インフルエンザは薬がなくても治る?自然治癒までの期間と対処法

インフルエンザの自然治癒までの期間と方法を紹介。病院に行かない、薬を飲まない場合でも自力で治すことができるのか、自然治癒する場合の危険性、発症期間別の対処法を徹底解説します。

インフルエンザは薬を飲まなくても治る?

インフルエンザの治療の基本は、タミフル・イナビル・リレンザなどの抗インフルエンザ薬の使用です。

抗インフルエンザ薬は、体内に侵入したインフルエンザウイルスの増殖をおさえる働きがあります。発症から48時間以内に使用すると、発熱する期間が通常1〜2日短縮され、鼻や喉から排出されるウイルスの量が減少する効果があります。

抗インフルエンザ薬は、飲めばただちに治るという薬ではありませんが、インフルエンザの症状の悪化と治癒までの期間を短くし、感染拡大を防ぐことにもつながる薬です。

抗インフルエンザ薬を購入するためにはインフルエンザの確定診断が必要になるため、病院を受診してインフルエンザの検査を受ける必要があります。インフルエンザが疑われたら、まずは病院を受診しましょう。

ただし、抗インフルエンザ薬は発症から48時間以内の使用が効果的であり、発症してからの経過時間によっては薬を処方されないこともあります。

その場合は、自分の体の免疫力によりインフルエンザウイルスの増殖をおさえ、自然治癒をめざすこととなります。

インフルエンザの検査を受けるタイミングについては関連記事をごらんください。

インフルエンザの自然治癒までにかかる期間は?

抗インフルエンザ薬を使用するタイミングが間に合わなかった場合など、薬を使用しなかった場合、インフルエンザが自然治癒するにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか?

インフルエンザの自然治癒の目安は何日?

個人差がありますが、通常インフルエンザは約1週間〜10日ほどで症状がおさまるといわれています。

ただし、症状がおさまっても数日はウイルスが体内に存在しており、他の人に感染させるおそれがあります。

いつまで感染する?

一般的にインフルエンザに感染した人の鼻や喉からウイルスが排出される期間は、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間といわれています。

排出されるウイルスの量は熱が下がるとともに減少しますが、解熱後もウイルスを排出します。

自然治癒の場合は、症状が出てから2週間たってもウイルスが検出されることもあります。

インフルエンザに感染した人の咳やくしゃみにはウイルスが含まれているため、これらの症状が続いている場合には、マスクを着用するなどして周りの人に感染させないよう配慮してください。

いつから外出できる?

学校保健安全法では、出席停止の基準は「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」と定められています。

大人の出勤停止も、学校保健安全法の基準に準じていることが多くなっています。周囲へ感染を広げないため、解熱後も2日間は様子を見る必要があるでしょう。

インフルエンザ後の外出については関連記事をごらんください。

インフルエンザのぶり返しに注意

高熱が下がり始めた時期に注意したいのが、インフルエンザのぶり返しです。通常は熱が下がると全身症状も治まり、体内からインフルエンザウイルスがなくなったことが確認されて、回復となります。

しかし3日目に37℃程度まで下がったのち、24時間以降にふたたび38℃程度の高熱がぶり返す二峰性(にほうせい)発熱の症状が出るケースがあります。

インフルエンザぶり返しの高熱は1~2日程度は続くため、出勤や出席停止の期間も延びることになります。

インフルエンザぶり返しの原因や対処法などについては、関連記事をごらんください。

熱が下がらない場合は病院を受診

インフルエンザは、通常長くても4~5日程度で熱が下がりはじめます。

しかし4日以上たっても熱が下がらない場合は、肺炎や中耳炎など何らかの疾患を併発しているおそれもあります。また、吐き気や嘔吐などにより、口から水分や食べ物を摂取できない場合は、点滴での栄養補給が必要です。

症状が長く続いている場合は病院を受診してください。

インフルエンザの発熱について詳しくは、関連記事をごらんください。

インフルエンザを自然治癒させる場合の対処法

インフルエンザの治療で大切なことは、体内に侵入したインフルエンザウイルスを撃退するため、しっかり療養して体力をつけることです。

対処を誤るとインフルエンザが完治せず、ぶり返してしまうことがあります。

インフルエンザ初期の対処法

インフルエンザは急激な高熱が出るため、寒気やゾクゾクとした悪寒をはっきりと感じられます。寒気や悪寒が強いことを悪寒戦慄(おかんせんりつ)といい、インフルエンザに感染すると多くの人が経験します。

悪寒戦慄が出るのは、インフルエンザウイルスと戦うために体内の熱を上げるためです。筋肉がブルブルと震えることにより、熱を作りだしています。

インフルエンザ初期に薬を飲まないで対処する場合は、体が熱を作りだすためのサポートを行うことが重要です。体を冷やさないために室内を暖かくし、温かい食事や飲み物で体を芯から温めましょう。可能ならば、布団にくるまって安静にして休むことが一番良い方法です。

