季節性インフルエンザとは?新型インフルエンザとの違いやワクチンについて

季節性インフルエンザの潜伏期間やA型・B型・C型による症状の違いについて解説します。さらに、新型インフルエンザとの違いも比較。季節性インフルエンザのワクチンや感染後の対処についても紹介しています。

季節性インフルエンザとは?

季節性インフルエンザとは、流行性があるインフルエンザのことです。一般的に「インフルエンザ」と呼ばれるものは、季節性インフルエンザに該当します。

季節性インフルエンザは風邪と比べて感染力が強いことから、日本では毎年約10人に1人が感染しています。流行は12月から始まり、ピークを1〜3月ごろに迎えます。

A型・B型・C型の症状・特徴を比較

季節性インフルエンザの原因であるインフルエンザウイルスには、A型・B型があります。C型も合わせて、それぞれの一般的な症状を比較してみましょう。

A型 38℃を超える高熱のほか、喉の痛み、関節痛、筋肉痛などが多い
B型 下痢や腹痛といったお腹の症状が多い
C型 鼻水が出るだけなど、軽症であることが多い

A型はほかのインフルエンザウイルスよりも症状が激しいのが特徴です。重症化すると、肺炎や脳症といった合併症を引き起こすことがあります。

B型はA型と比べると症状が軽くなります。高熱が出ない場合があり、下痢などの消化器症状が出やすい傾向があります。

C型は一度免疫を獲得すれば長く持続するとされています。そのため、免疫を獲得している大人が感染することは少なく、感染したとしても風邪と間違えられる程度で気づかない場合があります。

インフルエンザウイルスの種類については関連記事をごらんください。

季節性インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザ発症を「発熱したとき」と考えた場合、季節性インフルエンザの潜伏期間はおよそ1~3日とされています。

インフルエンザウイルスの増殖は、ほかのウイルスと比べて速く、そのため潜伏期間が短いと考えられています。

ただし潜伏期間には個人差があり、1日以内に発症する場合や感染から5日以上経っても症状が現れない可能性があります。

季節性インフルエンザの潜伏期間について詳しくは関連記事をごらんください。

季節性インフルエンザと新型インフルエンザの違い

新型インフルエンザとは、A型インフルエンザウイルスの変異によって新たに生まれたインフルエンザのことです。ほとんどの人が免疫を獲得していないことから、爆発的な流行を引き起こすおそれがあります。

季節性・新型インフルエンザを比較

厚生労働省の『新型インフルエンザ対策ガイドライン』をもとに、季節性インフルエンザと新型インフルエンザを比較してみましょう。

  季節性 新型
症状 発熱
※38℃以上
頭痛
喉の痛み
関節痛など
未確定
潜伏期間 1~3日 未確定
致死率 0.1%以下 約0.5~2%(未確定)

※致死率とは、一定期間におけるインフルエンザ感染による死亡者数を指します(新型はアジア・インフルエンザとスペイン・インフルエンザの致死率を参考としています)

新型インフルエンザは、発生するまで症状や潜伏期間を確定することができません。

一方で、発症するまでのスピードが急激であることや感染力の強さは季節性インフルエンザと共通すると考えられています。

致死率に関しては、これまでに発生したアジアインフルエンザは約0.5%、スペインインフルエンザは約2%と報告されています。いずれにしても季節性インフルエンザより高い傾向です。

新型インフルエンザの詳細については関連記事をごらんください。

季節性インフルエンザのワクチンと予防対策

季節性インフルエンザが流行する前に知っておきたい、ワクチンと予防対策について解説します。

ワクチン(予防接種)について

インフルエンザワクチンの接種には、感染の可能性を減らす効果や、感染した場合も重症化を防ぐといった効果が期待できます。

インフルエンザが重症化しやすい幼児や妊婦、高齢者には特に必要なものとされているので、かかりつけ医に相談すると良いでしょう。

インフルエンザワクチンの接種時期や効果が持続する期間などは、以下のとおりです。

接種時期 12月まで
遅くても12月中旬ごろ
効果が現れるまでの期間 約2週間
免疫が持続する期間 約5か月

インフルエンザ予防接種について詳しくは関連記事をごらんください。

予防対策について

季節性インフルエンザを予防するためには、ワクチン接種のほかに「感染経路を断つこと」「免疫力を高めること」が大切です。

感染経路を断つためには、こまめな手洗いを心がけましょう。手洗いでは以下の点に注意してください。

・流水で手を濡らしてから石鹸を泡立てる
・手の甲、指先、指の間、手首まで洗う
・爪を短く切っておき、爪の間も洗う
・洗い終わったら石鹸をしっかり洗い流す
・清潔なタオルなどで水気を拭き取る

免疫力が低下していると、インフルエンザに感染しやすくなるほか、重症化のリスクが高まります。免疫力を高めるためには、以下のことを心がけましょう。

・十分な睡眠で体を休める
・栄養バランスの整った食事をとる

このほか、喉の粘膜の防御力を下げないために乾燥を防ぐことも大切です。室内では加湿器を使用して、50~60%の湿度を保つようにしましょう。

インフルエンザの予防対策について詳しくは関連記事をごらんください。

季節性インフルエンザに感染したときの対処

季節性インフルエンザに感染してしまったときの対処について、基本的な治療から出勤停止まで解説します。

基本的な治療

インフルエンザの疑いがある症状が出た場合は、早めに医療機関を受診しましょう。診療科は内科や小児科になります。医師が治療に必要と判断した場合は、抗インフルエンザ薬が処方されます。

自宅では、安静にして体をしっかりと休ませてください。また、高熱で汗をかくと脱水症状が起こりやすいので、こまめな水分補給も心がけましょう。

会社の出勤停止について

季節性インフルエンザに感染した場合、出勤停止しなければならないという法律はありません。そのため、対応は会社によって異なります。

季節性インフルエンザの際の出勤については、会社によって就業規則が定められていることがほとんどなので、会社の規則に従うようにしましょう。

インフルエンザの流行時期を迎える前に、会社の対応を確認しておくことが大切です。

学校の出席停止について

子どもが季節性インフルエンザに感染した場合、小・中学校や高校では『学校保健安全法』により出席停止の扱いとなります。

学校に登校するためには、下記の2つの条件を満たさなければなりません。

・インフルエンザ発症から5日経っていること
・熱が下がってから2日(幼児の場合は3日)経っていること

抗インフルエンザ薬の使用によって、熱が早めに下がってもウイルスの排出が終わっておらず、感染力を持ったまま登校するおそれがあることから、このような基準が設けられています。

インフルエンザの出席停止期間・登園停止期間の数え方については、関連記事をごらんください。

おわりに

季節性インフルエンザは毎年流行を迎える感染症なので、症状や予防接種の時期といった基礎知識を理解しておくことは大切です。流行前から免疫力を高める生活を心がけ、予防対策に努めましょう。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集