インフルエンザの検査はタイミングが大事!結果がすぐでる検査方法や料金を解説!

インフルエンザ検査方法、検査時間、料金について詳しく解説!検査はいつから受けるべきか、診断がでるタイミング、検査精度などインフルエンザ検査に関する疑問を徹底解説します!

インフルエンザの検査を受けるタイミングは?

インフルエンザの検査を受ける最適なタイミングは「発症してから12時間〜48時間以内」です。

1つのインフルエンザウイルスは、体内に侵入してから8時間後に100個、16時間後に1万個、24時間後には100万個というように、すさまじいスピードで増殖していきます。

発症の直後はウイルスの増殖が十分ではなく、ウイルスを検査で感知できずに陰性になることがあります。迅速診断キットで判定できる十分な量までウイルスが増殖するのは発症後12時間以上が経過してからです。

12時間以内に検査を受けて陰性が出た場合でも、翌日も症状が収まらないようであれば再度検査を受けることもあります。検査を何度も受けることのないように、高熱などの症状が出たらすぐではなく、次の日まで待って検査を受けましょう。

なお、インフルエンザは症状が出る前に1〜3日間ほどの潜伏期間がありますが、この期間に検査を受けても陰性になります。

遅すぎてもダメ!発症から48時間以内の検査を

インフルエンザの検査を受けるタイミングは発症から12時間以上経過する必要がありますが、検査を受けるタイミングが遅すぎることも問題です。

病院で処方される抗インフルエンザ薬(タミフルイナビルリレンザなど)は、発症後48時間以内に服用することで効果を最大限に発揮します。

発症から48時間を過ぎた後に抗インフルエンザ薬を服用しても問題はありませんが、薬の効果を最大限に得るためにも、48時間以内に検査をしインフルエンザの診断を受けることが望ましいです。

したがって検査のタイミングは「発症してから12時間以降、48時間以内に検査を受けるのがベスト」といえます。

インフルエンザの初期症状は?

インフルエンザの初期症状は、38〜40℃の高熱や頭痛・筋肉痛などの全身症状が特徴です。

12月下旬〜3月のインフルエンザ流行期や、インフルエンザに感染している人が周囲にいるときに、急激な高熱や悪寒・寒気、強い筋肉痛・関節痛、頭痛などが起こったらインフルエンザを疑いましょう。

インフルエンザは風邪の症状ととてもよく似ています。特に初期の段階では、区別がつきにくい可能性もあります。インフルエンザの初期症状では、風邪のようなくしゃみ・鼻水・咳は出ないことが多くあります。

インフルエンザと風邪の症状の違いについては関連記事をごらんください。

インフルエンザの検査方法:迅速診断キットとは?

インフルエンザの検査の種類にはいくつかありますが、近年の主流となっているのが「迅速診断キット」による検査です。

迅速診断キットでは、簡単な検査ですぐに結果が出ることが最大の特徴です。迅速診断キットを使用して鼻や喉の粘液を採取し、インフルエンザウイルスがいるかどうかを調べます。

インフルエンザの感染の有無だけでなく、インフルエンザA型なのかインフルエンザB型なのかウイルスの種類も判定することができます。

迅速診断キットの診断の精度は製品により異なりますが、必ずしも100%正確な診断がでるわけではありません。

迅速診断キットで陽性を示した場合は信頼性が高くインフルエンザに感染しているといえますが、陰性と出た場合は必ずしもインフルエンザにかかっていないとは断言できず、インフルエンザに感染している可能性は捨て切れません。

検査の判定結果だけではなく、症状の現れ方や周囲の感染者の有無など考慮して診断されます。

インフルエンザ検査にかかる時間は?

迅速診断キットの検査自体にかかる時間は8〜15分程度です。素早く正確な検査結果が出ることで、インフルエンザウイルス保持者が院内に滞在する時間を短縮することにもつながります。

なお、検査結果が出たあとに医師の診察が加わるため、診断を下すまでにはもう少し時間がかかります。

インフルエンザの検査は痛い?

迅速診断キットでは、減菌した長い綿棒を鼻の中や喉の奥に挿入し、粘液を綿棒でぬぐって採取します。検査の痛みは個人差がありますが、鼻や喉の奥をこするため痛いと感じる人もいます。特に鼻の場合には痛みを感じやすく、痛みではなく気持ち悪さや苦しさを感じる方もいます。

特に痛みを感じやすい子供では、専用のシートを鼻にあてがい鼻をかんで鼻汁から検体を採取する方法もあります。ただし綿棒による採取よりも感度が低く、正確性に劣るというデメリットがあります。

痛みがどうしても耐えられない方は、正確性が劣ることを理解した上で、鼻水からの検査を医師に相談することも選択肢の一つです。

迅速検査キット以外の検査方法

迅速診断法のほかにも、インフルエンザの検査方法はいくつかあります。ただし、高度の技術が必要なため、検査ができる場所は限られています。

PCR検査

体内にインフルエンザウイルスの遺伝子がいないか検査する方法です。喉のぬぐい液や、鼻からの吸引液によって検体を採取します。

PCR検査では、インフルエンザのA型・B型だけではなく、インフルエンザA型の中でも2009年に大流行を起こした「H1N1」なのか、あるいは香港型と呼ばれる「H3N2」なのかといったウイルスの種類の詳細までわかります。

