インフルエンザB型とは?症状や完治までの期間を解説

インフルエンザB型について、微熱・下痢などの特徴的な症状や潜伏期間、完治にかかる時間を解説します。治療薬であるタミフル・イナビルや、インフルエンザB型の感染力についてもまとめました。

毎年冬場に全国的な流行を見せるインフルエンザ。
インフルエンザにもさまざまな種類がありますが、インフルエンザシーズンで流行の中心となるのはインフルエンザA型とB型です。

インフルエンザシーズンでは比較的A型が話題に上がることが多いのですが、近年はインフルエンザB型の流行も目立つようになり、インフルエンザ事情にも変化が見られています。

インフルエンザは症状も特徴的でありウイルスの感染力と増殖力も強いため一般の風邪とは分けて考えられていますが、インフルエンザB型にはどのような特徴があるのでしょうか。

今回はインフルエンザB型の症状の特徴対処法のポイントなどについて解説します。

インフルエンザB型の特徴とは?A型・C型との違いは?

インフルエンザB型は、A型の流行が終わった直後の2月~3月にかけての春先に流行することの多いインフルエンザです。
毎年流行するA型と異なりインフルエンザB型はこれまで2年に1度のサイクルで流行を繰り返していましたが、近年は毎年流行がみられ流行時期も早まっている傾向があります。

インフルエンザB型のウイルスは2種類

インフルエンザB型のウイルスは、二種類に分けることができます。

インフルエンザB型のウイルスのち、近年は3分の2を「ビクトリア型」と呼ばれるウイルスが占めています。
残りの3分の1ほどが「山形型」と呼ばれるウイルスであり、それぞれ遺伝子配合が異なります。

インフルエンザB型の特徴

インフルエンザB型には、A型やC型とは異なるいくつかの違いがあります。
また、インフルエンザB型は近年流行が拡大しつつありますが、インフルエンザといえばA型のイメージが強いためにB型を見逃してしまいがちです。

インフルエンザB型には以下のような特徴があるため、感染した疑いがある場合にはすみやかに病院を受診しましょう。

■流行時期は2月~3月以降
インフルエンザA型の流行が終わったあとにB型が流行する傾向があります。
しかし近年はインフルエンザB型の流行時期も早まっているため、2月前であっても感染する可能性はあります。

■熱は微熱、または平熱であることも多
インフルエンザといえば高熱のイメージですが、インフルエンザB型の場合は熱がそこまで上がらず微熱程度であることも多いため、インフルエンザであると気づかないことがあります。

■下痢や吐き気、嘔吐など消化器の症状が出る
インフルエンザB型の症状の大きな特徴が、消化器症状です。
下痢や嘔吐があらわれるためノロウイルスなどと間違えやすく、注意が必要です。

■A型よりも長引きやすい
短期的な症状がA型よりも軽いため、十分に治らないまま仕事や学校などに行ってしまい治りが遅くなることが多くあります。

インフルエンザA型・B型・C型の違い

インフルエンザA型・B型・C型のそれぞれの特徴は以下の通りです。

  A型 B型 C型
ウイルスの種類 144種類 2種類 1種類
ウイルスの変異 変異する あまり変異しない ほとんど変異しない
対象 人、鳥類など 人のみ 人が中心
時期 12月~2月 2月~3月 通年
主な症状 ・高熱
・全身症状
・消化器の症状
・微熱や高熱
・微熱
・鼻水、鼻づまり

インフルエンザA型およびC型について、詳しくは関連記事をご覧ください。

インフルエンザB型の症状:微熱・下痢や頭痛が特徴

インフルエンザB型の基本的な症状は、A型のものとほとんど変わりません。
初期症状として発熱や悪寒などの全身症状が、喉の痛みなどよりも先にあらわれることが多いでしょう。

