薬も使用されます。

苓桂朮甘湯はめまいやふらつきのある方に、七物降下湯と八味地黄丸は高血圧の方に用いられる漢方です。

また、当帰芍薬散は月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害などの症状のある女性におすすめです。

自身の体質に合わせて漢方を選びましょう。

漢方の種類 向いている体質 耳鳴りにともなう症状
苓桂朮甘湯 ・体力中等度以下で、めまい、ふらつきがあり、ときにのぼせや動悸がある方 頭痛、めまい、立ちくらみなど
七物降下湯 ・体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のない方 のぼせ、肩こり、頭重など
八味地黄丸 ・体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすい方
・尿量減少または多尿で、ときに口の渇きがある方
頻尿、腰痛など
当帰芍薬散 ・体力虚弱で胃腸が弱く、冷え症で貧血の傾向があり、疲労しやすい方 月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害など

どの薬を選んでよいか迷った場合は、弊社の薬剤師に無料で相談できるサービスがあります。ぜひご利用ください。

薬剤師に無料で相談する

耳鳴りにおすすめの市販薬

ナリピタン

ナリピタンの有効成分であるパパベリン塩酸塩とニコチン酸アミドが、耳鳴りの症状を緩和します。

加えてビタミンB群も配合されており、神経の調子を整えて肩こりなども改善します。

普段から何となくキーンという音やセミの鳴き声のようなジーという音がするなど、耳鳴りの自覚症状がある方におすすめです。

ナリピタンには眠気の副作用が現れることがあるため、薬の使用後は乗物や機械類などの運転操作はできません。

ナリピタン

耳鳴症、皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、にきび、吹出物、肩こりに効果があります。

耳鳴りにおすすめの漢方薬

めまい・ふらつき・ストレスのある方の耳鳴りに苓桂朮甘湯

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)は、ストレスを感じることの多い方に使用される漢方薬です。

グルグル回るめまいやフラフラしてまっすぐ歩けないことのあるような方におすすめです。

頭や耳の周りで滞っている水分の流れを整える働きがあります。

ストレージタイプZM

ストレージタイプZMは、苓桂朮甘湯の処方の漢方薬です。

頭痛、めまい、立ちくらみ、神経症、神経過敏、耳鳴り、動悸、息切れに効果があります。

肩こり・頭重感・のぼせのある方に七物降下湯

七物降下湯(しちもつこうかとう)は、疲れやすく顔色が悪い方、早朝に血圧が高い・年々血圧が上がっているという方に使用され、高血圧にともなう症状に効果があります。

釣藤鈎(ちょうとうこう)という血管拡張作用のある生薬が配合されており、血圧を上げる原因を改善することで耳鳴りの症状をやわらげます。

クラシエ七物降下湯エキス錠

高血圧にともなう随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重)に効果があります。

高齢で高血圧の方の耳鳴りに八味地黄丸

八味地黄丸(はちみじおうがん)は、手足が冷えやすくトイレが我慢できないなど尿トラブルのある方の耳鳴りにおすすめです。

特に加齢による高血圧にともなう症状に効果があります。

ツムラ漢方八味地黄丸料エキス顆粒

下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、残尿感、夜間尿、頻尿、むくみ、高血圧にともなう随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)、軽い尿漏れに効果があります。

冷え性で貧血の傾向のある方・更年期の耳鳴りに当帰芍薬散

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)には、血行を良くして水分代謝を整える働きがあり、冷え性で貧血の傾向のある方におすすめです。

更年期障害による耳鳴りにも効果を示します。

ルビーナめぐり

ルビーナめぐりは当帰芍薬散に、弱った胃腸の働きを活発にすることで体を温める人参を加えた処方の漢方薬です。

耳鳴りのほかに、むくみ、月経痛、頭重、足腰の冷え症、月経不順、月経異常、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、更年期障害、めまい・立ちくらみ、肩こり、腰痛、しみ、しもやけに効果があります。

耳鳴りの薬の使用の注意点

症状が改善しない場合は薬の使用を中止する

市販薬を使用しても症状がよくならない場合は、使用を中止して医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

ナリピタンの場合は5~6日間、漢方薬の場合は1か月が症状改善の目安です。

突然激しい耳鳴りが発生した場合は病院へ

突然激しい耳鳴りが起きた場合は、早めに耳鼻咽喉科など医療機関を受診してください。

特に片耳だけに症状が現れる場合は突発性難聴も疑われますので、市販薬を使用するよりも早めに耳鼻咽喉科​を受診しましょう。

耳鳴りの原因や治療法について、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

耳鳴りの多くは原因がはっきりしていませんが、市販薬を使用することで耳鳴りが緩和されることがあります。

市販薬を使用しても症状が改善しない場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ナリピタン

ストレージタイプZM

クラシエ七物降下湯エキス錠

ツムラ漢方八味地黄丸料エキス顆粒

ルビーナめぐり

dメニュー