高度で精度の高い検査ですが、結果が出るまでに時間がかかることや、一部の医療機関と保健所でしか行われていないことから一般的な検査とは言い難いでしょう。

ウイルス分離検査

喉のぬぐい液や鼻のぬぐい液などから検体を採取する検査です。ウイルスの詳細を調べるため精度は高いですが、結果が出るまで5~10日ほどの時間がかかります。

また、インフルエンザ発症から3日以内に行う必要があります。ウイルス分離検査ができる医療機関は限られており、集団感染をした際に用いられるケースがほとんどです。

血清抗体検査(血液検査)

インフルエンザに対する抗体(異物が体内に侵入したら追い出す物質)を持っているか調べるための検査です。インフルエンザを発症してから7日以内と、症状が回復してからの2回に血液を採取します。結果が出るまでにかかる時間は、2週間ほどです。

インフルエンザ検査は市販されている?

インフルエンザ検査キットは「体外診断用医薬品」と呼ばれる医薬品で、日本では品質維持や有効性のため、体外診断用医薬品を市場で販売することが規制されています。そのため、薬局やドラッグストアなどで、検査キットを買うことはできません。

インフルエンザ検査キットによる診断を行いたい場合は、医療機関で検査を受けるようにしましょう。

インフルエンザ検査の気になる料金は?

迅速検査キットを用いたインフルエンザの検査は健康保険が適用されるため、自己負担は1〜3割になります。3割自己負担の場合、初診料なども含めておおよそ2,000円弱です。 

検査の料金は随時変動する可能性があります。心配な場合は事前に各病院に問い合わせることをお勧めします。

なお、インフルエンザの診断が確定したら、その場で抗インフルエンザ薬も処方されるため、薬代や処方料なども加算されます。

【診療所における診療報酬点数の例】※平成28年 診療報酬点数表 より

・感染症免疫学的検査(インフルエンザウイルス抗原定性) 147点
・免疫学的検査判断料 144点
・初診料 282点
(再診料の場合は診療所と中小病院は72点、200床以上の大病院は73点)
計573点(1点=10円)=5,730円

自己負担3割 1,719円
自己負担1割 573円

なお、診療報酬の点数自体は病院や薬局により異なります。この記事での点数はあくまで目安の計算になります。

6歳未満の子どもの場合

【診療所における診療報酬点数の例】※平成28年 診療報酬点数表 より

6歳未満の乳幼児の場合、初診料の所定点数に75点が加算されます。

ただし、小学校入学(6歳に達する日以後の最初の3月31日)までは、自己負担は2割となるので、目安の料金は約1,300円です。

自治体によっては子供の医療費を補助している場合もあるので、市区町村に確認しましょう。

結果が陽性で抗インフルエンザ薬を処方された場合

インフルエンザの検査料に加えて、抗インフルエンザ薬の料金と処方料がかかります。例えばタミフルが5日分処方された場合、薬代や調剤料などで1500円ほど加算されます。

医療機関の診療時間外・深夜・休日などに検査した場合

診療時間外だと85点(255円)、22時〜6時の深夜は480点(1440円)、休日は250点(750円)ほど加算されます。
※( )内は3割負担の場合

薬を処方された場合、薬局でも同様の料金になるため注意が必要です。また、6歳未満の場合は診療時間外だと200点(400円)、深夜は695点(1390円)、休日は365点(730円)ほどが加算されます。
※(  )内は2割負担の場合

保険が適用されない場合

保険証を持っていても医師が検査は必要ないと考えると、保険が適用されない場合もあります。

・周囲でなんらかの感染症があり、症状はないが心配なので検査してほしい。
ex)職場でインフルエンザが流行っている。症状は出ていないが、一応検査してほしい!

・周囲の流行状況、症状、初見などから考えて、極めて可能性の低い感染症の検査
ex)熱もないし、体はピンピンしているけど、とても歯が痛いからインフルエンザの検査をしてほしい!

診断書をもらう場合

インフルエンザに感染したからといって、診断書を会社や学校に提出する法的な義務はありません。ただし一部の会社や学校では、診断書を求められるケースもあります。

診断書の料金は自由に決めることができるので病院によって異なります。インフルエンザの診断書の料金の相場は3000円程度です。所定の用紙を事前に用意している場合は無料になることもあります。事前に各病院に問い合わせることをお勧めします。

おわりに

現在多くの医療機関で使用されている「迅速検査キット」は、15分程で結果が出る大変有効な検査方法です。ただし、100%正しい判定が常にでるわけではありません。

正しい検査結果を得るためにも、発症から12時間〜48時間以内に検査を受けましょう。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集