また、インフルエンザB型はA型と異なり、そこまで高熱が出なかったり、消化器系の不調があらわれるなどの特徴もあります。
インフルエンザB型の症状について、詳しく解説していきます。

こんな症状がある場合はインフルエンザB型かも

以下のような症状がある場合、インフルエンザB型に感染している場合があります。

・38℃以上の高熱、もしくは微熱が続く(熱が出ないこともある)
・悪寒・寒気
・筋肉痛、関節痛
・全身倦怠感
頭痛、めまい
鼻水、鼻づまり
・喉の痛み
、痰
胃炎、腹痛
嘔吐・下痢​

B型は高熱以外にも微熱や平熱が多い!

インフルエンザと風邪を見分けるポイントのひとつが急激な高熱ですが、インフルエンザB型は38℃以上の高熱が出ないケースがあります。
発熱は微熱程度、もしくは平熱以上には上がらないこともあり、そのためインフルエンザだと気づかないことが多くあります。

発熱の症状がなくても全身の倦怠感や下痢・腹痛がある場合にはインフルエンザB型に感染している可能性があるため、できるだけ病院を受診するようにしましょう。

熱が下がらないときには?

B型は適切な治療をした場合でも、A型よりも解熱時間が長引くことがあります。
A型は解熱まで平均1日であるのに対し、B型は平均2日というケースが多く見られます。
インフルエンザB型の場合、2日以上たっても微熱が続くこともあるようです。

微熱がいつまでも下がらないような場合には合併症を起こしている可能性もあります。
いつまでも熱が下がらないときには、すみやかに病院を受診しましょう。

B型は下痢・腹痛や吐き気・嘔吐が特徴!

インフルエンザB型の症状の特徴のひとつが、消化器症状です。
A型は咳や喉の痛みなど呼吸器の症状が強く出るのに対し、インフルエンザB型は下痢や腹痛、吐き気や嘔吐など消化器に症状が出ることが多くあります。
そのため、インフルエンザB型に感染したときにノロウイルスなどの病気と勘違いすることも多いようです。

■インフルエンザB型は胃腸炎に注意!
インフルエンザB型は胃腸にダメージを与えることが多く、そのため胃腸炎を引き起こしてしまいがちです。
インフルエンザB型により胃腸炎になると、下痢や嘔吐、腹痛などの症状があらわれます。

このとき、排出した下痢や嘔吐には大量のウイルスが含まれています。
無理に下痢や嘔吐などは我慢せずに、体内のウイルスごと排出するようにしましょう。
また、下痢や嘔吐を繰り返すと脱水症状になる危険が高いため、こまめに水分補給を行いましょう。

インフルエンザによる腹痛や下痢について、詳しくは関連記事をご覧ください。

その他の症状

■頭痛
インフルエンザのウイルスが体内に侵入したときに、ウイルスの増殖を防ぐプロスタグランジンという物質が放出されます。
このプロスタグランジンという物質が、頭痛や関節痛などの原因となります。
インフルエンザによる頭痛は、抗インフルエンザウイルス薬を服用することで改善します。
自己判断で市販の解熱鎮痛剤を飲むと危険なこともあるため、注意してください。

■咳
インフルエンザB型は、A型と同じく喉の痛みや激しい咳をともなうことがあります。
咳の症状は長引くことで体力を消耗するため、咳が長引くと治りが遅くなるのはもちろんのこと合併症を引き起こす危険性もあります。
インフルエンザB型が原因の咳は市販の咳止め薬では効果がないことが多いため、咳が治まらない場合には医師の診断を受け適切な薬を処方してもらいましょう。
また、薬がないときには、マスクをして横になったり暖かい飲み物を飲むことで一時的に咳を抑えることが期待できます。

