インフルエンザ予防接種の間隔は?日本脳炎・肺炎球菌の予防接種とはどれくらいあける?

子どもがインフルエンザ予防接種を2回受ける際の1回目と2回目の最適な間隔について説明します。また、日本脳炎や肺炎球菌・おたふくかぜなど他の予防接種を受ける場合の間隔も解説します。

子供がインフルエンザワクチンを2回接種する理由

子供は1回の予防接種ではインフルエンザに対する免疫を十分に得ることができないため、免疫を十分に得るためには予防接種を2回受ける必要があります。

インフルエンザ予防接種は、インフルエンザの重症化を避ける目的で接種されます。

インフルエンザが重症化すると合併症を引き起こし、特に子供や赤ちゃんの場合はインフルエンザ脳炎などを発症するおそれがあります。

場合によっては後遺症が残ったり命を落とす場合もあるため、インフルエンザ予防接種を受けておくことで、重症化のリスクを低くすることが推奨されています。

2回目の接種が終わってから2週間ほど経過すると、重症化を予防するために必要な免疫が十分にできるといわれています。

子供のインフルエンザ予防接種の効果について、詳しくは関連記事をごらんください。

インフルエンザ予防接種の間隔はどれくらいあける?

2回接種の間隔は、1回目の接種から2~4週間あけてから受けます。

インフルエンザ予防接種を2回受けるのは基本的には13歳未満の子供ですが、大人でも受験を控えているなど、より高い効果を望む場合には希望すれば2回受けることができます。

1回目は10月中がベスト

2回接種を受ける場合、1回目の接種時期は10月中に、遅くても11月中の接種が推奨されています。

インフルエンザは毎年12月下旬ごろから流行が始まり、1~2月ごろに流行のピークを迎えます。インフルエンザワクチンの効果が現れるまでには2回目の接種から約2~4週間かかります。そのため、流行が始まる12月の4週間前(11月上旬ごろ)までに2回目の接種を終わらせれば、高い予防効果が期待できます。

また、2回接種の間隔は2週間~3週間あけても免疫を獲得できますが、4週間ほどあけるとより多くの免疫が獲得できると考えられているため、接種間隔は3~4週間が望ましいといわれています。

インフルエンザ予防接種の時期や料金の詳しい情報については関連記事をごらんください。

1回目から間隔があきすぎた場合

1回目の接種から4週間以上の間隔があいてしまった場合であっても、2回目の接種を受けましょう。

予防接種は一般的に、間隔が多少あいてしまっても最終的に得られる抗体の量が減ることはないと考えられています。

そのため、1回目の接種から5~6週間あいてしまっていても、インフルエンザにかかる前であればほとんど問題はありませんが、心配な方は医師に相談してください。

予防接種の効果はどれくらい続く?

インフルエンザ予防接種の効果は、2回目の接種をしてからおよそ2週間程度たってから現れはじめ、その後5か月ほど続きます。

インフルエンザワクチンは接種が終わってから約1~2週間で抗体(ウイルスと戦う力)が増え始め、2回目の予防接種のおよそ1か月後にピークを迎えます。

10月中に予防接種を2回受けた場合、予防接種の効果は翌年の3~4月までは効果が続くので、インフルエンザの流行時期をしっかりとカバーできます。

なお、13歳以上の場合は通常1回の接種で効果があり、ワクチンの効果が現れるまでに2週間ほどかかることから、12月中旬までに接種を受ければワクチンの効果が期待できます。

インフルエンザ予防接種の効果について、詳しくは関連記事をごらんください。

インフルエンザと他の予防接種との間隔のあけ方

インフルエンザワクチンの他にも予防接種を受ける予定がある場合は、ワクチンが「不活化ワクチン」と「生ワクチン」のどちらに属するかによって予防接種を受ける間隔が異なります。

インフルエンザワクチンは「不活化ワクチン」にあたります。

生ワクチン

・生きているウイルスや細菌の病原性を弱めて作ったもの
・免疫力の強さや持続期間に優れているが、接種後に該当する病気の症状が軽く出る場合がある

不活化ワクチン

・化学処理によって細菌やウイルスの病原性をなくしたもの
・病原性がないので症状が出にくく、副作用が少ないが効果が弱い傾向がある

不活化ワクチンの予防接種との間隔

不活化ワクチンに属する予防接種を受ける場合は、インフルエンザ予防接種の前後1週間以上の間隔をあけます。

【主な不活化ワクチン】

・二種混合ワクチン(破傷風、ジフテリア)
・三種混合ワクチン(破傷風、ジフテリア、百日咳)
・四種混合ワクチン(破傷風、ジフテリア、百日咳、ポリオ)
・破傷風ワクチン
・肺炎球菌ワクチン
・Hibワクチン(ヒブワクチン)
・日本脳炎ワクチン
・B型肝炎ワクチン
・子宮頸がんワクチン
・不活化ポリオワクチン

風疹・おたふくなどの生ワクチン予防接種との間隔

生ワクチンの予防接種を先に受けた場合、インフルエンザ予防接種は4週間以上の間隔をあける必要があります。生ワクチンの後にインフルエンザの予防接種を受ける場合、生ワクチンの予防接種は8月中には終わらせておくと良いでしょう。

インフルエンザ予防接種の後に生ワクチンを受ける場合は1週間以上の間隔をあけます。

【主な生ワクチン】

・風疹ワクチン
・麻疹ワクチン
・MRワクチン(麻疹・風疹混合)
・おたふくワクチン
・水痘(みずぼうそう)ワクチン
・BCG
・ロタウイルスワクチン

おわりに

インフルエンザの予防接種を2回受ける場合は、基本的に2~4週間ほどの間隔をあけて受けます。

予防接種は、インフルエンザの感染を100%予防するものではなく、インフルエンザにかかった際の重症化や合併症を防ぐためのものです。

インフルエンザから身を守るためには予防接種だけでなく、外出時のマスク着用や外出後の手洗い、室内の湿度を50%以上に保つなどの対策を立てましょう。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集