インフルエンザ予防接種を受ける時期はいつから?受験生や妊婦の最適な時期は?

インフルエンザ予防接種の時期を子供や大人、受験生や妊婦の場合にわけて解説!それぞれの予防接種の回数、インフルエンザ予防接種の予約がいつからできるのかもあわせて解説します。

インフルエンザは毎年、12月から翌年3月にかけて流行します。

インフルエンザを予防するためには、こまめな手洗いを心がけたり免疫力を高めることがあげられますが、予防接種を受けることが最も有効な対策です。

インフルエンザワクチンの効果をより効率的に発揮するためには、予防接種を受ける時期を知っておくことが大切です。

予防接種の時期と回数:13歳以上の大人

インフルエンザワクチンは、インフルエンザが流行し始める12月に入る前に接種することをおすすめします。

インフルエンザ予防接種は、接種した約2週間後から効果が出始め約5ヶ月持続します。

インフルエンザはその年によって流行入りする時期が異なり、11月下旬に流行入りが発表された年もあります。予防接種の効果が現れるまでに2週間かかるということも踏まえて10月〜11月のうちに接種計画を立てると良いでしょう。

ただし、12月を過ぎてしまった場合でも効果がないわけではないので、必要に応じて予防接種を受けてください。通常、13歳以上の方のインフルエンザ予防接種の回数は1回です。

しかし、13歳以上でも慢性疾患があり、著しく免疫が低下している状態にある方は医師の判断により2回接種になることがあります。

受験生に適した時期と回数は?

受験生の場合も12月に入る前に予防接種を受けることがおすすめですが、接種回数を医師に相談することができます。

13歳以上の方は通常1回の接種でインフルエンザワクチンの効果を十分に得られますが、受験生や代わりのいない仕事をしている方は医師に申し出れば予防接種を2回受けることができます。

この場合は、1回目の接種から2週間〜4週間の間隔を空けて2回目の接種を受けることができますが、4週間ほどの間隔で接種することが最適といわれています。

インフルエンザ流行前の2回接種を考えると10月中には1回目の接種を、11月中に2回目の接種を受けることが理想ですが、その時期を過ぎた場合でも気づいたときに受けておきましょう。

受験生のインフルエンザ情報については関連記事をごらんください。

妊婦中や妊娠希望の方の時期や回数は?

一般的に妊娠14週までの初期は自然流産が起こりやすい時期のため、妊娠初期にはインフルエンザ予防接種は避けたほうが良いという見方があります。それに対して米国では、妊娠期間がインフルエンザシーズンと重なる場合はシーズン前に予防接種を受けることが望ましいとしています。

妊娠中や妊娠の可能性がある方は、出産予定日などを踏まえた上で主治医と接種時期を相談しましょう。接種回数は通常の13歳以上の方と同じく1回で問題ありません。

妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けても大丈夫?

インフルエンザワクチンはウイルスの病原性をなくしたワクチンで、胎児に影響を与えることはないとされているため、妊娠中でもインフルエンザの予防接種を受けることができます。妊婦や妊娠している可能性のある方に関して、予防接種によって先天異常の発生率は自然発生率よりも高くならないという報告があります。

予防接種の効果や接種時期、妊婦の予防接種について詳しくは関連記事をごらんください。

予防接種の時期と回数:生後6か月〜13歳未満の子ども

生後6か月〜13歳未満の乳幼児・子どもは免疫力が低く不安定であるため、予防接種の効果をより高めるために2回接種となっています。

12月の流行開始時期に合わせるには、1回目の予防接種は10月中、2回目の予防接種は11月中がおすすめです。

なお、もっとも適している接種の間隔は1回目の予防接種から約4週間後といわれているので、医師と相談し2回目の接種のタイミングを見つけましょう。

もし2回目の接種を忘れてしまったら?

インフルエンザ予防接種の2回目は、4週間以上空いてしまった場合でも接種することができます。

間隔が早くなってしまうよりは、免疫力がしっかりと上がっている4週間以上の方が効果があるという意見もありますが、気づいた時になるべく早く2回目の予防接種を受けることをおすすめします。

子供のインフルエンザ予防接種については関連記事をごらんください。

予防接種の予約開始はいつから?

例年多くの医療機関では、9月中旬から予約が開始され10月上旬から予防接種が始まります。医療機関のホームページや直接の電話などによって予約することができます。

しかし、2017/2018シーズンはインフルエンザワクチンの決定が遅れたために、初期のワクチンの製造量が昨年に比べて減少しており、ワクチンの入手が遅れている医療機関も出ています。予防接種の開始時期が例年より遅れているおそれがあるため、予防接種を受ける場合は事前に各医療機関に確認してください。

2017/2018シーズンのインフルエンザ予防接種の値段や時期などについては、関連記事をごらんください。

おわりに

インフルエンザの予防接種は流行入りする前の10月から11月の間に受けることをおすすめしますが、その時期を過ぎたとしても接種することは無駄ではありません。気づいたときに早めに接種しましょう。

また、外出時にはマスクを着用したり、手洗いうがいを徹底するなどワクチン以外の対策も心がけて、インフルエンザを予防しましょう。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集