■鼻水・鼻づまり
一般的な風邪の場合や鼻水や鼻づまりが初期症状としてあらわれることが多いですが、インフルエンザの場合は発熱や倦怠感がひいたあとに鼻水などの症状があらわれます。
また、インフルエンザB型の感染中に免疫力が弱り、細菌に感染して急性の副鼻腔炎(蓄膿症)を起こしている場合もあります。
鼻水や鼻づまりの症状が長引く場合には、一度病院を受診するようにしましょう。

また、鼻づまりは鼻の周りを温めたり、詰まっている鼻と反対側の脇の下を圧迫することで改善することがあります。

発症後の経過:ぶり返しや重症化について

■インフルエンザB型はぶり返ししやすい!
幼児に発症しやすい症状に「二峰性発熱」があります。
これは一度熱が下がっても再び上がってしまう症状のことで、インフルエンザB型は発熱が低く発熱時間も長いためぶり返しやすくなっています。
15才以下の子どもに多い症状ですが、大人も熱がぶり返すことがあるため注意が必要です。

インフルエンザのぶり返しについて、詳しくはこちらをごらんください。

■重症化することは?
インフルエンザB型は一般的にA型よりも症状が軽く、インフルエンザだと気づかない場合があります。
そのため、自然治癒を待っていたり自己判断で市販薬を使ったりしたことが原因で重症化したり、症状が長期化することも多く見られます。

また、下痢や嘔吐を繰り返すために脱水症状を引き起こしやすいことも特徴のひとつです。
特に体の小さい子どもは脱水症状を起こしやすいため、こまめに水分補給をするよう心がけましょう。

合併症は肺炎や脳症に注意

インフルエンザB型は症状が長期化しやすく、そのため体力が奪われて免疫力が落ちてしまうことが多くあります。
免疫力が落ちると細菌や他のウイルスに感染しやすくなり、合併症を引き起こす危険性が高くなります。

インフルエンザB型の合併症としては、肺炎やインフルエンザ脳症が挙げられます。
また、子どもの場合は中耳炎などを起こすことも多いため、注意が必要です。
特に妊婦乳幼児65才以上の高齢者などは合併症を起こしやすいため、インフルエンザB型に感染した場合には注意しましょう。

インフルエンザの合併症について、詳しくは関連記事をご覧ください。

A型とB型同時に感染することはある?

A型のインフルエンザに感染しても、インフルエンザB型のウイルスに対する抗体はできないため、同じシーズン中にインフルエンザA型とB型の両方に感染することは十分に考えられます。

また、A型とB型同時に感染することもごくまれにあります。
しかし通常はA型とB型の流行時期が異なるため、同時に感染することはほとんどないといえるでしょう。

インフルエンザB型の潜伏期間や感染力:予防接種について

インフルエンザB型の潜伏期間や潜伏期間の感染力、さらには予防接種や免疫の持続について解説していきます。

潜伏期間は1~3日

インフルエンザB型は、ウイルスに感染後1~3日の潜伏期間があります。
潜伏期間の間は特に症状もなく自覚症状もありません。

インフルエンザはB型に限らず、すべての型において潜伏期間中でも他人にうつす可能性があります。
そのため、知らないうちに他人にインフルエンザをうつしてしまうということもあります。

また、インフルエンザに感染した人と接触してけれど症状が特に出ないという場合、ウイルスの潜伏期間中の可能性もあります。
感染した可能性がある場合は、周りへ感染を広げないためにも無用な外出は避けてマスクなどを着用するようにしましょう。

インフルエンザの潜伏期間について、詳しくは関連記事をご覧ください。

感染力の強さや感染経路について

インフルエンザB型は、A型に比べると感染力が弱いことが特徴です。
しかし、あくまでもインフルエンザA型と比較した場合に弱いといえるだけであり、感染力は十分にあるため注意が必要です。

また、インフルエンザB型は高熱などの症状が出にくいためにインフルエンザだと気づかないことが多いのも特徴のひとつです。
インフルエンザだという自覚がないために職場や学校などに行ってしまうことが多く、そのため感染が拡大しやすいといえます。

