10月から12月中旬は、インフルエンザ予防接種のシーズン

寒さによる免疫力低下から、これからの時期は体調を崩す人が増えてきます。

私たちの健康を脅かす代表ともいえるのが、インフルエンザでしょう。

 

インフルエンザの流行が始まるのは、12月の下旬ごろ。

しかし、インフルエンザ予防接種は効果があらわれるまで2~4週間かかるため、10月から受付が開始されています。

 

予防接種を受ける場合は、11月中、遅くても12月中旬までには終えていると良いとされています。

受けに行こうかどうしようか、迷っている人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、インフルエンザ予防接種を受けるときの注意事項に注目。

接種前の注意と接種後の注意に分けて解説します。

病院へ行く前に、正しい知識を身につけておきましょう。

 

 

image By

 

photo AC

予防接種前:風邪の引き始めの人は事前に相談を

まずはインフルエンザ予防接種を受ける前の注意事項です。

以下の7点に気を付けましょう。

 

①予防接種の前の日に、お風呂で体を清潔にしておきましょう。

 

②清潔な衣服を身につけましょう。

 

家を出る前に体温を測定しましょう

(日本の基準では37.5度を超えると、接種を受けられません)

 

④風邪の引き始めと思われる場合は、事前に医師に相談しましょう。

 

⑤他のワクチンを先に受けている場合は、間隔を空ける必要があります。医師に確認をとりましょう。

 

⑥気になることや不明な点は、遠慮せずに医師に聞きましょう。

 

⑦妊娠の可能性がある場合は、事前に伝えましょう

 

予防接種を受けることが適当でない人もいます

以下の条件に当てはまる場合、予防接種を受けることが適当でない可能性があります。接種の可否を、必ず医師に相談してください。

 

◼︎明らかに発熱のある人(37.5度以上)

◼︎重篤な急性疾患が明らかに分かっている人

◼︎過去のインフルエンザ予防接種でアナフィラキシーを起こしたことがある人

(他の医薬品投与でアナフィラキシーを起こした場合も事前に医師に伝えてください)

◼︎そのほか、医師によって予防接種を受けることが不適当と判断された人

 

※アナフィラキシーとは・・強いアレルギー反応で意識障害や頻脈、血圧の低下などが起こること

以下の条件に当てはまる人も、医師と充分に話し合ってください

・血液の病気、心臓病、腎臓病、肝臓病などの基本疾患がある人

・発育が遅く、医師や保険師の指導を受けている人

・過去の予防接種で、2日以上の発熱や発疹といったアレルギーを疑う症状がみられた人

・今までにけいれんを起こしたことのある人

・過去に免疫不全と診断されたことがある、あるいは近親者に先天性免疫不全症の人がいる場合

・薬の投与や食事(鶏卵、鶏肉など)で皮膚に発疹が出たり、体に異常をきたしたりしたことのある人

・間質性肺炎や気管支喘息といった、呼吸器系疾患のある人

 

 

image By

 

photo AC

予防接種当日:大量の飲酒や激しい運動を控える

つづいて予防接種後の注意事項についてみてきましょう。

インフルエンザ予防接種後は、基本的に日常生活を送って頂いて問題ありません。

ただし、飲酒や運動、入浴については以下の点に注意してください。

 

飲酒はほどほどに

予防接種を受けた当日の飲酒。気になる人は多いのではないでしょうか?

基本的に、少量であれば問題ありません。

 

ただし大量に飲んでしまうと、副作用が悪化したり、長期化する可能性があります。

できれば接種後の2~3日は飲酒を控えると良いでしょう。

 

激しい運動は控えましょう

スポーツが好きな人にとっては、予防接種後に運動できるかどうかは大問題ですね。

基本的に、日常生活程度の軽い運動なら問題ないとされています。

 

一方、激しい運動は控えてください。

運動による疲労によってワクチンの効果を充分に得られない可能性があります。

お風呂に入るときは、長風呂とゴシゴシ洗いは控えて

インフルエンザ予防接種では、当日の入浴は特に問題ありません。

ただし、長風呂は禁物。また、接種箇所の周辺をゴシゴシと強く洗って刺激しないよう、気を付けてください。

 

image By

 

photo AC

インフルエンザ予防接種の副作用は、通常2〜3日で消失します

インフルエンザ予防接種の重篤な副作用の中には、接種直後にあらわれるものがあります。そのため、接種後の30分は医師や医療機関とすぐに連絡が取れるようにしておきましょう。

一番良いのは、病院の待合室で30分間、安静にすることです。

 

インフルエンザ予防接種で多くみられる重篤な副作用

●アナフィラキシー

・・・非常に強いアレルギー反応。素早い処置が求められる。

●急性散在性脳脊髄炎

・・・脊髄や脳などにみられる炎症。重い後遺症を残す可能性も。

●ギランバレー症候群

・・・重度になると呼吸不全になる可能性が。

●肝機能障害

・・・肝臓が正しく機能しなくなる。放置すると肝炎や肝臓がんになる恐れが。

●黄疸

・・・肝機能に伴ってみられる副作用。皮膚や白目が黄色っぽくなることが特徴。

●ぜんそく発作

・・・呼吸時にゼーゼーと音がする、咳や痰が出る、呼吸困難といった症状が特徴。

 

 

image By

 

photo AC

軽度の副作用の多くは、24時間以内にみられます。病院を出た後も、体調の変化には十分注意してください。

インフルエンザ予防接種で多くみられる副作用

●接種箇所の周辺…腫れ、かゆみ、膨張、疼痛(うずくような痛み)・・・など

●全身にみられる症状…発熱、頭痛、倦怠感、嘔吐・下痢・めまい・・・など

 

これらの副作用は通常、2~3日で治まるとされ、特に問題はありません。

ただし、副作用の長期化や腫れ、かゆみが広範囲に広がった場合は、医師に相談すると良いでしょう。

 

また、高熱やけいれん、といった異常な症状があらわれた場合は早急に医師の診察を受けてください。

さいごに

インフルエンザ予防接種の注意事項について、お分かりいただけましたか?

 

インフルエンザワクチンには感染を完全に予防する力はありません。

しかし、インフルエンザにかかった場合でも軽い症状で済み、周囲への感染を抑制する効果が期待できます。

これを機に、予防接種について一度考えてみてはいかがでしょうか?