インフルエンザ予防接種の間隔:2回目や他の予防接種とはどれくらい空けたらいい?

インフルエンザ予防接種を子どもは2回受けます。その場合、1回目との間隔はどれくらい空けたらいいのでしょうか。他の予防接種を受ける場合と合わせて解説します。

インフルエンザ予防接種は任意接種なので、受けることが義務づけられていません。しかし、インフルエンザは高い感染力を持ち、家族間での感染や重症化を招くおそれがあることから、予防接種の重要性が改めて注目されています。

特に免疫力が充分に備わっていない小さな子供(小児・幼児)は、大人が守ってあげなければなりません。

小さな子どもの場合、インフルエンザ予防接種は2回受ける必要があります。1回目を受ける時期や2回目の間隔はいつごろが良いのでしょうか?

いっぽう大人は、インフルエンザ予防接種は基本的に1回ですが、他の予防接種を受ける場合、どれぐらいの間隔を空けたらいいのか気になりまよね。

この記事では、インフルエンザ予防接種の1回目と2回目の間隔や、風疹などほかの予防接種を受ける場合の間隔の空け方について解説します。

インフルエンザ予防接種:2回目の間隔はどれくらい空ける?

子どもの1回目と2回目の接種の間隔

インフルエンザの予防接種の回数は、基本的に1回です。ただし、13歳未満の小児の場合、インフルエンザの予防接種を2回受ける必要があります。また大人でも、受験生など予防接種の効果を確実にした場合は、2回受ける場合があります。

大人や13歳以上の子どもの場合、インフルエンザ予防接種を受ける時期は12月中旬ごろまでとされています。しかし予防接種を2回受ける小さな子どもの場合、1回目の接種時期を少し早める必要があり、1回目の接種時期は10月中がベストとされており、遅くても11月中の接種が推奨されています。

2回目のインフルエンザ予防接種を受けるまでの間隔は、2週間~4週間とされています。2週間~3週間の間隔でも免疫を獲得できますが、4週間ほど間隔をあけると、より多くの免疫が獲得できるとされています。時期としては11月中~遅くても12月中旬です。

■なぜこの時期・間隔がベストなの?
インフルエンザワクチンの効果が出るまでには約2~4週間かかります。一方、インフルエンザの流行が始まるとされているのは、12月下旬ごろです。そのため、流行を迎える前に2回目の接種を終わらせておく必要があります。

インフルエンザ予防接種の効果期間は?

インフルエンザ予防接種は、2回目の接種が終わってから約1~2週間後にインフルエンザウイルスと戦う力(抗体)が上昇し始めます。効果のピークを迎えるのは、2回目の予防接種の約1か月後です。個人差はありますが、その後3~4か月にわたって効果が持続します。

1回目の予防接種から間隔が空きすぎたらどうする?

5週間、6週間など1回目のインフルエンザ予防接種から4週間以上の間隔が空いてしまった場合も、2回目の接種を受けましょう。原則としてインフルエンザ予防接種の場合、間隔が空きすぎても問題はありません。

インフルエンザ予防接種と他の予防接種の間隔の空け方

他の予防接種との間隔の空け方は、ワクチンが「不活化ワクチン」に属するか、「生ワクチン」に属するかによって異なります。インフルエンザワクチンは、不活化ワクチンです。

生ワクチン 生きているウイルスや細菌の病原性を弱めて作ったもの。
免疫力の強さや持続期間に優れているが、接種後に該当する病気の症状が軽く出る場合がある。
不活化ワクチン 化学処理によって細菌やウイルスの病原性をなくしたもの。
病原性がないので症状が出にくく、副作用が少ないが、効果が弱い傾向がある。

他の不活化ワクチン予防接種との間隔

不活化ワクチンには、インフルエンザ予防接種のほかにも、以下のようなものがあります。

・二種混合(破傷風、ジフテリア)
・三種混合(破傷風、ジフテリア、百日咳)
・四種混合(破傷風、ジフテリア、百日咳、ポリオ)
・破傷風
・肺炎球菌ワクチン
・Hibワクチン(ヒブワクチン)
・日本脳炎ワクチン
・B型肝炎ワクチン
・子宮頸がんワクチン
・不活化ポリオワクチン
・・など。

間隔のあけ方
インフルエンザ予防接種を先に受けた場合 中6日以上の間隔をあける
他の不活化ワクチンの予防接種を先に受けた場合 中6日以上の間隔をあける

不活化ワクチン同士の場合は、間隔のあけ方も覚えやすいですね。

風疹・おたふくなど生ワクチン予防接種との間隔

生ワクチンの予防接種には、以下のようなものがあります。

・風疹ワクチン
・麻疹ワクチン
・MRワクチン(麻疹・風疹混合)
・おたふくワクチン
・水疱瘡ワクチン
・BCG
・ロタウイルスワクチン

間隔のあけ方
インフルエンザ予防接種を先に受けた場合 中6日以上の間隔をあける
生ワクチンの予防接種を先に受けた場合 中27日以上の間隔をあけてからインフルエンザ予防接種を受ける

他の不活化ワクチンの予防接種を受ける場合でも、生ワクチンのあとは中27日以上の間隔をあけなければなりません。

赤ちゃんのシナジス注射とインフルエンザ予防接種の間隔

シナジスとは、RSウイルス感染症に対する抵抗力(抗体)を高め、重症化を防ぐ注射です。一般的な予防接種と異なり、RSウイルス流行中は月に1回の注射を継続して行わなければなりません。

しかし、シナジス注射がインフルエンザ予防接種のスケジュールを左右することはありません。特に間隔をあける必要はなく、一緒に受けても問題ないとされています。

さいごに

今回は、インフルエンザ予防接種の2回目や他の予防接種はどれくらい間隔を空けたら良いか解説しました。

インフルエンザ予防接種は、インフルエンザの重症化や合併症を防ぐためのものです。そのため、必ずしも感染を予防してくれるわけではありません。

インフルエンザから身を守るには、手洗いうがいや室内の環境整備など家庭での対策が大切になります。余裕のある接種スケジュールを立てるとともに、予防対策も心がけてくださいね。

インフルエンザに関するお役立ち情報

ピックアップ特集