■インフルエンザB型の感染経路は?
インフルエンザB型は、A型やC型と同じように
・飛沫感染
・空気感染
・接触感染

の3通りの方法で感染します。

しかしインフルエンザB型はA型と違って人間にしか感染しないため、ウイルスの変異が遅く一度感染すればある程度の免疫がついていることが多いです。
外出時のマスクや帰宅時の手洗い・うがいなどを行い感染を予防していきましょう

予防接種について

2016/2017シーズンに行われているインフルエンザ予防接種のワクチンには、A型2種はもちろんのこと、B型2種のワクチン株が含まれています。
現在行われている予防接種を受けた場合、インフルエンザB型のウイルスについては抗体ができているといえるでしょう。

しかし予防接種をしたからといって絶対にインフルエンザB型に感染しないというわけではありません。
日ごろからマスクの着用や手洗い・うがいなどを習慣にして、ウイルスを寄せ付けないようにしていきましょう。

インフルエンザの予防接種について、詳しくは関連記事をご覧ください。

インフルエンザB型の免疫:2回かかることはある?

インフルエンザB型はA型に比べるとウイルスの変異の速度が遅く、微妙な変異しかしないため一度感染すれば免疫ができるといわれています。
そのため、同じウイルスに短期間の間に再び感染するということはほとんどないと考えられます。

しかしウイルスは定期的に変異するため、数年後には再び感染する可能性もあるため、注意が必要です。

■インフルエンザB型は2回かかることも!
インフルエンザB型のウイルスには「山形型」と「ビクトリア型」の2種類が存在します。
一度感染すればどちらかのウイルスに対する免疫はつきますが、もうひとつのウイルスに対する免疫はついていません。

そのため、1シーズンに2回インフルエンザB型に感染することは十分にあり得ることです。
一度インフルエンザB型に感染したからといって油断せず、しっかりと予防をしていきましょう。

インフルエンザB型は完治までに何日かかる?

症状は3日程度で治り、完治まではおよそ一週間

インフルエンザB型は1~3日の潜伏期間後に発症し、感染からおよそ一週間で回復に向かい始めます。
特徴的は症状の発症期間は発症から48時間~72時間であり、3日程度で症状が落ち着く場合がほとんどです。

合併症を起こさなければ、インフルエンザB型が完治するまでの期間は1週間から10日ほどです。
ただし、インフルエンザB型はA型に比べて症状が長引きやすく熱がひかないということも多いため、症状が軽いからといって無理をせずにしっかりと休むようにしましょう。

早く治すには?

■処方された薬はしっかりと飲み切りましょう
発熱や下痢などの症状が落ち着くと薬を飲むのを忘れてしまいがちですが、症状が治まっても体内にはインフルエンザB型ウイルスが残っています。
薬をしっかりと服用することで体内のウイルスの増殖を抑えて回復を早め、周りへの感染を防ぐこともできるため、薬はしっかりと飲み切りましょう。

■水分補給をしっかりとしましょう
インフルエンザB型は下痢や嘔吐などの症状が出るため、A型よりも脱水症状を起こしやすいです。
出来ればスポーツ飲料経口補水液など吸収率の良い水分をこまめに補給し、脱水症状を防ぎましょう。

■少しずつ栄養補給をしましょう
熱や吐き気があるときには大変ですが、少しずつ何かを食べて栄養を補給するようにしましょう。
食欲がない場合にはゼリー飲料などがおすすめです。

■部屋の加湿をしましょう
室内にウイルスが蔓延するのを防ぐためにも、室内の湿度を保つようにしましょう。
インフルエンザウイルスは湿度が40%以上の環境において増殖が抑制されます。
加湿器がある場合には起動し、ない場合には室内に濡れタオルを干すなど対策をとりましょう。

