インフルエンザの免疫が持続する期間は?抗体ができる仕組みも解説!

インフルエンザに対する免疫が持続する期間をがわかりやすく解説します。インフルエンザの抗体できるまでの仕組みや期間、インフルエンザの予防接種、免疫力をあげる食事のポイントも紹介します。

インフルエンザの免疫はそのシーズンのみ持続

インフルエンザの免疫を得る方法は大きく分けて2つありますが、どちらの方法であってもワンシーズンのみ効果が持続します。

インフルエンザウイルスは毎年のように変異するため、今シーズンの抗体を手に入れても、来シーズンまで免疫効果が期待できるとは限りません。手に入れた抗体は今シーズンのみの抗体と考えたほうが良いでしょう。

自然感染では約半年〜1年持続

実際にインフルエンザに自然感染することで、抗体を獲得することができます。

自然感染で獲得した抗体は約半年〜1年ほど持続しますが、来シーズンには変異したウイルスが現れるおそれがあるため、ワンシーズンのみの持続と考えた方がよいでしょう。

予防接種では約5ヶ月持続

他の病気の予防接種では何年・何十年と抗体が有効な場合もありますが、インフルエンザの予防接種では約5ヶ月ほど効果が持続します。自然感染と同じく、今シーズンのみの抗体といえます。

また、予防接種のワクチン株に含まれていないインフルエンザウイルスの型に感染した場合は、予防接種は効果を発揮できません。

インフルエンザに2回かかる人もいる

同じシーズン中でも2回インフルエンザにかかる方もいます。理由の一つにはインフルエンザウイルスにはさまざまな種類があるためです。

たとえA型のインフルエンザの抗体ができたとしても、B型のインフルエンザにはA型の抗体が有効ではないこと、また同じA型でもさまざまな種類のウイルスがあるため、異なるウイルスの型の感染・発症は防げないのです。

抗体ができるまでの仕組み

インフルエンザに一度かかると体内には「抗体」が作られます。

我々の体は主に「自然免疫」と「獲得免疫」の2つの免疫の働きによって、インフルエンザウイルスから守られています。

「自然免疫」とは、体内にあるマクロファージや好中球などの免疫細胞が体内に侵入してきたウイルスを食べて消化することです。

「獲得免疫」とは「抗体」を使う免疫反応のことです。マクロファージがインフルエンザウイルスを食べると、インフルエンザウイルスの情報がT細胞、そしてB細胞へと伝えられます。B細胞は食べられたインフルエンザウイルスに適した「抗体」を作り出すようになり、「抗体」を使うことで前に感染したインフルエンザウイルスを撃退しやすくなります。

通常、一度抗体ができれば同じシーズン中に同じ型のインフルエンザにかかることはありません。ただし、体内に抗体が作られるまでには感染してから多少時間がかかります。

抗体ができるまでの期間は?

個人差はありますが、インフルエンザに感染後10〜14日後にインフルエンザの特異抗体は上昇します。

インフルエンザウイルスの潜伏期間は1〜3日であるため、インフルエンザの症状が出てから1〜2週間程度で抗体が作られるものと考えられます。

また予防接種を受けた場合も、抗体ができるまでの目安として約2週間とされています。

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種はインフルエンザウイルスの活性を失わせた不活化ワクチンが主流です。

不活化ワクチンの中のインフルエンザウイルスはウイルスとしての働きはないので、インフルエンザの予防接種によってインフルエンザを発症することはありません。

インフルエンザワクチンは今期のシーズンに流行するであろう型を予想して作られており、流行したインフルエンザウイルスの型が予想と異なる場合はインフルエンザの発症を防げないおそれもあります。

しかし、予防接種をしておけば、発症を防げなかったとしても発症後の症状が軽く済むことが多いため、合併症や症状の重症化が心配される高齢者などは毎年インフルエンザの予防接種を受けることをお勧めします。

インフルエンザ予防接種はいつまでに受けるべき?

インフルエンザは12月~3月頃に流行し、流行のピークはだいたい1月~2月となります。ワクチン接種による予防効果が十分発揮されるまでには2週間程度の期間が必要なため、できれば12月までに、遅くとも12月中旬までに予防接種を受けることをお勧めします。

インフルエンザの予防接種について詳しくは関連記事をごらんください。

免疫力向上のポイント

インフルエンザの予防は予防接種やマスクの着用が優先されますが、免疫力を上げておくことも重要です。

疲労がたまっている方、睡眠不足の方はそれだけでインフルエンザウイルスへの抵抗力が下がっていると考えられます。厚生労働省もインフルエンザを予防する有効な方法のひとつとしてバランスのとれた栄養摂取と十分な休養を推奨しています。

また、普段の食べ物によって手軽に免疫力の向上が期待できるものもあります。積極的に食事に取り入れましょう。

ラブレ菌

ラブレ菌は伝統的な京漬物である「すぐき」から発見された植物性の乳酸菌の一種です。

ラブレ菌は、腸内で白血球の一種で免疫系の役割を果たしているリンパ球を刺激し、インターフェロンという物質を産生させ、ウイルスに感染した細胞を攻撃して排除する働きがあるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる作用があります。

ラブレ菌を摂取して免疫力をアップさせることにより、インフルエンザウイルスへの抵抗力を高めることが期待できます。

グルタミン

グルタミンとは体を構成するために重要なアミノ酸の一種であり、主な食品では大豆、肉、魚などの食べ物に多く含まれています。

体に侵入したインフルエンザウイルスを撃退するのはリンパ球やマクロファージといった免疫細胞です。グルタミンはリンパ球やマクロファージの機能維持に不可欠なエネルギー源でもあり、同時にリンパ球やマクロファージの免疫能を増強するとの報告もあります。

グルタミンを補給することでウイルスに対する免疫力の向上が期待でき、インフルエンザへの防御策のひとつとして考えることができます。

また、サプリメントなどでグルタミンを補給する方法もありますが、グルタミンは過剰に摂取すると体に悪影響が出るおそれがあるため、サプリメントを使う場合は用法・用量を守りましょう。

おわりに

インフルエンザの予防接種を受けても抗体ができるまでには2週間程の期間が必要となります。インフルエンザが流行し始める12月に入る前、遅くとも12月中旬までにはインフルエンザの予防接種が受けられるように予定の調整や病院への予約などをしておきましょう。

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

dメニュー