インフルエンザで熱が出たときの対処法

39℃前後の高熱になると悪寒戦慄はおさまります。ここからは、インフルエンザの特徴である高熱や倦怠感・頭痛・関節痛など全身が痛くてだるいという状態が続きます。

高熱が出ているのは体がインフルエンザウイルスと戦っている証拠です。

高熱が出始めたときの自然治癒で一番大切なのは、水分補給です。熱が出ると汗をたくさんかくので、水分だけでなく電解質も失われ、体は脱水に近い状態になります。

水分補給には、水分だけでなく電解質も含まれたスポーツドリンクや経口補水液がお勧めです。

インフルエンザに感染中の食事や水分補給について詳しくは関連記事をごらんください。

インフルエンザで熱が続くときの対処法

インフルエンザは、一般的に高熱が3日間ほど続きます。熱が下がり始めてからは、1週間ほどで快方へ向かいます。

インフルエンザで高熱がつづいている期間は、水分補給や栄養補給を意識し安静にすることが重要です。

また、冷やしたタオルなどで脇の下、首回り、太もものつけ根などリンパが集まる場所を冷やすと、高熱によるつらい症状を緩和するのに役立ちます。

保冷材を使用する際はタオルで包み、長時間の冷やしすぎに注意してください。

市販の解熱剤や風邪薬の使用には注意が必要

自然治癒だけでインフルエンザを治すのは難しいと感じたとき、病院に行かず、自宅にある薬を使おうと考える人もいるかもしれません。

しかし、市販の風邪薬や解熱剤を飲むときは注意が必要です。成分によっては、合併症を引きおこすリスクがあるため、インフルエンザの発熱に対して使用できない薬もあります。

インフルエンザにかかったら自己判断で市販薬は使用せず、病院を受診して医師から解熱剤を処方してもらうことが最も安全といえます。

特に病院を受診した方が良いケースは?

15歳以下の子ども

子どもがインフルエンザウイルスに感染した場合も、自然治癒力はとても重要です。

大人と比べると子どもは体力がなく、インフルエンザの症状が悪化すると、インフルエンザ脳症や肺炎といった命にかかわる合併症を発症するおそれがあります。

特に5歳以下の乳幼児は、インフルエンザ脳症を発症しやすいため注意が必要です。

子どもがインフルエンザウイルスに感染した場合は、病院を受診して抗インフルエンザ薬を処方してもらうことをお勧めします。また、重症化を防ぐためにインフルエンザ流行前に予防接種を受けておくことも大切です。

インフルエンザにかかったら自己判断で市販薬は使用せず、病院を受診して医師から解熱剤を処方してもらうことが最も安全といえます。

妊娠中の方

おなかの赤ちゃんも守らなければならない妊婦が、インフルエンザを自然治癒だけで治そうとするのは危険です。熱が出たらすぐに病院を受診しましょう。病院へ行く際には、ほかの妊婦へうつさないよう、産婦人科を避けるのが理想的です。

妊婦がインフルエンザに感染した場合も、内科を受診し、どうしてもかかりつけの産婦人科医に相談したい場合は、事前に電話などで連絡をして、インフルエンザにかかっている旨を伝え医師の指示を受けましょう。

また、抗インフルエンザ薬は妊娠中でも使用でき、インフルエンザの重症化を防ぎます。

発症後、またはインフルエンザに感染した方と同じ部屋に長時間滞在するなど濃厚接触した後は、できるだけ早く受診して抗インフルエンザ薬の使用を医師と相談してください。

インフルエンザにかかったら自己判断で市販薬は使用せず、病院を受診して医師から解熱剤を処方してもらうことが最も安全といえます。

授乳中の方

授乳中の女性がインフルエンザに感染した場合も、赤ちゃんへの感染のリスクがあるため、自然治癒に頼らず病院を受診しましょう。

授乳中の方がインフルエンザで病院へ行く場合も、妊婦と同じく内科が最適です。産婦人科へ行くと、病院内にいる妊婦に感染を広げてしまうおそれがあります。

内科で治療を受ける際には、必ず授乳中であることを伝えましょう。薬の成分によっては母乳に移行することがあります。

高齢者や持病のある方

高齢者やハイリスク群と呼ばれる人たちは、インフルエンザが重症化しやすく、自然治癒だけに頼っていると、肺炎などの合併症を引き起こしてしまうおそれがあります。

インフルエンザに感染した場合は、必ず早めに病院へ行き、適切な治療を受けましょう。

なお、インフルエンザのハイリスク群とは、合併症を招きやすい下記の持病がある人を主に指します。

・慢性呼吸器疾患
・慢性心疾患
・糖尿病などの代謝性疾患
・腎機能障害
・ステロイド内服などによる免疫機能不全
など

インフルエンザの治療について、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

インフルエンザの治療は、病院を受診することが最適です。特に体力のない高齢者や子ども、体調管理に細心の注意が必要な妊婦などは、早めに医師に相談しましょう。

また、インフルエンザが治りやすい体にするよう、普段から体力や免疫力をつけておくことが大切です。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集