インフルエンザB型を治療する薬:タミフルやイナビル・リレンザについて

インフルエンザB型の治療には、インフルエンザウイルスの増殖を抑え症状を緩和させる効果がある抗インフルエンザ薬が使用されます。
薬の効果を最大限に得るためには、症状が出てから48時間以内に服用することが望まれます。​

抗インフルエンザ薬は市販で購入することはできないため、病院を受診して医師の診断を受ける必要があります。
インフルエンザ症状が出始めてからの時間や病状によっても効果が異なるため、どの薬を使用するかは医師の判断で行います。

治療薬はタミフル・イナビル・リレンザなど

現在、インフルエンザに有効な抗インフルエンザウイルス薬には、次のようなものがあります。

・飲み薬…タミフル
・吸入薬…リレンザイナビル
・点滴…ラピアクタ(薬の服用が困難な方に有効)

これらの薬は、B型・A型ともに効果があります。ただし、最近では薬に対して耐性を持つウイルスが発生し、薬が効かないケースも見受けられます。
また、咳や鼻水、消化器症状などに対しては、症状に合わせた薬が処方されることがあります。いずれも薬の服用は、医師の指示に従いましょう。

薬が効かないのはなぜ?対処法は?

インフルエンザに対して処方された抗インフルエンザウイルス薬を服用しても、症状が改善しないことがあります。
そのような場合に考えられる主な原因と対処法について解説します。

原因①服用が発症後48時間を過ぎていた 
抗インフルエンザウイルス薬は、発症後48時間に服用することで最大の効果が得られます。
そのため、服用したのが発症後48時間を過ぎていた場合は効果があまり実感できないことがあります。
しかし48時間を過ぎていても効果がないわけではないため、薬はしっかりと飲むようにしましょう。

原因②薬を飲み忘れていた
薬の服用を忘れていたりするなど用法・用量を待ちがえると、薬の効果があらわれにくくなる場合があります。
薬は医師から指示された用法・用量をしっかりと守って服用するようにしましょう。

■対処法:薬が効かない場合は病院へ
2~3日経っても発熱や下痢・嘔吐などの症状が治まらない場合や、薬を服用したことで症状が悪化したと感じる場合にはすみやかにもう一度病院を受診しましょう。
また、抗インフルエンザウイルス薬は服用により意識の混濁などが起こることがあるため、そのような場合もすぐに病院を受診してください。

市販薬について:解熱剤は飲んでもいいの?

インフルエンザB型で最も注意すべきことは、高熱が出ない場合、インフルエンザと思わずに単なる風邪と勘違いすることです。
そのような場合に自己判断で市販薬を服用した場合、症状が悪化したり合併症を起こす危険性があります。

また、インフルエンザB型の消化器症状が強く出る場合に、下痢止めなどの市販薬を使用してしまうケースもあります。
下痢や嘔吐は苦しい症状ですが体からウイルスを排出するために必要な症状であるため、自己判断で薬を飲むことのないようにしましょう。

インフルエンザに感染した場合の市販薬の使用について、詳しくは関連記事をご覧ください。

■インフルエンザB型に解熱剤の使用は危険!
市販の解熱鎮痛剤の使用には注意が必要です。
市販薬の中には、インフルエンザのときに使用してはいけない成分を含んでいるものがあり、インフルエンザ脳症の予後悪化やライ症候群の発症などの合併症を引き起こす原因となる恐れもあります。

インフルエンザB型への対処法:子どもの感染や検査について

インフルエンザB型に感染したときの対処のポイントや注意点について解説していきます。

子どもが感染したときは?

