インフルエンザのときに蕁麻疹(じんましん)が出た場合の対処法を解説

インフルエンザのときやインフルエンザ予防接種の後に蕁麻疹が起こることがあります。特に子供に多い蕁麻疹の症状や原因、インフルエンザのときに蕁麻疹が出る原因などについて解説します。

インフルエンザで蕁麻疹ができる?!

インフルエンザにかかっているときやインフルエンザが治った後、またはインフルエンザワクチンの予防接種の後に、蕁麻疹の症状を訴える人がいます。蕁麻疹ができるのは、特に子供に多いようです。

しかし、インフルエンザの症状に蕁麻疹はありません。すると、蕁麻疹ができる原因は何なのでしょうか。まずは蕁麻疹について解説します。

蕁麻疹の症状

蕁麻疹は皮膚の一部に、蚊にさされたくらいの赤い発疹ができる症状です。発疹は赤く盛り上がり、強いかゆみをともなうことがほとんどです。また、焼けるようなチクチクした痛みになることもあります。

発疹の大きさは、3cm〜10cmくらいとさまざまです。形も楕円形のものから円形、みみずばれ、まだら、地図状と多岐にわたります。

だいたいの場合、症状は数時間から1日で消えます。

蕁麻疹の原因

蕁麻疹には、アレルギー性のものと非アレルギー性のものがあります。

アレルギー性蕁麻疹の原因となるのは、食べ物、食品添加物、動植物、薬剤などです。

これらに含まれるアレルギーの原因物質が、体の中で異物として認識されると、細胞からヒスタミンという物質が放出されます。ヒスタミンは皮膚内の血管を拡張させるので、血液中の水分が漏れ出し、皮膚に赤い膨らみができます。さらに、皮膚内の神経をヒスタミンが刺激して、かゆみが引き起こされます。

いっぽう、非アレルギー性の蕁麻疹は、摩擦や圧迫、熱さ・寒さなど外部からの刺激が原因で起こります。この場合、まれにかゆみが伴わないこともあります。

インフルエンザで蕁麻疹が出る原因

子供に多い免疫力の低下

子供は、免疫力が低下したときに蕁麻疹が起きやすいといわれています。
インフルエンザウイルス感染によって免疫力が低下したことが原因で、蕁麻疹が発生する可能性があります。

インフルエンザ予防接種の副反応

インフルエンザワクチンの予防接種が、蕁麻疹の原因となることがあります。

インフルエンザワクチンを接種した後に、接種した部分が赤く腫れることがあります。この反応は、インフルエンザワクチンに対して抗体がつくられ、免疫を獲得している証拠です。こうした副反応は、通常2~3日で徐々に治まっていきます。

ただし、一部分でなく広範囲にアレルギー反応が起こり、蕁麻疹ができている場合は、早めに予防接種を受けた病院に相談しましょう。

また、蕁麻疹だけでなく、呼吸が苦しくなる、意識レベルが下がる、嘔吐や吐き気などの症状が出るなどしたら、アナフィラキシーの可能性があります。これはごくまれな重篤な副反応ですが、この場合、予防接種から30分以内で症状が急激に進行します。救急車を呼ぶなどして、すぐに病院を受診しましょう。

インフルエンザ予防接種の副反応については関連記事をごらんください。

抗インフルエンザ薬の副作用

インフルエンザの治療には、タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタなどの抗インフルエンザ薬が使用されます。

発生頻度は低いですが、これらの抗インフルエンザ薬の副作用として、蕁麻疹が報告されています。蕁麻疹が出た場合は、薬を処方された医師に早めに相談しましょう。

また、アナフィラキシーの場合は、すぐに薬の使用を中止し医療機関を受診してください。

抗インフルエンザ薬の副作用について、詳しくは関連記事をごらんください。

蕁麻疹の対処法

蕁麻疹によるかゆみを楽にするには、患部を冷たいタオルなどで冷やすのがおすすめです。ただし、寒冷蕁麻疹の場合は逆効果となります。

また、患部をかきむしらないよう、注意しましょう。跡が残ってしまったり、蕁麻疹が広がってしまいます。

お風呂は入っても良い?

血行が良くなるとかゆみが強まるので、お風呂は避けましょう。

特にインフルエンザで熱が出ているときは、お風呂に入ることで体力が消耗されてしまいます。インフルエンザに感染していないときでも、蕁麻疹が出ているならシャワーを浴びるだけにしましょう。

おわりに

インフルエンザの症状に蕁麻疹はありません。

ただし、インフルエンザウイルスに感染することで免疫力が低下していたり、予防接種や抗インフルエンザ薬が原因で、蕁麻疹が起こるおそれがあります。

予防接種や薬が原因と思われる場合は、できるだけ早めに医師に相談しましょう。

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA