妊婦はインフルエンザ予防接種を受けるべき?接種時期や胎児への影響を解説

妊娠中のインフルエンザ予防接種の注意点を薬剤師監修のもとわかりやすく解説。胎児や母体への影響、妊娠中に予防接種を受ける適切な時期、ワクチンに含まれる防腐剤、予防接種の副反応など、予防接種の疑問を解決します!

妊婦はインフルエンザ予防接種を推奨されている

11〜3月にかけて、妊娠中の方が特に気を付けたいのはインフルエンザです。

妊娠中は母体の免疫力が低下するため、インフルエンザのような感染症にかかりやすくなります。

妊娠中の方は、インフルエンザのピークを迎える前に予防接種を受けることが推奨されています。

インフルエンザ予防接種の妊婦と胎児への影響は?

日本産科婦人科学会では、妊娠中に予防接種を受けることは安全かつ有効であるとの見解を示しています。

インフルエンザワクチンは、ウイルスの病原性をなくした「不活化ワクチン」が使われます。

不活化ワクチンは毒性のないワクチンなので、妊婦や胎児に悪い影響を与えることはほとんどありません。

また、国内での調査では、妊婦中の方がインフルエンザ予防接種を受けたことで先天異常の新生児を発症する確率は、自然発生率より高くならないとする報告があります。

インフルエンザワクチンについて詳しくは関連記事をごらんください。

妊娠中の予防接種は赤ちゃんに免疫力がつく

妊娠中にインフルエンザの予防接種をすることで、母親の胎盤を通して免疫が赤ちゃんへ移行することにより、出産した赤ちゃんにも免疫力が備わります。

生まれたばかりの赤ちゃんは生後6か月までインフルエンザの予防接種を受けることができないため、母体がインフルエンザ予防接種で免疫をつけることで、出生後の赤ちゃんのインフルエンザを防ぐことにもつながります。

予防接種をしないとどうなる?

予防接種をしなかったことで妊婦がインフルエンザに感染したとしても、ウイルスそのものが胎盤を通ることはなく胎児に影響を与えるおそれはないというのが現在の主な見解です。

しかし、妊婦の方にインフルエンザ予防接種が推奨されているのにはちゃんとした理由があります。

妊娠中は母体の免疫力が低下します。免疫力が低下した影響でインフルエンザに感染してしまうと、母体だけでなくお腹の赤ちゃんにも影響を及ぼすおそれがあります。

それに加え、妊娠中は抗インフルエンザ薬などを使用できないケースがあり、妊婦がインフルエンザに感染すると肺炎などの合併症を引き起こしやすいことも報告されています。インフルエンザによる体調の悪化が原因で、早産や切迫流産になることもあります。

また、WHO(世界保健機関)が2009年10月に出した声明では、「妊婦は一般の人より集中治療室を必要とする確率が10倍高く、特に妊娠28週以降の妊婦は注意が必要」としています。

妊娠中の方は予防接種を受けることでインフルエンザの感染リスクだけでなく、例え感染しても重症化や合併症、早産などを防ぐことができるのです。

インフルエンザ予防接種について詳しくは関連記事をごらんください。

妊娠中のインフルエンザ予防接種が可能な時期は?

妊娠中の予防接種は、妊娠の週を問わず全期間において可能です。臨月でも接種することができます。

妊娠初期にも予防接種は有効

妊娠初期の予防接種は危険をともなうのでは?という不安を抱える方がいるかもしれませんが、現段階の厚生労働省では、妊娠初期のインフルエンザ予防接種で流産や先天性異常のリスクが高まったという報告はされていません。

ただし、妊娠初期は免疫力低下に加え、人によってはつわりによる体力低下もあることから、予防接種を受けるときの体調には注意してください。

妊娠初期の方が予防接種を受ける際は、事前にかかりつけの産婦人科医に相談し、現在の身体の状況などを踏まえた上で接種時期を決めることをお勧めします。

インフルエンザ予防接種は何月に受けるのがいい?

インフルエンザ予防接種の時期は、流行が始まる前の10月から11月中には済ませておくことが望ましいです。

インフルエンザワクチンは、接種したその日から効果が現れるわけではありません。ワクチンの効果が現れるまでには約2~4週間かかるため、流行する前の10~11月ごろの接種が望ましいです。

妊娠中は、通常の成人の接種回数と同じく1回の予防接種になります。

予防接種の効果の持続期間については個人差がありますが、おおよそ5ヶ月となっています。

妊婦の予防接種はどこで受ければいい?

妊娠中の方が予防接種を希望する場合は、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

かかりつけの産婦人科が予防接種を行っていない場合は、最寄りの内科に問い合わせてください。

風邪をひいている、または風邪気味の場合は、接種が可能かどうか事前に問い合わせることをお勧めします。

インフルエンザ予防接種を受ける時期について、詳しくは関連記事をごらんください。

妊婦用のインフルエンザワクチンはある?

妊婦専用のワクチンはありませんが、妊娠中の方は防腐剤が含まれていないインフルエンザワクチン(チメロサールフリー)を優先的に選択することが可能です。

防腐剤を含まないインフルエンザワクチンを希望する場合は、予防接種を受ける前に医療機関に確認すると良いでしょう。

インフルエンザワクチンに含まれる防腐剤の影響

インフルエンザワクチンには「チメロサール」と呼ばれるエチル水銀に由来する防腐剤が含まれています。

チメロサールはエチル水銀に由来する防腐剤で、古くから複数回接種用のバイアル開封後の細菌汚染防止に使用されてきた物質です。

水銀というと、健康に悪い影響を与えるのでは?と心配する声が聞こえてきそうですが、体への悪影響はほとんどありません。

1990年代には発達障害との関連性が指摘されていましたが、近年の疫学研究では障害との関連はないとされています。

また、薬物動態学的にもエチル水銀は代謝と排泄が早いことが確認されており、チメロサールが臓器に取り込まれる割合は極めて低いためワクチンに含まれる量では安全性に問題ないというのが、現時点での見方です。

インフルエンザワクチンに含まれる防腐剤については関連記事をごらんください。

インフルエンザの予防接種では、ワクチンの副反応で免疫以外の以下のような反応が現れることがあります。

・赤く腫れる
・疼痛(ズキズキとした痛み)
・発熱
・悪寒
・嘔吐・・・など

これらの副反応は、通常2~3日で消失します。

ただし、異常反応による体調変化やけいれんといった副反応がみられた場合は、早急に医師の診察を受けてください。

これらの副反応は妊婦だけではなく、すべての人に起こるおそれがあります。なお、妊娠中だから特別に現れるという副作用は、現在のところ報告されていません。

インフルエンザ予防接種の効果や副反応については関連記事をごらんください。

夫や子どもなどの家族も予防接種を

インフルエンザ予防が必要なのは、妊娠中の方だけではありません。

同じ家に住む夫や子どもがインフルエンザにかかった場合、母親にもインフルエンザが感染するリスクは高くなります。

妊娠中の方がいる場合、本人だけでなく家族みんなでインフルエンザを予防することが大切です。

予防接種以外の感染予防も必要

インフルエンザ予防接種を受けるだけでなく、その他の基本的な感染予防もあわせて行いましょう。

家の中にインフルエンザウイルスを持ち込まないように外出時にはマスクを着用し人混みへの外出は避けます。

家族全員の協力が妊娠中の方のインフルエンザ予防につながります。

【最新情報】2017-2018シーズンの予防接種に関して

例年、多くの医療機関では10月からインフルエンザ予防接種を行っており予約は病院によっては9月から可能です。

今回はワクチンの確保が遅れるおそれも

2017-2018シーズンはワクチン株の決定が遅くなった影響で、インフルエンザワクチンの初期製造量が少なくワクチン確保が遅れるおそれがあります。

医療機関によっては、例年に比べ予防接種の開始が遅くなることも考えられますので、病院に早めに問い合わせをすることをお勧めします。

予防接種の費用は?

インフルエンザの予防接種は自由診療であり、高齢者など一部の方を除いて保険の適用外です。

病院によってかかる費用は異なりますが、大人の場合相場は3,000~5,000円です。正確な費用を知りたい場合は事前の確認をお勧めします。

2017/2018のインフルエンザワクチンの値段については関連記事をごらんください。

おわりに

インフルエンザワクチンは毒性のない不活化ワクチンなので、妊娠中の予防接種は母体にも胎児にも影響はありません。

妊娠中の方はインフルエンザに感染した場合には重症化や合併症を引き起こすおそれがあるため、予防接種を受けることをお勧めします。

妊娠中は、妊娠初期から臨月までどの時期でもインフルエンザ予防接種を受けることができるため、かかりつけの産婦人科医に相談し体調を見ながらピークを迎える前に接種しましょう。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集