帯状疱疹はウイルスによる病気

帯状疱疹は、体の片側に水ぶくれや発疹が帯状に発生する病気です。患部はどんな刺激にも反応するようになり、激しく痛むこともあります。帯状疱疹は、水ぼうそうをもたらす「水痘(すいとう)帯状疱疹ウイルス」による症状です。水痘帯状疱疹ウイルスは、水ぼうそうの症状がおさまったあとは神経に身をひそめてしまうため、一度このウイルスに感染してしまうと生涯ウイルスを保持し続けることになります。

水ぼうそうを引き起こす水痘帯状疱疹ウイルスが再び活性化することで、帯状疱疹が起こります。帯状疱疹が起こる原因は、免疫系の機能の低下が関係していると考えられていますが、いまだにはっきり分かっていません。

帯状疱疹が治るまでにかかる期間・症状の経過

帯状疱疹が起こった場合、市販薬での対処はできませんので、医師による処方が必要になります。

帯状疱疹の痛みは、約3週間〜1ヶ月続くとされています。帯状疱疹の発生から治るまでには大きく分けて4段階あります。

段階 症状
初期段階 カラダの片側がチクチク・ピリピリする
第二段階 痛みを感じた場所にブツブツと赤い発疹ができる
症状のピーク 小さな水ぶくれが胸から背中、腹部などまで帯状に広がる。顔や手、足にも現れる場合も。
治癒へ 水ぶくれから、かさぶたになる。基本的には皮膚症状がおさまると痛みも消える。

■初期段階:帯状疱疹の前兆
水ぶくれや発疹などの症状が現れる2日〜1週間前に、ピリピリ・チクチクとした皮膚の違和感が感じられます。

■第二段階:赤い発疹の発生
違和感を感じてから2日〜1週間すると、痛みをともなう赤い発疹が帯状に現れます。

■症状のピーク:水ぶくれの発生・ただれ
赤い発疹が帯状に現れると間もなく、その発疹がある部分に水ぶくれが発生します。水ぶくれの発生は1週間ほど続き、水ぶくれが破れると皮膚がただれていきます。

■治癒へ:水ぶくれから、かさぶたへ
水ぶくれはやがてかさぶたとなり、かさぶたができてから1週間ほどで治癒に向かいます。皮膚の違和感から水ぶくれがかさぶたになり、かさぶたが治るまでで3週間〜1ヶ月ほどかかります。

帯状疱疹が起こったときの注意点

帯状疱疹が起こったときの注意点は以下の4点です。

十分な休息をとる

帯状疱疹が起こる原因ははっきりしていないものの、免疫力が低下していると症状が現れやすくなります。そのため、帯状疱疹が起こったときはできるだけ休息をとり、体に疲れを残さないようにしましょう。睡眠や休養をしっかりとり、心も体も回復させていきましょう。

患部を冷やさない

帯状疱疹が起こると、少しの刺激でも痛みを感じるようになるため、患部は冷やさず、できるだけ温めて血行を良くしましょう。患部を温めるとき、水ぶくれが破れて皮膚がただれている場合は、温感湿布は使用せず、カイロや湯たんぽなどを使用しましょう。

水ぶくれはできるだけ破らない

帯状疱疹の症状がピークをむかえると、水ぶくれが多数できます。しかし、この水ぶくれを自分から破くことはせず、できるだけ皮膚を保護しましょう。皮膚のただれている部分からしみ出る分泌液により、細菌が侵入し新たな感染症を引き起こすおそれもあります。もともと帯状疱疹は免疫力が低下している状態でもあるため、特に細菌感染には注意してください。

小さな子どもとの接触を控える

基本的に帯状疱疹は人にうつる病気ではありません。ほとんどの人が小さい子どもの頃に、帯状疱疹を引き起こす水痘帯状疱疹ウイルスに感染し、ある程度の免疫力を備えているからです。しかし、まだ水痘帯状疱疹ウイルスに感染していない子どもの場合は、帯状疱疹を起こしている患部を介して感染するおそれがあります。

おわりに

帯状疱疹の症状には段階があり、症状の変化がわかります。帯状疱疹が起こった場合は、なるべく早い段階で病院を受診し早めの対処をおこないましょう。

また、帯状疱疹の発生から3か月以上たっても痛みが継続している場合は、神経に深刻な異常があるおそれもあります。後遺症を防ぐためにも、帯状疱疹の痛みを感じたら、我慢をせず早めに医師に相談しましょう。