インフルエンザは14才以下の子どもの発症が全体の約5~7割を占めており、また5才以下の子どもは重症化することも多いため注意が必要です。

また、インフルエンザB型はウイルスの変異が遅いため大人はある程度の抗体を持っていることが多いですが、子どもはまだ抗体を持っていないために感染しやすく症状も重くなりがちです。
さらにインフルエンザB型に特徴的な嘔吐や下痢などの症状は子どもの脱水症状を起こす危険性も高いため、注意が必要です。

子どもがインフルエンザB型の症状を訴えた場合には、すみやかに病院を受診するようにしましょう。
特にまだ言葉を話せない乳幼児の場合には、保護者が状態をよく観察してあげることが大切です。

子どもがインフルエンザに感染したときの症状や対処法について、詳しくは関連記事をご覧ください。

インフルエンザB型の検査について:病院はいつ行くべき?

インフルエンザB型に感染した場合、発熱や下痢、腹痛、嘔吐や頭痛・関節痛などの症状がまず初めに起こります。
しかし、症状があらわれた直後は検査をしてもインフルエンザウイルスが検知されないことが多く、翌日に再度病院に行かなくてはいけないという場合があります。

そのため、インフルエンザB型と思われる症状が発症したあと12時間以上経過してから病院へ行きましょう。
ただし、症状が出てから48時間が過ぎてしまうと抗インフルエンザウイルス薬の効果が弱まってしまうため、発症後12時間~48時間の間が病院へ行く目安です。

しかし、発症から12時間が経過していなくても、意識の混濁や呼吸が苦しいなど重い症状が出ている場合は速やかに病院を受診してください。

病院へ行く場合には、まず内科を受診すると良いでしょう。
子どもの場合は小児科でもインフルエンザの検査を行っています。

お風呂や食べ物についての注意

■入浴について
インフルエンザを発症した場合、絶対にお風呂に入っていけないというわけではありません。
ただし、熱がある時は体がウイルスと闘っていて体力を消耗している状態なので、入浴は控えた方がよいでしょう。
体温が37.5℃より下なら入浴は可能です。家族がいる場合は、感染予防のためお風呂の順番は最後が望ましいです。

■食事について
インフルエンザB型では消化器症状が出やすいので、消化されやすいうどんやおかゆ、豆腐などを摂取しましょう。
栄養価の高い卵や白身魚、緑黄色野菜を添えることもおすすめです。

インフルエンザB型で休むべき期間は?

インフルエンザウイルスは、潜伏期間中や解熱後も感染力があります。
個人差もありますが、インフルエンザB型では発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。

少なくとも次の期間は外出は控え、休暇を取りましょう。
◼︎解熱後2日目まで
◼︎発熱や咳、喉の痛みなどの症状がはじまった日の翌日から7日目まで

学校に通っている場合に休むべき期間や出席停止について、詳しくは関連記事をご覧ください。

仕事をしている場合の出勤などについて、詳しくは関連記事をご覧ください。

インフルエンザB型の2016/2017流行状況

2016年11月現在、すでに保育所と小学校、中学校で集団感染が報告され、都内学校などにおいては小学校18校、中学校3校において学級閉鎖がされています。

東京都感染症情報センターが発表する感染症発生動向調査事業の報告においては、2016年11月現在ではインフルエンザB型ウイルスの検出は報告されていません。
しかし、インフルエンザB型の流行が例年1月~3月以降であることを考えると、今後感染が拡大していくと予想されます。

昨シーズンの2015/2016年度は、インフルエンザB型のウイルスが感染者全体の42%の割合で検出されています。
また、「ビクトリア系」55%、「山形系」45%と、約半分の割合で混合流行しました。

今年度も昨年と同様インフルエンザB型はA型と同等の流行が予想され、2016/2017シーズンのインフルエンザワクチンは、「山形系」と「ビクトリア系」の混合になっています。

インフルエンザの流行状況について、詳しくは関連記事をご覧ください。

さいごに

ワクチンにもインフルエンザB型を予防するものが含まれていることからもわかるように、インフルエンザB型の流行は決してあなどれないものです。
今やインフルエンザは10人に1人が感染するといわれ、毎年流行は避けられません。
単なる風邪と間違えないためにも、インフルエンザの症状を知って予防対策を実践しましょう!

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集